【シエンタ:トヨタ】フリップダウンモニター RSA10S-L-Sを取り付け! 天井カットは二段階右折!

クルマ
ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

今回は、シエンタにアルパインのフリップダウンモニターを取り付けました。

やっぱりミニバンに、リアモニターは必須ですねぇ… 特にファミリー層には。

 

遠出のドライブでも、リアモニターで「アンパンマン・ドラえもん」を流せば、子供は退屈しません!

今回の記事は、トヨタのシエンタへ、天井リアモニターRSA10S-L-Sを取り付けた内容です。

ぜひ参考にしてみてね。

 

スポンサーリンク

最初に、映像出力の有無を確認

モニターを購入する前に、まずはフロントのカーナビに映像出力が装備されているか確認しましょう。

この映像出力がないと、リアモニターへ映像を出力できません。

最近の社外カーナビであれば、ほぼ映像出力に対応しています。

映像出力にオプション配線が必要な場合があります。

 

純正カーナビの場合は、そもそも映像出力に対応していない場合も考えられます。

必ずチェックしておきましょう。

 

モニターとキット

取付したモニターとキットがコチラ!

モニター:RSA10S-L-S

 

取付キット:KTX-Y1703VG

シエンタにフリップダウンモニターを取り付けるための、専用キットです。これがないと取り付けできません。

取付キットは、車種・年式・型式によって異なるので、必ず適合表を確認してみてください

 

取付開始!

では、取り付けをしていきましょう。

フリップダウンモニターの取り付けで、一番大きな山となるのは、天井のカットですね。

取付キットKTX-Y1703VGに型紙が同梱されているので、その通りにやれば問題ないですが… 寿命が縮むで。

まずは、センター位置を出すためにマスキングテープでライン取りします。

IMG_4784

マスキングテープは色んな場面で活躍してくれます!

DIYにしろ何にしろ、作業の必需品ですね。

 

センターの位置取りができたら、型紙に合わせてカットする位置をマーキングします。

IMG_4785

不思議な形じゃないですか?

本来は外枠のみカットすれば良いのですが、内枠もカットするようになってます。

これは、外枠のカットラインの上に、配線があるみたいなんです。

なので、まず内枠をカットして、そこから手を入れて配線をずらしてから外枠をカットするんですね。

 

というわけで、内枠をカット!

IMG_4786

配線をずらしたら、外枠をカット!

IMG_4787

はぁ。寿命が縮みました。

カットが出来たら配線を通して、

IMG_4788

 

金具を取り付けて、

IMG_4789

 

モニターを取り付けたら完成!

IMG_4790

この後の写真撮り忘れましたが、ネジ穴を隠すためのシールを貼るのを忘れずに。

 

取付は無事終了

…というわけで、シエンタに天井モニターRSA10S-L-Sを取り付けた内容でした。

 

お盆やゴールデンウイークでの帰省など、天井リアモニターRSA10S-L-Sが大活躍してくれるでしょう!

オススメはしませんが、自分で取り付ける場合は、コチラの記事も参考にしてくださいね。

 

自分で取り付けるのが難しいと感じたら、無理をせずプロに依頼しましょう。

「持ち込みOK」で取り付けてくれる車屋さんを、インターネットからも探せます。

持ち込み取り付けは、グーピットがオススメ

取り付けを依頼するなら

ネットショップで購入したカー用品、 自分での取り付けは難しい場合もあります。

取り付けを依頼する アテ があるなら良いですが… 無い場合は、グーピットで探すとカンタンです。

全国から「持ち込みOK の取り付け店」を探せるし、概算見積りなども、無料で問い合わせできます。

おしまい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました