DIYで自作したインナーバッフルを塗装する意味とは?答えは、雨や洗車で濡れないようにするための防水対策です

内装カスタム
ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

車が好きで、DIYも好きなら… 1度は挑戦してみたい インナーバッフルの自作。

インナーバッフルは、車両ドアとスピーカーを固定する土台です。

ノーマル素材の樹脂ブラケットから交換することで、スピーカーの駆動効率が上がるわけですな。


インナーバッフルの自作は、比較的カンタンです。

私も何回か自作しました。


…さて、そんな自作インナーバッフルですが…

加工したら、必ずやらなければならない作業があります。

それは塗装!

(え? どうせ内装パネルの内側に隠れるのに。なんで塗装しないといけないの?)

…という疑問はもっともですが、塗装するのは装飾のためではありません。

防水のためです!


…というわけで今回の記事は、『インナーバッフルを塗装して防水する理由、塗装する方法』をまとめます。

ぜひ参考にしてみてね。


スポンサーリンク

なぜインナーバッフルは水に濡れてしまうのか?

これは、車両ドア内装パネルを外してみると分かりやすいです。

例として、エブリィワゴンのドアパネルを外してみます。

洗車や雨水などが、外側の窓ガラスに当たると… ガラスをつたって車両ドアの鉄板内部に入ってきます。

車両ドア鉄板には、サービスホールという穴が開いています(写真右、上下の穴)

サービスホールとは… 点検・修理などで、手をいれたりする穴のこと


しかし、ドア鉄板部の内側は 防水シートがあるため、水が入ってくることはありません。

スピーカーの取付穴も、スピーカー・インナーバッフル自身が塞いでいるので、水が入ってくることはありません。

だがしかし!

スピーカーやインナーバッフルのドア鉄板部の内側に面しています。

つまり、インナーバッフルは水に濡れる可能性がある… ということです。


インナーバッフルの素材は、木材だから

インナーバッフルを自作する場合、その素材は木材になります。

その中でもDIY向きでオススメなのは、MDFです。


しかし… MDFの唯一のデメリットは、水に弱いことです。

木材であれば、水に弱いのは当たり前ですが… 特にMDFは弱いです。

このため、水に塗れる可能性がある「インナーバッフル」へ「MDF」を使うなら、防水処理が必要です。


インナーバッフルを防水する方法

特に難しいことはありません。

ホームセンターで入手できるラッカースプレーで、全面を塗装すればOKです。


防水専用の塗料を使ってもいいですが… 経験上、ラッカースプレーでも十分です。

以前に作ったインナーバッフルを5年ほど使いましたが、特に膨張や腐食は見られませんでした。

…まぁ、イザとなれば、作り直せばオッケー


塗装の色は何でもイイです。パネルの内側に隠れるので…


まとめ。自作インナーバッフルは、塗装を忘れずに。

…というわけで今回は、インナーバッフルの防水塗装についてまとめました。

塗装し忘れると、水でダメになる可能性があります。

インナーバッフルを自作できたら、必ず塗装してから取り付けましょう。


DIYでインナーバッフルを自作する場合は、コチラの記事も ぜひ読んでみてね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました