エブリィワゴンのインナーバッフルの選び方。メーカーごとにまとめます。DIYで自作もできるよ。

クルマ
ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

仕事にも遊びにも使える、スズキの軽バン エブリィワゴン。

今回は、このエブリィワゴンのインナーバッフルの選び方をまとめます。


インナーバッフルは、スピーカーを支える土台です。

強固なバッフルに交換することで、スピーカーの駆動効率が上がります。

…つまり、音質が良くなるわけです。

この記事では、以下の内容をまとめます。

  • 現在のスピーカーが純正なら、まずはスピーカーを交換してみよう
  • メーカーの適合表を確認して、インナーバッフルを探してみよう
  • DIYで自作もできるよ

ぜひ参考にしてみてね。


スポンサーリンク

現在のスピーカーが純正なら、まずはスピーカーを交換してみよう

現在取り付けられているスピーカーが、純正の場合…↓


インナーバッフルを交換する前に、まずはスピーカーを交換しましょう。

その理由は、純正スピーカーはインナーバッフルと一体化しているためです。

つまり、インナーバッフルだけ交換することはできません。

写真↓左が純正スピーカーです。


スピーカーは、車種によって取り付けできるサイズが決まっています。

エブリィワゴンは16cmです。

エブリィワゴンのスピーカーについては、コチラの記事を参考にどうぞ。


メーカーの適合表を確認して、インナーバッフルを探してみよう

車種によってスピーカーのサイズが決まっているのと同じく、インナーバッフルも車種によって適合が異なります。

取り付けたスピーカーメーカーのホームページを確認すれば、適合するインナーバッフルが確認できます。

スピーカーメーカーごとに、エブリィワゴンに適合する高音質インナーバッフルをまとめます。

カロッツェリアスピーカーの場合

車種別ジャストフィットにて、適合を確認できます。

エブリィワゴンでは、以下のインナーバッフルが取り付け可能です。

高品位MDFを素材にしたUD-K526

UD-K526は、高品位MDFを使用したインナーバッフルです。

価格も比較的 お手頃で、音質アップが見込めます。


異種金属で合成されたUD-K616

UD-K526よりも さらに強固な素材(異種金属)で合成されたインナーバッフルが、UD-K616です。

その分 お値段も高くなりますが、比例して音質もアップします。


ケンウッドスピーカーの場合

車種別取付情報で、適合を確認できます。

エブリィワゴンの場合、高剛性アルミダイキャストを使用したSKX-202Sが適合しています。


インナーバッフルは、DIYで自作もできるよ

インナーバッフルは自分で作ることもできます。

決して簡単な作業ではないですが、最終的に隠れる部分なので、そこまで精密さは求められず(比較的)簡単です。

実際に自分で作った内容を、別記事に詳しくまとめています。見てね。


…ちなみに、インナーバッフルをさらに発展させたアウターバッフルも存在ます。


アウターバッフルも自分で作ったので、コチラもぜひ見てみてね。


まとめ。インナーバッフルを交換して、音楽を楽しもう

今は、Bluetoothを使って、手軽にスマホの音楽も楽しめます。

音質をアップすれば、お気に入りの音楽の雰囲気も、ガラリと変わります。

まずは、スピーカー・インナーバッフルを交換してみてるといいですよ。

ドライブが楽しくなります!


音質を上げる方法については、コチラの記事も参考にどうぞ。

クルマ
スポンサーリンク
ケロケロをフォローする
自分で洗車ガラスコーティングができる!

ガラスコーティング【ギガクリスタル】の特徴
・基本的に、塗り込んだら水で流すだけ
・手間はかかるが、技術はいらない
・素人でも施工可能
・素人が仕上げたとは思えないクオリティ
・コーティング効果継続期間は、なんと3年



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
DIYでプチカスタム

コメント

タイトルとURLをコピーしました