『シガーソケット、使用中?』 ドラレコやレーダーが追加できる 3つ の解決策。 シガーソケットがいっぱいでも大丈夫だよ

シェアしてもらえると嬉しいです!

もしもの時の「ドラレコ」や、ネズミ捕りに引っかかりたくない時の「レーダー」を追加したい時、困ったことはありませんか?

電源はシガーからとるので、差し込もうと思ったら、

『あ、既にシガー電源使ってるやん…』

そう、別の電装品を使っているので、新たにシガー電源が刺せないのです。

これを解決できる方法は… … … 3つ!

3つの解決策
  1. シガーソケットに分配器を使う
  2. メーカー提供の直接電源配線を使う
  3. シガーソケット(メス)を使って、直電源をとる

それぞれの方法について メリットデメリット をまとめてみるよ。 それでは、本編スタート!

スポンサーリンク

1.シガーソケットに分配器を使う

これが1番カンタンな方法です。

通常、シガーソケットは1つしかありませんが、分配器を用いることで2〜3個追加できます。

例えば こんなヤツ…

技術を必要とせず、誰でも取り付けることができます。

メリット

  • 取付に特別な技術がいらない。 シガーに刺すだけ
  • ネットショップ / カーショップで直ぐに見つかる
  • セパレートタイプが多いので、ボックスを好きな場所に貼り付けられる

デメリット

  • シガー配線が増えるので、乱雑になりやすい

2.メーカー提供の直接配線を準備する

ドラレコやレーダーを提供しているメーカーから、オプション製品として「直接電源がとれる配線」が提供されています。

これは、シガーから電源をとるのではなく、車両配線から直接「ACC」 (機種によってはバックアップも) 「アース」に接続するんです。

例えば、ケンウッドのドラレコ新モデル「DRV-630」には、シガー電源が同梱されていますが、オプションとして「CA-DR150」があるよ。

これを使うことで、シガーソケットを必要とせず、配線もダッシュボードの裏などに隠せます。

ケンウッドのドラレコについては、別記事にまとめてるので、コチラもぜひどうぞ!
ドラレコ市場でも人気の高いケンウッド。 今回は3モデルの特徴についてまとめてみたよ! スタンダードからリア充モデル、長時間録画対応まで、色んなラインアップが揃ってます。 ぜひ、読んでみてね!

メリット

  • シガーソケットを使わない
  • 配線を裏に隠せる
  • 追加機能を使えるようになる(機種による)

デメリット

  • 取付に技術が必要
  • 機種により、必要な配線が異なる
  • 追加オプションになるので、その分コストになる

3.シガーソケット(メス)を使って、直電源をとる

「2.メーカー提供の直接配線を準備する」では、配線自体を変えましたが、この方法は既存のシガー電源を使いつつ、直接配線に変換します。

それを可能にするのがコチラのアイテム。

シガーソケットを挿した先が配線になっているので、車両配線から ACCアースをとります。

これは、シガーから配線に直接変えるので、どの機種でも使えます。

メリット

  • シガーソケットを使わない
  • 配線を裏に隠せる
  • どの機種でも汎用的に使える
  • ネットショップ / カーショップで直ぐに見つかる

デメリット

  • 取付に技術が必要
  • 追加配線になるので、その分コストになる

今回のまとめ

という訳で今回は、シガー電源を使えない場合の解決策について、3つの方法をまとめてみました。

では、その内容をカンタンにプレイバック!

解決策を3つ
  1. シガーソケットに分配器を使う
  2. メーカー提供の直接配線を準備する
  3. シガーソケット(メス)を使って、直電源をとる

最もカンタンな方法は「1」ですが、配線が乱雑になりがちです。

気になる人は、「2」 or 「3」 がオススメ!

どちらも取り付け技術が必要になりますが、配線を隠せるので見た目がキレイです。

「2」なら追加機能が使える場合もありますし、「3」なら機種の適合を気にする必要はありません。

お好みで検討してみてね。

オートバックスのネットショップなら、WEBから 注文 ・ 店舗受け取り ・ 取り付けまで 注文できるよ!

自分で取り付けはできないけど、直接電源をとる「2」 or 「3」 の取り付けを検討している人は、オートバックスをチェック!

オートバックス をチェックする

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

お気軽にフォローしてね!

Facebook
この記事をお届けした
DIYでプチカスタムの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