インナーバッフルとアウターバッフルの特徴・違いを、メリット・デメリットを比較してまとめます

内装カスタム
ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

車内の音質を上げるには、様々な方法があります。

スピーカーを交換したり、パワーアンプを追加したり… などなど。


その音質を上げる方法の中に、インナーバッフル・アウターバッフルという方法がありますが…

『名前は似てるけど… 違いがよく分からん…』

と、悩んでいませんか?

ケロケロ
ケロケロ

あきらめないでっ!

ウサピョン
ウサピョン

真〇みきか

この記事では、インナーバッフル・アウターバッフルの特徴、メリット・デメリットを比較してまとめます。

ぜひ参考にしてみてね。


スポンサーリンク

インナーバッフルとは、なんぞや?

インナーバッフルは、ドア鉄板部にスピーカーを固定する土台です。

↓イメージ画像

インナーバッフルは、一般的に強固な素材であるほど、音質が上がります。


スピーカーは、前後に動く振動板が、空気を震わせて音が出ます。

インナーバッフルが強固な素材であるほど、スピーカーの振動板の駆動能力が上がるわけです。

その理由は…

例えば、自分がジャンプする姿を想像してみます。

雨でぬかるんだ地面と、強固なコンクリート地面では、どちらがジャンプしやすいか…?

当然、強固なコンクリートです。

インナーバッフルにも同じことが言えます。


例えば、カーオーディオで有名なカロッツェリアでは、車種それぞれに適合したインナーバッフルがラインアップされています。

例)日産ノートの場合(UD-K522)

車種・年式によって適合品番が異なります。

適合情報は、カロッツェリアのホームページで確認できます。


また、インナーバッフルはDIYで自作することもできます。

(決して簡単なわけではないですが、)DIYカスタムの中では、比較的簡単です。


アウターバッフルとは、なんぞや?

アウターバッフルも、インナーバッフルと同じくスピーカーを固定する土台ですが…

大きく違うのは、内装パネルと一体化していることです。

↓イメージ画像

アウターバッフル完成図


インナーバッフルでスピーカーを固定した場合、スピーカーはドア内装パネルの内側に隠れます。

この場合、スピーカーから発せられる音は、一部が内装に阻まれます。

つまり、全ての音が車内に広がるわけではありません。


ところがどっこい、すっとこどっこい。

アウターバッフルは、スピーカーが内装に一体化しており、全ての音が車内に広がるので、明瞭間が高いです。


インナーバッフルと比べると、音質が高いのは間違いないですが… 大きな加工が必要です。

内装に穴を開けて、車種それぞれの形状に合わせたアウターバッフルを作る必要があります。

このため、カスタム専門のショップで作成してもらう必要があり… 予算も10万円ぐらい必要です。


DIYで自作することも可能ですが、インナーバッフルと比べると、はるかにハードルが高いです。

私も自作したことがあります。詳しくは以下↓の記事にまとめてます。

ある程度はキレイに加工できましたが、これまでに3回ほど失敗してます。

また、仕上がりは、やはりプロの方が遥かに綺麗です。

ただ… 作る工程は楽しいので、DIYが好きなら自作もオススメです。


インナーバッフル、アウターバッフルのメリット・デメリット

インナーバッフルとアウターバッフルは、『スピーカーを固定する』という共通の特徴がありますが…それ以外は相反しています。

それぞれ、メリット・デメリットをまとめます。

インナーバッフルのメリット

  • 強固な素材に変えることで、スピーカーの駆動能力アップ
  • 素材にもよるが、スタンダードなタイプであれば、5000円前後で入手可能
  • 交換は自分でも可能。特別な技術はいらない。ドアパネルを自分で外せるぐらいの経験があれば可能。
  • DIYで自作することも可能。


インナーバッフルのデメリット

  • 交換するだけで音質アップが見込めるので、大きなデメリットはないが…
  • アウターバッフルに比べると、音質に不利。
  • ↑スピーカーから発せられる一部の音が、内装に阻まれるため


アウターバッフルのメリット

  • 全ての音が車内に広がるので、音の明瞭感アップ
  • スピーカーが内装と一体化するので、見た目もかっちょいい


アウターバッフルのデメリット

  • 内装に穴を開ける必要があり、加工のハードルが高い
  • プロショップに頼む場合、高い予算が必要
  • DIYで自作する場合、部品代・作成時間コストが必要。また、失敗した場合にドア内装パネルを交換する可能性もあり


まとめ。音ならアウターバッフル。手軽さならインナーバッフル

…というわけで今回は、インナーバッフルとアウターバッフルの特徴をまとめました。

インナーバッフルを交換するだけで、十分に音質アップは見込めますが…

個人的には やはりアウターバッフルがオススメですねぇ。

アウターバッフル完成図

音の違いは、間違いなく実感できます。


プロショップにお願いすれば、もちろん綺麗に施工してくれますが…

DIYで自作するのも楽しいんです。決してオススメはできませんが…

コチラの記事もぜひ読んでみてね。

ケロケロ
ケロケロ

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました