DIYで、Aピラーにスピーカーを埋め込む。パテ盛りとビニールレザーでカスタムしたよ

DIYで、Aピラーにスピーカーを埋め込む。パテ盛りとビニールレザーでカスタムしたよ 内装カスタム
ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

 

車の内装カスタムで、定番の1つに… 「Aピラーにツイーターを埋め込む」というスタイルがありますよね。

私も、Aピラーをカスタムしてみたい! … と思ったんですけど、ツイーターは既に別の場所に埋め込んでいるんです。

正式名称は分かりませんが、ドアの三角コーナーに。

DIYで ツイーターを埋め込み:ピラーも良いけど、三角コーナーへ。内装への自作
内装のワンオフと言えば定番とも言える、「ツイーターの埋め込み」 以前にアウターバッフルを作成したのですが、その勢いで今度はこのツイーターの加工に挑戦します! どこに埋め込むかと言うと、これまた定番なのがピラーですね。...

 

… なので、普通のスピーカーを埋め込んでみました! こんな感じで。

ピラーにスピーカーを埋め込む

スピーカーは、単に 見た目だけで取り付けております。音は出ません。ダミーです。

…というわけで今回は、Aピラーを自分でカスタムして、スピーカーを取り付けた内容について、お送りします。

作成方法や失敗した部分をまとめますね。

 

今回は普通のスピーカーを埋め込んでますが、ツイーター埋め込みの参考にもなる… ハズです。

それでは、はりきってどうぞ!

 

スポンサーリンク

スピーカーを準備しよう

埋め込むための、スピーカーを準備しましょう。

今回は ダミースピーカーなので、音が出るかどうかは関係ありません。

ハードオフで見つけてきました。

 

スピーカーのバッフルを作ろう

スピーカーを固定するための、バッフルを作ります。土台のようなモノです。

バッフルの材料は、MDFです。 ホームセンターでも入手できます。

バッフル作り

 

MDFを綺麗な円にくり抜くには、自由錐を使うと便利です。 電動ドリルに取り付けて使います。

ツイーターを取り付ける場合など、直径が小さい場合には、不向きかもしれません

 

バッフルの厚さを調節

ちょうどいい厚さのMDFが無かったので、調節するために 2枚重ねにします。

バッフルの厚さを調整

木工ボンドを塗って…

 

クランプで固定して、しばらく置いておきましょう。

 

木工ボンドとクランプは、100円均一(ダイソー)でも入手できます。

 

スピーカーの位置決め

スピーカーバッフルが完成したら、スピーカーの位置を決めましょう。

Aピラーの取り付け位置に穴を開けて、車にあてがってみます。

スピーカー位置

… なんか、

ケロケロ
ケロケロ

思ってたより だいぶでかい

しかしもう、後戻りはできません。 ピラーに穴を開けちゃったからね。

ちなみに、ツイーターの場合、位置決めは重要です。 音質に関わりますからね。

DIYで ツイーターを埋め込み:ピラーも良いけど、三角コーナーへ。内装への自作
内装のワンオフと言えば定番とも言える、「ツイーターの埋め込み」 以前にアウターバッフルを作成したのですが、その勢いで今度はこのツイーターの加工に挑戦します! どこに埋め込むかと言うと、これまた定番なのがピラーですね。...

 

今回はダミースピーカーなので、位置は適当でいいです。

 

パテを盛って、一体感を出す

それでは、バッフルとAピラーに一体感を出すため、パテを盛ってカスタムしていきましょう。

パテについては、コチラの記事もどうぞ。

DIY で 車の内装をワンオフするなら、この2つのパテが絶対オススメ!
こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY) 車の内装をカスタムしてみたい! でも・・・どんなパテを使っていいか分からない! 今回は、そんな疑問にお答えしましょう! 私が実際に使用しているパテを紹介し...

 

まずは、下準備をします。

 

割り箸を使って、おおまかな形づくり

割り箸とグルーガンを使って、骨組みを作ります。

グルーガンは、熱でボンドを溶かして、冷めると固まります。

色々なモノをカンタンに固定できるので、重宝しますよ。

割り箸とホットボンドで骨組み

 

これで骨組みはOKです。 パテを盛って、整形していきましょう。

 

ファイバーパテを盛る

最初に、ファイバーパテを盛ります。

ファイバーパテは厚盛りができるので、最初の形づくりに最適です。

ファイバーパテを盛る

写真で使っていたパテが見つかりませんが、このファイバーパテもオススメです。

 

盛って・削ってを繰り返して、整形していきましょう。

ファイバーパテは、あくまで「最初の形づくり」が目的なので、盛りすぎないように。 削るのが大変です。

 

