ツイーターを埋め込み:ピラーも良いけど、三角コーナーへ。内装への自作・加工・DIY【日産:ジューク】

シェアしてもらえると嬉しいです!

ツイーター埋め込み
kero-icon
こんにちは! ケロケロです。
(@kerokero_DIY)

内装のワンオフと言えば定番とも言える、「ツイーターの埋め込み」

以前にアウターバッフルを作成したのですが、その勢いで今度はこのツイーターの加工に挑戦します!

どこに埋め込むかと言うと、これまた定番なのがピラーですね。

でも・・・、私は別のところに埋め込む事にしました。

スポンサーリンク

ツイーターを埋め込もう!

なぜツイーターを埋め込むのか

それは、

kero-icon
かっこいいからです!

それだけ。

音質は、ダッシュに置くのも埋め込むのもそれほど違いはないと思います。

角度は重要

但し、角度は重要です。

音が高くなるほど、指向性が出ます。

指向性というのは、音が出ている位置が分かってくるといえばいいでしょうか。

例えば、誰からに呼び止められれば、その方向を向きますよね? それは音がどこから発せられたものか分かるからです。

サブウーハーが担当するような低い音は、指向性がありません。

ツイーターの位置と角度はこだわる

高域を担当するツイーター。指向性が高く、置く位置・角度が重要です。

コアキシャルスピーカについて

例えば、ウーハーとツイーターが一体となったコアキシャルスピーカーがあります。

※ ドアにつけるスピーカーのことがウーハーです。

通常トランクに載せる大きいスピーカーは、サブウーハーです。

コアキシャルスピーカーは、取付性は抜群に良いです。

高域が追加されるので、音に明るさが出てきます。

ただ、足元にツイーターがあることから、なんとなく音が下に下がりがちです。

kero-icon
極端に例えると、足元から人の声が聞こえます

地デジやDVDなどで人が喋っているシーンとかが分かりやすいと思います。

セパレートスピーカーについて

その対になるものとして、セパレートタイプのスピーカーがあります。

ツイーターとウーハーが別体になっているタイプです。

一般的にツイーターはダッシュ上に置かれることが多いですが、このタイプは、ツイーターが耳元の高さに近いことから、音が上に上がりやすいです。

上述した人の喋る声も画面に近い高さで聞こえます。

ただ、取付性で言うと配線の引き回しがコアキシャルに比べて手間ではあります。慣れればさほどでもないですが。

kero-icon
一長一短ですね。

スピーカーの違いについては、こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY) クルマの音質アップしたいなぁ、って時は! まずは、音の出口であるスピーカ...

使用するスピーカー

スピーカーはKENWOODのKFC-XS1700 セパレートスピーカーです。

kero-icon
色々なメーカーのを聞いてみましたが、これが一番私の耳には好みです!

公式サイトはコチラ

あくまでイメージですが、音が柔らかく、耳障りが良い。

前項でも記載したのですが、サ行の中の特に「シ」

歯の隙間から空気が抜ける音が、スピーカーによっては耳にすごい「ざらつく」のです。

もちろん好みは人それぞれですが、このスピーカーは、その「シ」が一番良かったです!オススメ!

ちなみに、このKFC-XS1700は、新モデルとして「KFC-XS1703」が出ています!

それについてはこちらの記事で語っておりますので、ぜひご覧下さい!

こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY) 先日、オススメのスピーカーについて、ケンウッドのKFC-XS1700の記事...

作業開始!

埋め込み場所

埋め込むのは、ピラーが一番適当であるとは思いますが、今後ピラーには別のものを埋め込んでみたいので、ドアの三角コーナーに埋め込みます。

kero-icon
正式名称はわかりません。車によってはついてないかもしれませんね。

角度を決める

角度を決めます。

これも私なりに色々調べて、確認してみたのですが、やはりこれも好みだと思います。

音楽を楽しむのは自分ですから、自分が一番良いと思った角度がベストです。

kero-icon
ちなみに私の場合は、
右のツイーターは、助手席側のヘッドレストの右側の辺り。
左のツイーターは、運転席側のヘッドレストの左側の辺り。を、向くようにしています。これが私のベストでした。

土台作り

角度が決まったら、割り箸をつかって大まかな形を作ります。

玄人さんはこんなことしないと思いますが、割り箸は簡単に切断・加工ができるので便利なんです。

パテを盛っていけば見えなくなりますし。

スピーカーを固定するリング状のバッフルのようなものはMDFで作成しました。

これもジグソーでズガガガーっと。

kero-icon
ちなみに、自由錐を使えばキレイにできます。後でその存在を知り、別の作業で利用しましたが、便利です!

ツイーターは、このリングでホットボンドで固定します。

DSC_0028

パテ盛り作業

後はひたすらパテ盛り・削りの繰り返し!
DSC_0029

今回はつや消し黒の塗装仕上げです。

塗装はパテ盛り仕上げの影響をもろに受けるので、難しいです。

ばっちり仕上げたつもりでも、塗装するとスアナを見つけたり・・・。

kero-icon
巣穴を埋めるのに、パテ盛り。この繰り返しですね。
上手な人は巣穴がそもそもできないように盛っていくんでしょうけど、私には、まだ無理です。

完成しました

なるべく純正感を邪魔したくないので、色は黒で統一しました。

IMG_2545

前回作成したアウターバッフルと一緒に。

DSC_0119

自画自賛の大満足です! DIYをやっていると、少しずつですが上手くなっています。
そういった達成感が得られるのも、DIYの良いところですね。

使用材料

MDF : ツイーターを固定するいわばバッフル
割り箸 : 土台の骨組み
ファイバーパテ : パテ盛りのベースに
ポリパテ : パテの仕上げに

※ 他にもあったと思いますが、ご参考までに。

ちなみに、「パテ愛」を別記事にまとめておりますので、よろしければこちらもぜひ!

ワンオフやってるかい? 最初は必ず失敗するけど、段々上手になるよ。 オススメのパテを紹介してるから、ぜひ参考にしてみてね。 土台用のファイバー、仕上げ用のポリラック。 これはホントに便利!

個人的な評価

音質: 3.5

音自体に変化はありません。
ただ、ダッシュ上にツイーターを置いていた時よりも、
手前につけたことになるので、
若干、前への音の広がりが少なくなったような気がします。

見た目:4.5

純正感を邪魔せず、浮いた感じもないので、綺麗に仕上がったと思います。
しかし、隅の方にスアナありました。。。
チェックしたのになぁ。
残念です。
プロは手直ししますが、アマチュアは
「角度的に見えないところだから、まいっか」

この経験を次に活かす、ということで。

耐久性:4.5

少々手が当たったぐらいじゃ問題ないと思います。
不注意で当たるという位置でもないですし。

総合評価:5.0

作って楽しかったので、個人評価は文句なしの満点です。

kero-icon
DIYは、やったらやっただけ経験値になるし、
達成感も得られるので、本当に楽しいです!

YouTubeへの掲載

DIYの内容は、YouTubeにも掲載していきます。
拙い動画ですが、こちらもよろしくお願い致します!

人気まとめ記事

素人だって、ワンオフはできるのさ! そりゃあ最初は失敗します。 でも、段々上手くなるよ! アウターバッフルもサブウーハーBOXも、ツイーターの埋め込みも。 DIYは楽しい!