HDMI入力の無いカーナビで、スマホのYouTube・動画を映す方法・やり方

クルマ
ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

カーナビで、スマホの動画を映したい… なんて思う人も多いのではないでしょうか…?

特に小さい子供がいると、「車でYouTubeが見れる」というのは、色んな意味で切り札になります。

ところがどっこい…通常、カーナビでYouTubeを見るには、カーナビ側に「HDMI入力」が必要です。


だがしかし!

カーナビのモデルによっては、HDMI入力を装備していないモデルもあります。…というか、装備していない方が多い。

でも…

ケロケロ
ケロケロ

あきらめないでっ!

ウサピョン
ウサピョン

真◯みきか

HDMI入力が無いカーナビでも、スマホのYouTubeを映すことはできます。

例えば… 我が家のセレナたんのカーナビCN-F1DVD(パナソニック)には、HDMI入力には対応していませんが…

ケロケロ
ケロケロ

驚くなかれ、なかれ驚け!

ウサピョン
ウサピョン

どっちだよ

スマホで再生中のYouTubeの映像が、カーナビに映っております。みんな大好きヒカキンさん。

HDMI入力の無いカーナビでも、「とある変換ボックス」を使えば、カーナビに映すことができるんです。

…というわけで今回は、「HDMI入力の無いカーナビでも、スマホの映像を映す方法」をまとめした。

ぜひ参考にしてみてね。

スポンサーリンク

初めに、カーナビ側にRCA入力があることを確認すべし

今回の記事は、「HDMI入力の無いカーナビにスマホの映像を映す方法」ですが…

カーナビ側で最低限必要なのが、「RCA入力」です。

カーナビによって、「RCA入力」だったり「AUX入力」だったり名称が異なります。

例えば、CN-F1DVDだと、取扱説明書には、以下のように表記されています。

出典:パナソニック取扱説明書

確認すべきポイントは、

RCA(映像・音声左右)の入力に対応しているかどうか?

です。

今回は、「HDMIをRCAに変換して映す」方法を使っていますので、カーナビ側がRCA入力に対応していないと… どうやっても映すことができません。

RCA入力は、多くのカーナビに採用されている接続方法です。

だがしかし!

…中には対応していないモデルもあります。

なので、現在使っているカーナビが、HDMI入力に対応していないことが分かったら…

次に「RCA入力に対応していること」を確認します。

もし部品を揃えた後で、RCAに対応していない…となると後の祭りですから。


…また、RCA入力に対応していても配線がオプション部品になっていることがあります。

例えば、CN-F1DVDだと…

  • 車両AVインターフェースコード(CA-LAV200D)が必要
  • 汎用変換コード4極ミニ

汎用変換コード4極は、カーナビによっては必要ない場合もあります。取付説明書の配線図で確認できます。

まとめると…

「カーナビ側でRCA入力ができる状態」になっていれば、準備万端です。

スマホ側から、HDMI出力できるようにする

iPhone・androidそれぞれで、HDMI出力させるようにします。

私が持っているのはiPhone7ですが、Lightning-Digital AVアダプタを使います。

androidは使ったことがないのですが…MHL変換アダプタが必要なようです。

スマホからHDMI出力させる方法は、コチラ↓の記事にもまとめております。参考にどうぞ。

記事を書いた時と仕様が変わっている可能性もあるので、必ず説明書なども確認してみてください。

HDMI to RCA変換ボックスを準備する

今回のキモとなるのが… コチラの変換ボックスです。

HDMIからRCAへ変換してくれるボックスです。

これを使うことで、「HDMIに対応していなくてもRCA入力があれば映せる」わけです。


カーナビと配線を接続する

それでは我が家のセレナたんに装着されているCN-F1DVDに、配線を接続していきます。

まずはパネルを外して、カーナビも取り外せる状態にしておきます。

配線を内装裏に隠す場合は、グローブボックスなども外しておきます。

セレナ(C26系)の内装の外し方やカーナビの取り付けについては、別記事に詳しくまとめています。よろしければぜひ。

その他の車両については、このブログでも掲載している(かもしれない)ので、ぜひ検索してみてください。


まずは、カーナビ裏でRCA入力配線を接続します。

続いて、RCA入力配線を HDMI to RCA変換ボックスへ接続します。

変換ボックスは電源が必要で、接続先はUSBです。

今回は、シガーソケットからUSBが接続できるアダプタを使って接続しました。


続いて、変換ボックスのHDMIとスマホを接続します。


…まとめると、こんな感じで接続されています。

スマホ – (HDMI配線) – HDMI to RCA変換ボックス – (RCA配線) – カーナビ

動作確認して、映ればオッケー

一通り接続したら、エンジンをかけて動作確認してみます。

カーナビ側のAVソースをVTRに切り替えて、スマホと同じ映像が表示されればオッケーです。

あくまで「スマホの映像を映しているだけ」なので、操作はスマホからです。運転中はヤメましょう。

スマホでYouTubeを表示させれば、カーナビにも映ります。

リアモニターを取り付けているなら、そちらにも映ります。

カーナビの仕様によっては、一部のメディアソースはリアモニターに出力されない場合があります。

例えば… リアモニターへDVDは映せるけど、地デジは映せない…など。

VTRであれば恐らく大丈夫ですが、取扱説明書などで確認しておいた方が確実です。

スマホの通信容量について

車の中でスマホの動画を見る…ということは、そのぶんスマホの通信容量を消費します。

特に動画は、消費量が多いです。

契約プランや使い方にもよりますが、1G / 3G ぐらいの契約だと、直ぐに制限されてしまうかもしれません。

…ちなみに私はpovoで20Gの契約をしておりますが、車載用のWi-Fiルーターもあります。

HDMIが無くとも、RCAがあればスマホは映せる

…というわけで、HDMI入力の無いカーナビへスマホの映像を映す方法でした。

HDMIからRCAへ変換しているので、どうしても画質は落ちますが… 見れないほどではないです。

普通に楽しめます。子供も喜んでおります。

まとめると…

  • カーナビ側にRCA入力があることを確認する
  • RCA入力配線、変換ボックス、スマホ側のHDMI出力パーツを揃える
  • 配線を接続する

…という感じですな。

YouTube以外にも、ネットフリックスも表示できました(2021.6現在)

その他の動画メディアは確認できておりませんが…まぁ、十分でしょう。

家族の写真や動画を表示させるのもイイですな。

HDMI入力の無いカーナビにスマホの映像を表示させたい場合は、ぜひ試してみてください。

ケロケロ
ケロケロ

おしまい

クルマ
スポンサーリンク
ケロケロをフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
DIYでプチカスタム

コメント

タイトルとURLをコピーしました