続いて、ポリパテで仕上げていきます。

 

ポリパテで、仕上げの形づくり

ポリパテを盛っていきます。

厚盛りはできませんが、乾燥した後の削り加工がしやすく、仕上げに最適のパテです。

ポリパテ

 

ちなみに、ポリパテは「ポリラック」超絶オススメです。(写真のパテとは違います)

ポリラック KA2色 1Kgセット
中部化研工業(株)
¥ 2,136(2018/10/28 16:32時点)

 

盛りやすい・削りやすい… と、とにかく使いやすいパテです。

私自身、いろいろなポリパテを使いましたが、このポリラックがダントツです。

 

盛って・削って… を繰り返して、形を整えていく

後は、単純作業の繰り返しです。

盛って・削って、少しずつ一体感を出していきます。

ポリパテで整形

 

ある程度 形ができたら、車に取り付けて完成形を想像してみましょう。

IMG_3329

…良い感じになってきました。

 

仕上げはビニールレザーで

こういったカスタムの仕上げには、大きく分けて 2通りあります。

  1. 生地を貼り付ける(ビニールレザーなど)
  2. 塗装する

 

今回 私が選んだのは、「1.生地を貼り付ける」ですが… これが失敗の元でした。

カスタム当時は気づいていないので、このまま話を進めましょう。

 

使用したビニールレザーは、伸縮性の高いモノを選びました。

関連サイト ビニールレザー 伸縮タイプ | RESTA

 

ドライヤーなどで熱を加えると、若干伸び縮みします。 ある程度 湾曲した部分でも貼り付けることができるんです。

サンプル生地を取り寄せることもできるので、色選びに失敗しにくいですよ。

 

スプレーボンドを 吹き付ける

では、Aピラーにビニールレザーを貼り付けていきましょう。

まずは両方に、スプレーボンドを吹き付けます。

スプレーボンドを吹き付ける

 

ここからはもう… 闘いです。

ドライヤーで温めながら、ビニールレザーを伸ばしつつも、シワにならないように貼り付けていきます。

… 必死なので、途中の写真はありません。メンゴメンゴ。

 

貼り付け完了

そうして、出来上がったのがコチラです。

ビニールレザー貼り付け完了

綺麗にできたー!

… って思うでしょ。

 

写真じゃ分かりにくいですが、スピーカー部分に若干シワが入りました。失敗。

ドアを閉めれば見えない部分ですけど… ちょっと難しかったですね。

 

それ以外の部分は、ビニールレザーが伸縮してくれたので、シワ無く貼れることができましたよ。

 

今回はビニールレザーで仕上げましたが、塗装仕上げの方が良かったかもしれません。

ただ、塗装の場合は表面の仕上げがダイレクトに反映されるので、かなりシビアなパテ仕上げが要求されます。

ちょっとでも穴や凹みがあると、塗装することで目立ってしまうんです。

その点、ビニールレザーで仕上げると、多少の穴や凹みは分からなくなります。(湾曲した部分は弱いけどね…)

 

どちらの仕上げ方法を選ぶかは、ケースバイケースです。

ケロケロ
ケロケロ

個人的には、ビニールレザーがオススメです

 

完成したAピラーを、車に取り付けてみる

スピーカーを固定して、車に取り付けてみました。

今回はダミースピーカーなので、配線は必要ありません。楽ちん。

スピーカーを固定して、車に取り付け

 

問題なさそうです。

ただ、このままだとスピーカー周りの見た目が寂しいので、装飾用のグリルを作ってみます。

 

装飾用のグリルを作成

先に紹介した自由錐を使って…、スピーカーの大きさを切り抜きます。

 

それをシルバーで塗装すれば…

装飾グリルを作成

見た目がワンポイント変わりましたね!

夜だから、写真が見にくくてゴメンね!

 

完成! Aピラーにスピーカー埋め込みカスタム!

以上の作業で、カスタムが完成しました。

運転席側

 

外から見ると、こんな感じ。

IMG_3510

コレを作ったからと言って、何も得しませんが… すっげぇ楽しかったよ!

興味がある人は、ぜひ試してみてね。(自己責任だけど…)

ケロケロ
ケロケロ

おしまい!

 

こちらの記事もオススメです。
車の内装をDIY カスタム! まとめ。 アウターバッフル・ツイーター・サブウーハー
アウターバッフル・ツイーター、サブウーハーの埋め込み。 内装のカスタムをDIYでやってみたい人へ、この記事をどうぞ!実際にやってみた内容をまとめました。

コメント