パワーアンプを愛車に追加した方がイイ理由を、分かりやすく説明します。

パワーアンプを愛車に追加した方がイイ理由を、分かりやすく説明します。 クルマ
ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

 

音楽を聴くうえで、重要な役割を担うパワーアンプ。

音を増幅して、私たちの耳まで届けてくれます。

 

… パワーアンプって、大事なパーツなんだけど、その存在感は薄いんだよね。

なぜか?

 

それは、カーナビ・カーオーディオ内に最初から搭載されているからですね。知る必要はないんですよ。

… でも、それはちょっと勿体ない。

 

カーナビ・カーオーディオのみでも問題ないんだけど、可能ならパワーアンプは追加しましょう。

パワーアンプは、言わばオーディオのエンジンです。

エンジンの性能によって 走り方が変わるように、パワーアンプによって音の豊かさも変わります。

 

今回の記事では、「なぜパワーアンプを追加した方がいいのか」について、まとめます。

パワーアンプに興味がある人、ぜひ参考にしてみてね。

 

スポンサーリンク

パワーアンプって、そもそも なんですのん?

パワーアンプとは

 

一言でいうと、増幅装置です。

例えば、CD・USBから読み取った音の信号… これ自身は微弱な信号なので、スピーカーを動かすほどのパワーはありません。

この微弱な信号を、スピーカーを動かせるほどに増幅してくれるのが、パワーアンプです。

具体的には、以下のような流れになります。

  1. CD・USBなどからデジタル信号を読み取る
  2. 音の波形となるアナログ信号へ変換
  3. パワーアンプで信号を増幅
  4. スピーカーへ

 

内蔵アンプと追加パワーアンプの違い

パワーアンプの違い

 

パワーアンプは、カーナビ・カーオーディオの中に入っています。

つまり、音楽を楽しむ上では、このままの状態でも全く問題ありません。

だがしかし!

 

それでも、パワーアンプを追加する意味はあります。 (正確には、追加というより交換と言った方がいいかもしれませんが)

 

パワーアンプを追加した方が有利な理由… それは「出力の大きさ」ですね。

内臓パワーアンプは、普通に音を聴く分には問題ないのですが… 追加パワーアンプの方が出力が大きいんです。

では、なぜ出力が大きい方が有利なのか…? その理由をまとめていきましょう。

 

スピーカーが一番パワーを使う時は

スピーカーは、振動板を前後に動かして 音を出しています。

一番力を必要とする時は「押して引くとき」「引いて押すとき」です。

ここでパワーが足りないと、引ききれない、または押しきれないという状態になってしまい、それがそのまま音の歪みに繋がります。

つまり、スピーカーの振動版を余裕を持って動かすなら、パワーアンプの「出力が高い」方が有利なんです。

 

例えるなら、軽自動車とF1カー

では ここで、以下のように例えてみましょう。

 

  • 内蔵アンプ・・・軽自動車
  • 追加アンプ・・・F1カー

 

時速100kmまでしか出さないという同じ条件下で、この2台でサーキットをレースします。

どちらが先にゴールできるでしょうか?

… 間違いなくF1カーです。

 

どちらも時速100kmのスピードは出すことができます。

しかし、どこで差がでるかと言えば、ブレーキングと加速性です。

F1カーの方がどちらも優れているので、コーナー侵入速度が早く、またコーナーを抜けるとあっと言う間に時速100kmに到達できます。

コーナーが言わば、スピーカーの「押して引く(またはその逆)」です。

 

つまり、出力の高い「追加パワーアンプ」が、余裕を持ってスピーカーをドライブできるってことですね。

 

私も追加しました

パワーアンプを追加

 

私が使用しているのは、カロッツェリアのGM-D7400です。配線処理に性格が出ますね!

IMG_4145

カロッツェリア(パイオニア) 200W×4・ブリッジャブルパワーアンプ  GM-D7400
カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)
¥ 18,562(2018/11/18 20:09時点)

 

パワーアンプを追加してみて… 音のクリア感が変わりました。

そんなパワーアンプなんですが、なんか悪いイメージの1つに

 

「ガンガンボリューム上げて音を鳴らすためにパワーアンプ入れたんでしょ?」

 

っていうイメージを持たれがち。

しかし… それは悲しき誤解です。

ボリュームを上げたい(騒音を撒き散らせたい)わけではなく、出力に余裕のあるパワーアンプで、音の再現性を高めたいんですね。

 

私が思う良い音

私が思うイイ音

音の好みは人それぞれですが、私が思うに以下を満たしたいと考えています。

 

  • ボリュームを上げても、耳に障らない
  • ボリュームを下げても、ボーカルが何を言っているか聞き取れる

 

これはつまり再現性が高いということです。

 

ボリュームを上げて耳に障るのは、音が歪んでしまっているから。

これはアンプのパワー不足でスピーカーの制動力が足りないことが、歪みの原因の1つです。

逆に、ボリュームを下げて、ボーカルが歌う歌詞が聴き取りにくい場合は、スピーカーが細かく動けていないことが原因の1つです。

音を大きくしても小さくしても、聴き取りやすい音を目指しましょう。

 

ちなみに…

そんな自分の好みに近づいた音を、大きい音で楽しみたいと思うのは私も同意です。

だがしかし!

それが外に漏れて周りに迷惑をかけることは絶対にダメです

自分が好きな音楽も、興味のない人にとってはただのノイズ。

まぁ、そもそも外でウルサイぐらいの音量であれば、中にいる私は、いくら好きな音楽でもその音量に耐えられません。ウルサイです。

不必要な大音量はヤメましょう。

 

こんなに小さいパワーアンプもあるよ

小さいパワーアンプもあるよ

パワーアンプは、その大きさからトランクルームやシート下が 主な設置場所です。

でも、カロッツェリアのGM-D1400-2のような、小型のパワーアンプもあります。

カロッツェリア(パイオニア) 100W×4・ブリッジャブルパワーアンプ  GM-D1400-2
カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)
¥ 11,397(2018/11/18 20:09時点)

 

小さいボディで取り付け場所を選ばず、省電力性からエンジンルームからのワイヤリング(いわゆるバッ直)を必要としない、取付性抜群のパワーアンプです!

車種によっては、オーディオ裏に収めることもできます。

 

今回のまとめ

カーナビ・カーオーディオの内臓パワーアンプでも、何の問題もありません。

だがしかし!

パワーアンプを追加すれば、音質がアップすることは間違いありません。

 

お気に入りの音楽を、より良い音で楽しみましょう。

ドライブも盛り上がりますよ!

ケロケロ
ケロケロ

おしまい!

 

コチラの記事も オススメです
車の 音質アップのために行った 6つ の方法。 初めてのDIYにオススメ!
車の音質をアップさせたいなら、ぜひこの6つの方法を試してみて? 少しずつ変わっていくのが楽しいよ!

 

コメント