ドラレコ・レーダーの電源接続で、シガー電源を塞がないようにする方法

クルマ
ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

 

万が一の映像を記録してくれるドライブレコーダー…

そして、お上の縄張りを回避(してくれるかもしれない)レーダー。

 

これらの電装品を取り付ける場合… 電源は、どこに接続するか知っていますか?

そう… シガー電源なのです。

 

シガー電源は、どの車でも装備されています。

差し込むだけでOKなので、取り付け自体はカンタンですが… 以下のようなデメリットがあります。

  • 配線が露出して、ゴチャゴチャになる
  • シガー電源接続する他の電装品が使えなくなる

 

そこで今回の記事は、「ドラレコ・レーダー取り付けの際に、シガー電源を塞がないようにする方法」についてまとめます。

ぜひ参考にしてみてね。

 

スポンサーリンク

1.シガー電源の分岐ソケットを使う

1番カンタンなのは、シガー電源の分岐ソケットを使うことです。

例えば、以下のような製品があります。

 

シガー電源から配線を延長した、2口のシガー電源を増設できます。

ただし… シガー電源を塞がないようにはできますが、若干 配線が露出してしまいます。

 

2. シガー電源を直接電源に変換する

シガー電源を、車両配線に直接接続するための変換ソケットがあります。

 

これを使うと、配線を車両パネルの裏に隠せるのでスッキリします。

以前に私がドラレコを取り付けた時も、このシガー電源を変換しました。

 

先に紹介した分岐ソケットと、ほぼ同じ価格帯ですが… 自分で取り付ける場合には、ハードルが上がります。

 

3.メーカー専用の直接配線を使う

先ほど紹介した方法は、シガー電源を変換する方法でしが、ここで紹介するのは「メーカー専用の直接配線」です。

この方法を使うと、電源を車両から直接接続できるだけではなく、「駐車監視機能」といったオプション機能を使うことも可能になります。

例として、以前に取り付けしたドラレコ「ZDR-022(コムテック)」の場合で考えてみます。

 

コムテックでは、このZDR-022に対して、2種類の直接電源配線がラインアップされています。

  1. ZR-01(直接電源配線)
  2. HDROP-09(駐車監視機能付き)

 

直接電源を接続するだけなら、ZR-01がピッタリです。

配線が露出せず、スッキリした見た目になります。

 

直接電源に加えて、駐車監視機能を使いたい場合は、HDROP-09を準備しましょう。

駐車監視機能が使えるかどうかは、ドラレコの仕様によります。

ここで紹介しているZDR-022は、駐車監視機能に対応しています。

 

この方法も… 配線はスッキリしますが、取り付けのハードルは上がります。

 

シガー電源を塞がない方法の選び方

1番カンタンな方法は、分岐ソケットを使って、シガー電源を増設する方法です。

ただし、配線が露出してしまいます。

配線をスッキリ隠すなら、シガー電源を変換するソケットを準備しましょう。

加えて、オプション機能(駐車監視など)を使いたい場合は、メーカー専用の直接配線を使うのがオススメです。

 

取り付けに関して… ドラレコ・レーダーの取り付けは、カーナビに比べれば簡単です。

しかし、車両から電源を接続するような場合には、そのハードルは上がります。

 

難しいと感じた場合は、無理をせず近くの車屋さんに依頼しましょう。

グーピットなら、WEBから全国の車屋さんを探せます。

問い合わせ無料なので、気軽に相談してみましょう。

 

では…楽しいカーライフを。

ケロケロ
ケロケロ

おしまい

クルマ
スポンサーリンク
ケロケロをフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
DIYでプチカスタム

コメント

タイトルとURLをコピーしました