タイムアライメントを調整!カーオーディオを楽しむ方法の1つです。簡単なのでぜひやってみて!

シェアしてもらえると嬉しいです!

kero-iconこんにちは!ケロケロです(@kerokero_DIY)

アナタのクルマのナビ、またはオーディオにイコライザーとタイムアライメントはついていますか?

ナビやオーディオによって色々な機能はありますが、「イコライザー」と「タイムアライメント」は必ず調整しましょう!

これらの調整を行うことで、音の艶や定位が劇的に変わります。この記事では、音の定位に関するタイムアライメントについて記載します。

スポンサーリンク

だからこそより良い音を

はっきり言って、音楽を楽しむにはクルマの中は最悪の環境です。

  • 運転席または助手席に座るので、左右のスピーカーから等間隔の位置で聴けない
  • 窓ガラスで音が反射して、シートに音が吸収される。音場が乱れる
  • 走行中のロードノイズ、風切音などの雑音

だからこそ、私はクルマの中で「より高音質を目指したい!」

ドライブも好きですからね。のどかな山の麓をのんびり運転しながら、お気に入りの音楽を楽しむ。その音をより良くしたいというのは当然の欲求ですよ!

タイムアライメントって?

クルマの中が最悪な環境の一つして、以下がありました。

kero-icon「運転席または助手席に座るので、左右のスピーカーから等間隔の位置で聴けない」

これを、あたかも等間隔の位置で聴いているように調整してくれる機能が「タイムアライメント」です。

例えば、運転席に座っていると、右スピーカーが近くて左スピーカーが遠いですよね?これだと右スピーカーの音が若干早く耳に到達します。このズレをデジタル処理で修正して、右スピーカーから音が出るのを遅らせて、左右の音が同じタイミングで耳に到達するようにしてくれるのです。

この機能は本当にすごいですよ!私は最初、この機能をかなりナメていました。後回しでいいやと思い、放っておいたんです。

タイムアライメントの威力

やってみました。タイムアライメントの効果は絶大です。私、B’zを好んで良く聴くんですけどね、調整前は稲葉さんがメーター付近にぼんやり居たんですよ。

それがタイムアライメントで調整をしてやると、ちょうどナビの辺りに稲葉さんが、はっきりと現れたんです!

これは本当にビックリしました!ライブDVD見てたら、それが良く分かります。稲葉さんが画面に出てれば、本当にその映像から声が出ていると感じるんです。今まではボヤッとナビとメーターとの間ぐらいに居たのに。

ちなみに調整はこんな感じで

IMG_4167

もう古いナビですが、KENWOODのMDV-737DTになります。当時のフラッグシップモデルを型遅れで安く買えたんですよ。嬉しかったなあ。

この機種は運転席、助手席、両座席など、それぞれの位置の調整がメモリー保存できるんです。なので、自分しか乗らない時は運転席、家族で乗る時は両座席と切り替えができます。

これは自分のジュークで、メジャーで測ってみました。車種によって距離は異なります。フロントスピーカーからサブウーハーまで調整可能です。

プロショップであれば、厳密に調整をしてくれるんでしょうが、素人メジャーでも十分効果はでますよ!

もし、タイムアライメント機能があるのに調整していない人は、調整した方が良いです。この機能を使わないのは勿体無いですよ!

kero-icon「絶対に違いを実感できます!!!」

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

お気軽にフォローしてね!

Facebook
この記事をお届けした
DIYでプチカスタムの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