車の 音質アップのために行った 6つ の方法。 初めてのDIYにオススメ!

クルマ

 

ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

 

楽しいドライブを、より楽しくしてくれるもの・・・それは音楽。

お気入りの音楽を聴きながら、のんびりドライブ。最高ですね!

 

私もドライブが好きで、良くブラブラしてるんですけど…

ケロケロ
ケロケロ

もっと良い音で楽しみたいな

 

と、つねづね思っておりました。

加えてDIYに興味はあったので、思い切ってDIYで音質アップを目指そうと決意したんです。

 

そして今ではすっかりDIYに目覚め、音質も確実にアップしました。

 

もちろん、最初は失敗しました。何度も何度も。

でもその度に上達します。経験が全て自分のノウハウになるんです。

 

… というわけで今回の内容は、私が実際に自分でやってみた、「車の音質がアップする 6つの方法」のまとめ記事です。

 

興味があるならぜひ挑戦してみてください!

DIYも音質アップもドライブも楽しいよ!

 

 

スポンサーリンク

1.スピーカーを交換しよう!

まずは、音の出口であるスピーカーを交換すれば、音のメリハリが良くなります。

もし今純正スピーカーなら、その違いは大きいですよ。

なぜなら・・・純正スピーカーはコストカットの影響を大きく受けているからです。

実際に見てみると分かるのですが、なんとも安っぽい印象を受けます。

 

ちなみに私は、以下のKENWOODのスピーカーを選びました。

色々聴いてみて、これが1番好みだったので…

 

 

音の好みは人それぞれなので、カーショップなどで実際に聴いてみるのも良いですね!

スピーカー選びについては、こちらの記事にまとめておりますので、ぜひどうぞ。

『カースピーカーを 選ぶなら オススメなのは どっち?』セパレートとコアキシャル。 それぞれのメリット / デメリット
カースピーカーには、大きく分けて2種類あるって、知ってる? それは、コアキシャルとセパレート。 今回は、この2つスピーカーの特徴と メリット・デメリットについてまとめたよ。 スピーカーを検討している人は、ぜひ参考にしてみてね!

 

 

2.インナーバッフルを交換しよう!

インナーバッフルは簡単に言うと、スピーカーを固定している土台みたいなもんです。

インナーバッフルが強固だと、スピーカーが元気に動けるので、音も元気になります。

 

スピーカーのように表立った存在ではありませんが、縁の下の力持ちとして、音への貢献度は高いですよ!

 

インナーバッフルについては、こちらの記事にまとめておりますので、ぜひどうぞ!

インナーバッフルで音質UP! スピーカーを交換したら、次はバッフルでがっちり固定!
インナーバッフルって、聞いたことある? 一言でいうなら、スピーカーの土台です。 それは正に、縁の下の力持ち。 音質アップには欠かせないツールなんです。 今回は、このインナーバッフルについてまとめてみました。 ぜひ参考にしてみてね!

 

 

3.デッドニングしてみよう!

音質アップの内容で検索していると、必ず出てくる単語、「デッドニング」

 

デッドニングとは、スピーカーを取り付けているドアを、音を鳴らすのにより良い環境に施工する方法です。

私は当初、「こんなの効果あるんかな?」と半信半疑でやってみましたが、効果有りです!

音がキレキレになりました。

 

また、ドアを閉めた時の音も引き締まって、高級感を感じられます。

デッドニングについては、こちらの記事をどうぞ!

【DIYに一歩前進】デッドニングでキレキレの音をゲットせよ。方法も材料も。防音と音質アップ!
こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY) DIY、やってますか? 以前に、スピーカー交換やインナーバッフルの交換についての記事を投稿しましたが、 お次はデッドニングはいかがでしょうか...

 

 

4.パワーアンプを追加しよう!

最近のデッキには、アンプは内蔵しているのですが、パワーアンプを追加する恩恵は大きいです!

パワーアンプは、言わばオーディオのエンジン。

 

カーナビ・オーディオ内に収まっているコンパクトなパワーアンプよりも、別体のパワーアンプなら音に余裕がでるので、豊かな音を奏でてくれます!

パワーアンプについては、こちらの記事をどうぞ!

【DIYに一歩前進】パワーアンプはオーディオのエンジン! 載せ換えでパワーアップ!
スピーカー交換して、インナーバッフルも変えて、デッドニングもしてみました。音の切れ味の変化について実感できたら・・・お次はパワーアンプを追加しましょう! パワーアンプ、それは平たく言うとオーディオのエンジンです!これを追加して...

 

 

5.サブウーハーを追加しよう

サブウーハーは、音に厚みを出すために必須です。

 

決して、「ドンドン!」と、周りにうるさく迷惑を掛けるもんじゃないんです。 あれは、調整を間違っているだけ…

 

ちゃんと調整してやれば、音に厚みが出るので臨場感が増します。

サブウーハーも、音への恩恵は大きいですよ。 こちらの記事をどうぞ!

【DIYに一歩前進】サブウーハーは肌に伝わる音! これがないと音に厚みが出ないよ
皆さんはサブウーハーにどんなイメージをお持ちですか? ウルサイだとか、騒音とか迷惑とか・・・悪いイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。。。 しかし、それは悲しき誤解なんです!あれは調整がダメなんです。 ...

 

 

6.音の調整をしてみよう

音をデジタル処理で調整できる主なものとして、「タイムアライメント」、「イコライザー」があります。

これらは言わば、音への調味料です。

 

音楽を楽しむには 不向きな環境であるクルマの中で、調整というエッセンスを加えれば、アナタ好みの音へ変化します。

愛車に取り付けられているカーナビ・オーディオに、タイムアライメント / イコライザーが備わっているなら、絶対調整しましょう!

音の 明るさ や 艶 が変わりますよ!

 

調整方法については、以下の記事を参考にしてみてね!

 

 

 

今回のまとめ!

実際にやってみましたが、最初に比べると劇的に音は良くなりましたよ!

それでは、今回の内容をカンタンにまとめます。

 

ちなみに、これらの内容は、いっぺんに行う必要はありません。

… というか、いっぺんに やらない方が良いです。

 

一つ一つ行った方が、その度に音の違いを感じられるので、その度に嬉しくなります。

 

オーディオの世界は青天井ですけど、手の届く範囲でより良い音を、もっともっと目指していきます。

DIYで カスタムすると、楽しいよ?

 

中級編もどうぞ!

【DIY 中級編 まとめ】音にも見た目にこだわる! この 3つ が、俺のワンオフ!
こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY) 前回、「DIY初級編まとめ」として、スピーカー交換等の、記事を投稿しました。これらを行えば、かなり車内の音は変わってきたと思います。 今までは部品の交換などにとどま...

 

カーナビなどの取り付け情報はコチラ!

まとめ! 『自分で 取り付け! …クルマの カーナビ や ETC!』 電装品を DIY 取り付けするなら読んでみよう! まとめページだよ!
カーナビ や ドラレコ、ETC を自分で取り付けてみたい…だって? なら、この記事を読んでみて! 私の取り付け経験から、それぞれの取り付けのテクニックや注意点とかをまとめてるよ。 DIYヤーは、ぜひ参考にしてみてね!

 

 

コメント