インナーバッフルを自作するなら、素材に木製[MDF]をオススメする圧倒的理由

内装カスタム
ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

車内の音質アップに有効なのが、インナーバッフルです。

スピーカーの駆動能力が上がります。


DIYカスタムで、インナーバッフルを自作するのもオススメです。

内装に隠れる部分なので、細かいところまで精密さは求められません。


じゃあ、インナーバッフルを自作するとして…

素材は何を使ったらイイんだろう…?

と、お困りの そこのアナタ!

ケロケロ
ケロケロ

あきらめないでっ!

ウサピョン
ウサピョン

真〇みきか

インナーバッフルの素材には、圧倒的にMDFをオススメします。


この記事では、なぜMDFがオススメなのか… その理由をまとめます。

ぜひ参考にしてみてね。


スポンサーリンク

音質「だけ」を考えると、MDFより良い素材は あります

純正のプラスチックなインナーバッフルに比べれば、MDFインナーバッフルの方が優れています。

だがしかし!

音質を求めるなら、もっとイイ素材があります。積層合板とか…


だがしかし!(2回目)

MDFより音質が良い素材には、以下のデメリットがあります。

  • 値段が高い
  • 固くて加工がしにくい


逆にMDFは、安価で加工がしやすいという「自作向き」の素材になります。

音質を言うなら、MDF以外の素材がイイんですが… 私の耳だと そこまで違いが分からないんですよねぇ… MDFで十分だ。


MDFは、とにかく加工がしやすい

MDFは、(簡単なわけではないですが、)とにかく加工がしやすいです。

個人でも簡単に入手できる電動工具 ジグソー自由錐を使うことで、インナーバッフルの加工ができます。

↓写真は自由錐

自由錐は円形に切り抜くのに適しています。

使用するには、電動ドリルなどの工具が必要です。


MDFは加工がしやすいので、自作してても楽しいです。

MDFの唯一の弱点は、水に弱いことです。

しかし、塗装するなどして防水対策をすれば、そこまで心配する必要はありません。


固い素材だと音質は良いのですが… 加工が大変で心が折れそうになります…

そう考えると、やっぱりMDFは良いですね。


ホームセンターでも簡単に入手できる。安い。コスパ高い。

MDFは、ホームセンターでも簡単に入手できます。

価格も安いので、加工に失敗しても、気軽にやり直しできます。

ただ、ホームセンターで入手する場合、【素材にバラツキがあるのでオススメできない】という情報もあります。

まぁ… そこまで気にしなくも良いですね。私の場合は。どうせ違いが分からないから…


まとめ。音質も大事だけど、加工のしやすさも大事

どうしても音質に こだわりたいなら、プロショップにお願いした方が良いでしょう。

自分でインナーバッフルをDIYカスタムして楽しみたいなら、MDF一択ですね。

自作が楽しくなります。


それに、別にMDFが音質悪いわけじゃないんですよ。

純正のプラスチック(樹脂?)の素材に比べれば、はるかに良いです。

まだ自作をしたことない人は、ぜひチャレンジしてみてください。楽しいですから


さらに、アウターバッフルサブウーハーを埋め込む… なんてカスタムも楽しいですよ。

こちらの記事も参考にどうぞ。

ケロケロ
ケロケロ

おしまい

内装カスタム
スポンサーリンク
ケロケロをフォローする
自分で洗車ガラスコーティングができる!

ガラスコーティング【ギガクリスタル】の特徴
・基本的に、塗り込んだら水で流すだけ
・手間はかかるが、技術はいらない
・素人でも施工可能
・素人が仕上げたとは思えないクオリティ
・コーティング効果継続期間は、なんと3年



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
DIYでプチカスタム

コメント

タイトルとURLをコピーしました