【DIYでオシャレな棚を作ろう!】100均の材料でカンタンに出来る! 求められるのはセンス!

シェアしてもらえると嬉しいです!

kero-iconこんにちは! ケロケロです。
(@kerokero_DIY)

今回は、知人より依頼を頂きまして棚を作りました。 イメージで頂いたのがこちら様のリンクにあるオシャレな棚です。

ルームクリップ – 部屋のインテリア実例

材料や作り方など、こと細やかに記載されておりますので、実際に作られるならリンク先を参照させて貰ったほうがいいですよ!

この記事は「私もできた!」という体験記です。

それでは私も作ってみます。今回は「ケロケロ工房(仮)」始まって以来の外部受注ですから、気合入れて適当に頑張ります!

それではレッツ、DIY!

スポンサーリンク

材料を揃える

色々な百均がありますが、ほとんどセリアで揃えました。釘やボンドなどは、元々持っていたものを使っています。

これらも百均にあるので、イチから材料を揃える場合でも、ほぼ全て100均でまかなえます。

使用する木材は100均だと、少し湾曲してますので、なるべく真っ直ぐな物を選びます。

作成開始!

それでは作成開始します! 詳しい作り方は、冒頭でも紹介させて頂いたリンク先にて詳しい記述があります。

本当に細やかに記載されておりますので、手順通り作ればDIYが初めての人でも作れますね!

木を継ぐ

100均に置いてある木材だと、ちょっと大きさが足りないので、ボンドで接着して大きくします。

乾くまで持っておくのも大変なので、私は大きめの板の上にマスキングテープで固定しときました。

右に有るのは、B5サイズの写真立てです。これも2つ連結してます。

IMG_4544

材料をカット

ボンドが乾いたら、設計図に合わせて材料をカットしていきます。

この時、真っ直ぐ切るためのガイドがあると便利です。

IMG_4556

表面を滑らかに

材料を全部カットし終えたら、表面をハンドサンダーで滑らかにしておきます。

IMG_4557

これをやっておくと、手触りがちょっと良くなります。

子供さんが触って、万が一そびらが立って「アウチ!」ってなるのも危ないので、角も少しだけ丸めておきます。

組み立て

材料を、釘とボンドを使って組み立てます!

釘は、隠し釘を使いました。

打った後に頭部分がポロリと取れるという、文章だけ見ると大変恐ろしい仕様の釘で、目立たなくすることができます。

IMG_4563

青いゴム部分まで釘を打ち込んでから、横からトントンっと叩くとポロリと落ちます・・・頭がね・・・。

kero-iconぎゃああああああ

ちなみに、中板に釘を打つ位置をマスキングテープで当たりをつけてます。

仮固定・位置決めなど、マスキングテープは大活躍してくれますよ! そんなマスキングテープ愛は別記事にまとめてますので、よかったらこちらもどうぞ!

こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY) 私、最近知ったんですけど、オシャレなマスキングテープが流行っているとかいな...

中板の補強と色塗りを

中板には、補強でL字金具を入れてます。また、水性ニスで色塗りをしました。どちらも100均にあります。

・・・写真撮り忘れました。これは塗る前。

IMG_4564

蝶番で、フタの固定

連結したB5写真立てを、フタとして蝶番で固定します。

IMG_4576

あ、忘れてた。

取手もつけました。セリアにはアンティーク調のオシャレっぽいパーツがたくさんありますね!

出来上がり!

すごい、カンタンに出来た!

というわけで出来上がりです!

IMG_4567

IMG_4568

今回のまとめ

作ってみて、つくづく思ったのが、「DIY好きと言ってはみても、実力はまだまだじゃなぁ」ということですね。

この棚、作ってみるとカンタンなんですよ。それは、自分が上手というわけではなくて、カンタンに作れるように考えられているんです。

あと、センスがすごい。 私はセンスが絶望的にありません。

センスって、DIYの世界でも十二分に発揮されるということを痛感しました。

棚を作れる実力があったにしても、百均を歩いててこの棚を思いつくかと言ったら、絶対に思いつけない

こういう上手い人のを真似して、磨いていくしかないですね! 次も頑張ろう!

kero-iconファッションセンスは、もう諦めました

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

お気軽にフォローしてね!

関連コンテンツ