カーナビ・オーディオに接続するHDMI配線は、メーカー推奨の配線を選ぶべき理由をまとめます

カーナビ取付
ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

今や、音楽も動画もスマホで簡単に楽しめます。

特に、YouTubeやアマゾンプライム、ネットフリックスなどの映像を、カーナビのディスプレイに映せたらイイと思いませんか?


それ… できます。

カーナビ側がHDMI入力に対応していれば、カーナビに映すことができるんです。

iPhone / androidで、必要な配線が異なります。

また、カーナビ側がHDMIに対応していなくても、HDMI変換オプションを使うコトで、接続が可能になります。

詳しくは、コチラ↓の記事を参考にどうぞ。


ただし、HDMI配線には 注意が必要です。

それは、「HDMI配線は、メーカー推奨の配線を選ぶべき」であるということです。

この記事では、その理由を詳しく述べます。

ぜひ参考にしてみてね。


スポンサーリンク

カーナビ側のHDMI入力は、一般的な規格と一緒です

カーナビ側のHDMI入力は、(私が知っている限りは) 一般的なHDMI配線と形状が一緒です。

じゃあ、アマゾンや楽天で一番安いHDMI配線を買おう!

と、考える気持ちは分かります。

ええ。私もそうでした。


…でも、 ソレダメー!

カーナビ裏のHDMI差込口の奥まで、刺さらない可能性があります。


カーナビ裏の限られたスペースでは、当たる可能性あり

カーナビ裏には、電源配線や地デジ・GPSなど、様々な差込口があります。

限られたスペースなので、HDMI差込口のスペースもギリギリなのです。

例えば、私の車に取り付けれているDPV-7000(現在は販売終了モデル)のカーナビ裏は、こんな感じになってます。(左上あたり)

例えば、アマゾンや楽天で購入したHDMI配線を接続しようとすると…

ケロケロ
ケロケロ

引っ掛かって、奥まで刺さらん…

HDMIの端子は一緒なんですが、周りのゴムの部分が引っ掛かって、奥まで刺さりませんでした…(実話)

今回は、周りのゴムの部分をカッターナイフで削ったら、奥まで刺さりました。

もちろん、オススメできる方法ではありません。


まとめ。HDMIは、メーカー推奨品を準備しましょう

…というわけで、HDMI配線は、メーカー推奨品を準備しましょう。

メーカー推奨品の型番は、取付説明書に書いてあります。

ちなみに、DPV-7000(ケンウッド)は、KNA-13HCが適合しています。


カーナビとスマホを接続すれば、YouTubeなどの動画も視聴できます。

楽しいので、ぜひ挑戦してみてくださいね。


実際に、カーナビ(ディスプレイオーディオ)とiPhoneをHDMI接続した方法については、コチラの記事を参考にどうぞ。

カーナビ取付
スポンサーリンク
ケロケロをフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
DIYでプチカスタム

コメント

タイトルとURLをコピーしました