HDMI対応のカーナビ・オーディオに、iPhoneの動画(YouTubeなど)を映す方法

カーナビ取付
ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

iPhoneの音楽を、カーナビで聴きたい場合は、Bluetoothでペアリングすれば聴くことができます。

だがしかし!

iPhoneの動画(YouTubeなど)をスマホで見たい場合は、Bluetoothでは無理です。


じゃあ… カーナビにiPhoneの動画は映せないの…?

と、お悩みの そこのアナタ!

ケロケロ
ケロケロ

あきらめないでっ!

ウサピョン
ウサピョン

真〇みきか

カーナビ・オーディオをHDMI接続すれば、スマホに映っている映像を、そのままカーナビ・オーディオへ映せます。

つまり、YouTube・アマゾンプライム・ネットフリックスなど、映像がカーナビで見れるということです。

コチラの写真↓をご覧あれ。

ディスプレイが汚くてスマヌ…

YouTube見れるや~ん、と思ってiPhoneで写真撮ろうと思ったら、iPhoneのカメラアプリがディスプレイに映った状態になりました…

まぁ、つまり、iPhoneの映像がそのままナビ画面で見れるということです。


この記事では、実際にカーナビにiPhoneの映像を映した方法・必要なオプションをまとめます。

ぜひ参考にしてみてね。


スポンサーリンク

カーナビ・オーディオにHDMI入力は付いてる?

まずは、車に取り付けられているカーナビ・オーディオがHDMに対応しているか確認しときましょう。

私の場合だと、ケンウッドのディスプレイオーディオ[DPV-7000]が取り付けられており、HDMI入力が装備されています。

現在は、[DPV-7000]は販売終了モデルです。

HDMIを装備したディスプレイオーディオなら、カロッツェリアのDMH-SZ700がHDMIに対応しています。


もし、カーナビ・オーディオ側にHDMIが装備されていない場合は、変換オプションを使うことで対応できます。

コチラ↓の記事を参考にどうぞ。


カーナビ・オーディオ裏に、HDMIケーブルを接続する

HDMIは形状が合っていれば何でもOKですが、ケーブルの形状によっては奥まで差し込みできない可能性もあります。

事前にカーナビ・オーディオの説明書を確認してみましょう。

できれば、メーカー推奨のケーブルを利用するのが無難です。


Lightning AVアダプタを利用する

iPhoneとHDMIを接続するのに必須なのが、Apple純正のLightning-Digital AVアダプタです。

ちなみに、私が使っているのはiPhone7です。


このLightning-Digital AVアダプタに、HDMI・Lightningケーブルを接続します。

HDMIの横に接続しているLightningケーブルは、電源供給のために必要です。

最近のカーナビ・オーディオならUSBに対応しているので、そのUSBとLightningケーブルを接続すればOKです。


Lightning-Digital AVアダプタを使えば、HDMI出力だけでなく、iPhoneの充電もしてくれます。

使用中の充電消費を気にしなくても大丈夫です。


まとめ。iPhoneの映像、ナビ・オーディオに映せます

…というわけで今回は、ナビ・オーディオのディスプレイにiPhoneの映像を映す方法をまとめました。

YouTubeなどの動画も見れます。

ナビ・オーディオがHDMIに対応しているなら… せっかくなのでiPhoneと接続してみるのはいかがでしょう?

楽しいですよ!


ナビ・オーディオがHDMIに対応していない、またはスマホがandroidの場合は、コチラの記事を参考にしてみてね。

カーナビ取付
スポンサーリンク
ケロケロをフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
DIYでプチカスタム

コメント

タイトルとURLをコピーしました