エブリィワゴンにパワーアンプを取り付け!音質アップ!バッ直で電源を取り付けて、スピーカーケーブルを配線する方法・やり方

内装カスタム
ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)


仕事にも遊びにも大活躍してくれるエブリィワゴン。

今回はこのエブリィワゴンへ、パワーアンプを追加しました。

実際には、日産のクリッパーリオですが、エブリィワゴンのOEMです。

なので、以降はエブリィワゴンに統一します。名前がメジャーだからね。


パワーアンプは、ナビやオーディオにも組み込まれているので、追加しなくても音は鳴ります。

だがしかし!

外部パワーアンプに切り替えることで、音質が格段にアップします。


今回取り付けたパワーアンプは、カロッツェリアのGM-D7400です。

GM-D7400は、現在は販売終了モデルです。後継モデルはGM-D8400です。


この記事では、実際にパワーアンプを取り付けた方法をまとめています。

具体的には、こんな感じ。

  • バッテリー直電源(バッ直)の配線方法
  • オーディオとパワーアンプの配線構成
  • RCAケーブル・スピーカーケーブルの配線方法

ぜひ参考にしてみてね。


スポンサーリンク

パワーアンプを助手席足元へ取り付けた理由

エブリィワゴンと言えば、軽箱バン。

軽箱バンの最大のメリットは、積載量です。

エブリィワゴンのラゲッジ


パワーアンプも余裕で搭載できますが… このラゲッジに置いてしまうと、その分荷物が積めなくなります。

パワーアンプの上に荷物は積めないし、何かの拍子に荷物がパワーアンプの上に落ちて壊れた…なんてコトになっても困ります。

… なので、助手席足元へインストールしました。

大人が足を延ばすと当たってしまいますが…

我が家の使い方だと、メインは私しか乗りません。通勤用ですな。

たまに助手席へ子供が乗りますが、まだ小さいので足は届きません。問題なし。

搭載場所は、お好みで。

…ちなみに、今回取り付けたパワーアンプは前車からの使いまわしですが、サイズの小さいパワーアンプもあります。

例えばGM-D1400-2なら、ダッシュボード裏にも隠せる… かもしれません(実際に取り付けたことないので分かりませんが。)

