トヨタ:タンクにカーナビを取り付け。必要なオプションと手順をまとめます

カーナビ取付

 

ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

コンパクトなサイズながら、ゆったりとした車内空間で人気の トヨタ タンク。

今回は、このトンク タンク に社外カーナビを取り付けました。

取り付けたカーナビは、パナソニックのCN-RE05WDになります。

取り付け後の写真を撮り忘れたので、写真↓は別の車です。

ムーブにカーナビ

 

取り付け手順と必要なオプションをまとめてます。

ぜひ参考にしてみてね。

 

スポンサーリンク

取付キットを準備しよう

通常、カーナビを取り付ける際には、車種に適合した取り付けキットが必要です。

以下のY2447(エーモン)を準備しときましょう。

取付キットは、車種・年式によって異なります。

適合情報は、メーカーホームページで確認できます。

 

パネルを取り外そう

では、カーナビ部分のパネルを外しましょう。

 

まずはシフトノブを外しましょう。

シフトノブの根元部分のカバーを外して、固定されているピンを抜きます。

 

シフトノブが外れます。

 

オートエアコンの場合は、このままパネルを引っ張れば外せます。

マニュアルエアコンの場合は、ツマミの裏にネジが止まっているので外しましょう。

 

これで、パネルが外せます。

 

ピラーやグローブボックスも外しとく

地デジアンテナやGPSを配線するため、ピラーやグローブボックスも外しときましょう。

グローブボックスは、手前に引っ張るようにすると外れます。

 

自動ブレーキ部分のカバーは、フロントガラスに沿わせるようにして押すと外れます。

…ピラーは写真撮り忘れたゴメン。

ピラーは、リムーバーは突っ込んでツメを外して引っこ抜きましょう。

このリムーバー(↓)が使いやすいです。

 

ドラレコも一緒に取り付ける

ドラレコやETCを取り付ける場合は、カーナビと一緒に取り付けちゃいましょう。

後から取り付けると、パネルを外したり配線したりする作業が二度手間です。

 

今回は、ケンウッドのドラレコ(DRV-240)を一緒に取り付けました。

 

純正バックカメラが装備されている場合

タンクには、純正バックカメラが装着済みのグレードがあります。(ナビレディパッケージなど)

このバックカメラは、変換配線を使うことで、社外カーナビでも流用できます。

 

パノラミックビューの場合

前後左右のカメラを使って、上から見たように映る「パノラミックビュー」の場合は、「RCA085T / データシステム」を準備しましょう。

車種・年式によって適合が異なります。

適合情報は、メーカーホームページで確認できます

 

バックカメラのみの場合

後方のみが映るバックカメラの場合は、「RCA026T / データシステム」を準備しときましょう。

車種・年式によって適合が異なります。

適合情報は、メーカーホームページで確認できます

 

余剰配線の処理

全ての配線が終わったら、余った部分をまとめましょう。

車両の既存配線に沿わせて、結束バンドで固定します。

今回は、グローブボックス裏にまとめました。

グローブボックスを元に戻して、開閉に支障がないか確認しましょう。

 

カーナビを取り付けて、動作に問題なければ完成!

取り付けてホッとしたら、完成写真を撮り忘れました… すまねぇ…

カーナビを取り付けたら、動作確認をしときましょう。

問題が無ければ、取り付けは終わりです。やれやれ。

 

…というわけで、今回の内容はおしまいです。

もし、自分での取り付けが難しいと感じたら、無理をせずプロに依頼しましょう。

「持ち込みOK」で取り付けてくれる車屋さんを、インターネットからも探せます。

持ち込み取り付けは、グーピットがオススメ

取り付けを依頼するなら

ネットショップで購入したカー用品、 自分での取り付けは難しい場合もあります。

取り付けを依頼する アテ があるなら良いですが… 無い場合は、グーピットで探すとカンタンです。

全国から「持ち込みOK の取り付け店」を探せるし、概算見積りなども、無料で問い合わせできます。

カーナビ取付
スポンサーリンク
ケロケロをフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
DIYでプチカスタム

コメント

タイトルとURLをコピーしました