…とはいえ、かなり小さいので、省スペースには持ってこいです。


バッテリー直電源(バッ直)の配線方法

パワーアンプは、音の増幅回路です。

そのパワーアンプの電源は、ナビ裏のメイン電源から接続することもできますが…

バッテリーに直接接続するのが理想的です。

ナビ裏のメイン電源は、様々な中継箇所を通ってきています。

バッテリーから直接送られる電気に比べると、若干質が落ちます。

パワーアンプは、音を増幅するという特性から、なるべく質の高い電気を使いたいです。

…なので、バッテリーに直接接続するのが望ましいです。

バッテリーから電気を受け取るということは… いわばメーカー直輸入。

質の高い電源として、パワーアンプに最適です。


…というわけで、バッテリーまで電源を配線します。

まずは、バッテリーの搭載場所までパネルを外します。


バッテリーの位置は、「車外」になるので、ここから「車内」に電源配線を引き込んでこないといけません。

さて、どこから引き込んだものか… と思ったら、ちょうどイイ場所がありました。

後部座席・助手席側シート下のスペースです。

この部分から、チョイチョイと配線ガイドをバッテリー側へアプローチすると…

バッテリー側に配線ガイドが出てきました。



後は、マスキングテープなどを使って、電源配線と配線ガイドを固定して、ちょっとずつ引っ張っていくと…

電源配線を引き込むことができました。


バッテリー側の配線に付いてるヒューズを、バッテリー横にネジで固定しときます。ブラブラしないように。

バッ直配線は、必ずヒューズ付きの配線を使いましょう。もしもの時のために。

今回は、別の車に使った配線を使いまわしてますが、これから準備するならエーモンの電源取り出しコードを使うと便利です。

ヒューズも付いてます。

この時点では、まだバッテリーには電源配線を接続しないようにします。

接続するのは、全ての配線が終わった最後です。


車内に引き込んだ部分は、尖ったキリのようなものでゴムに穴を開けて電源配線を通して、ゴムを元に戻します。

本来であれば、水漏れ防止のためにコーキングなどしておくべきですが…

まぁ、位置的に雨も入り込まないですし… 配線も太いのでスキマもないですし…

私はコーキングしてません。まぁ、コーキングも無かったし、後からできるし、めんどくさいので。


ケーブル分岐ボックスを使う

このまま電源配線をパワーアンプで持っていってもイイですが…

配線の長さが足りなかったので、ケーブル分岐ボックス(?)を使います。

ケーブル分岐ボックスを使っておけば、後でバッ直したい電装品を取り付けたい時に、ここから電源がとれます。

元配線と分岐ボックスは、シート下のスペースに固定しときます。

ちょうどいいスペースがあって良かったですなぁ。


助手席足元まで、配線していく

足元のステップパネルを外します。引っ張れば外れます。

結束バンドやクッションテープなどをを使って、配線を固定していきます。


後部座席と前座席の中間にあるBピラー。

配線を隠すために外したいところですが… オススメしません。爪が折れやすいので…

…なので、なるべく配線が隠れるように、スキマに押し込んでいきます。


助手席足元も、配線していきます。


はい。これでパワーアンプまで電源配線がアプローチできました。


スピーカーケーブルをギボシ加工しておく

スピーカーとスピーカーケーブルを接続するために、ケーブルをギボシ加工しておきます。

ギボシの接続状況は、カーオーディオの構成によって異なるので、ご参考までに。

詳しいオーディオ構成は、後程まとめます。


まずは、セパレートスピーカーの入力側↓

一般的なオス・メスのギボシです。

…ちなみに、ギボシは金メッキがオススメです。

金メッキは、通常の素材に比べて電気の接触抵抗が少ないです。

どれほどの違いがあるかは分かりませんが、音質がイイのは金メッキです。

続いて、スピーカーに接続するギボシ。

大きい端子(平型端子250型)と小さい端子(平型端子110型)があります。


今回のオーディオ構成図

今回、パワーアンプを追加するオーディオ構成図は… こんな感じです。

既にパワーアンプと車両バッテリーの配線を終わっているので、続いてヘッドユニットと接続します。


ヘッドユニットとパワーアンプを接続する

以下の配線を接続します。

  • RCAケーブル…ヘッドユニットから、増幅前の音楽信号をパワーアンプへ送る
  • リモートON …ヘッドユニットに電源が入ると、パワーアンプの電源をONにする

ヘッドユニットによっては、上の2つの配線を接続するためにオプション配線が必要になります。

説明書を確認してみてください。

この記事では、私が取り付けているDPV-7000(ケンウッド)でまとめます。


パネルを外して、ヘッドユニットDPV-7000(ケンウッド)を外します。

パネルの外し方などの情報は、以前にDPV-7000を取り付けた記事にまとめてます。

…ちなみにDPV-7000は、現在は販売終了モデルです。


…ちなみにコレは↓外し方の悪い例です。

配線を外すのが面倒だからといって、ダッシュボードの上に置くのはヤメましょう。

私は、悪い例を示すために、「あえて」のせてます。あえてね。伸びしろですね。


DPV-7000にRCAコードを接続するには、KNA-17AVを準備します。


フロントスピーカー用とサブウーハー用に、RCAコードを接続します。

RCAコードは、パワーアンプに音楽信号を送る配線です。

どうせなら、金メッキ素材の配線が良いです。


続いて、リモートONの配線を接続します。

ヘッドユニット(DPV-7000)の電源がONになるのに合わせて、パワーアンプがONになります。

この配線をつないでおかないと、パワーアンプがONになりません。忘れないように…


パワーアンプ側も、RCAコードとリモートONを接続します。

フロントとサブウーハーのRCAコードを接続して…


電源・アース・リモートONの配線も接続しときます。

バッテリーには、まだ接続しないように…


スピーカーケーブルを接続する

今回は、4chパワーアンプを、以下の構成でスピーカーに接続します。

画像出典:DM-7400説明書


フロントスピーカーを、左右それぞれ1ch。

サブウーハーは、フロントスピーカーよりもパワーを必要とするので、2chを同時に使うブリッジ接続で使います。

つまり、3chの構成です。

パワーアンプがブリッジ接続に対応しているかどうかは、パワーアンプの仕様によります。

今回取り付けているパワーアンプ(GM-7400)は、ブリッジ接続に対応しています。


フロントスピーカーに配線を接続する

現在、エブリィワゴンのスピーカー構成は、ツイーターが別体になったセパレートスピーカーを、ピラーとアウターバッフルに加工して取り付けています。


セパレートスピーカーは、一般的にツイーターとの音域を分けるため、ネットワークから分岐されています。


…なので、まずはパワーアンプからネットワークへ、オス・メスギボシで接続します。

↓最初に加工した配線です。

今回のエブリィワゴンでは、ネットワークはダッシュボード裏に隠しているので、接続は難しくありませんでした。

だがしかし!

ネットワークからスピーカーまでは、ドアの内部を配線せねばなりません。

車両のスピーカー配線を使ってもイイですが、どうせなら配線の太い(音質がアップする)スピーカーケーブルを配線することにしました。


配線ガイドを使って、ボディとドアの中間にあるゴムの中を配線していきます。

スピーカーケーブルは、ガラスを下げた時に当たらないように、十分注意してください。


配線ができたら、スピーカーを元に戻します。


サブウーハーをブリッジ接続する

サブウーハーは既に取り付け済みです。

ワンオフでセンターコンソール下に、サブウーハーボックスをDIYで自作しました。


サブウーハーは、2ch分を1chで使う、ブリッジ接続します(写真左側)


バッテリーに電源配線を接続する

全ての配線ができたら、最後にバッテリーに電源配線を接続します。

必ず、マイナス端子を外した状態で接続します。


動作確認。パワーアンプの実力を見よ!… いや聴け!

全ての配線が接続できたら、エンジンをかけて動作確認します。

全てのスピーカーから音が出れば、問題ナッシング。

動作が確認できたら、ヘッドユニットの設定で、クロスオーバーを設定しておきます。

スピーカーには、それぞれ得意な領域があります。

サブウーハーは低域が得意なので、中高域の音域は入れないようにカットします。

フロントスピーカーは、サブウーハーが不得意な中高域の音域を受け持つようにします。

60hz前後を境にして、調整してみると良いと思います。


いやもうね… お気に入りの音楽の… 雰囲気がガラリと変わったよ。


高音域のキラメキ、ボーカルの艶、低域の厚み。

とにかくもう、音の圧力がすごいの。

ボリュームはパワーアンプ追加前と変わらないのに、音圧がグワッと強くなったの。

耳だけじゃなくて、肌や脳に音が伝わる感じ。

純正ノーマルの状態から比べると、はるかに良い音になりました。

これはもうタマランチ会長。



パワーアンプの追加は大変ですが、やる価値は十分にあります。

ぜひ参考にしてみてね。

ケロケロ
ケロケロ

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました