ライズ(トヨタ)へ、ドラレコを取り付け。配線を露出させない方法など、オプション配線もまとめます。

カーナビ取付
ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

トヨタのコンパクトSUV、ライズ。

今回は、このライズへ ドライブレコーダーHDR103(コムテック)を取り付けました。


この記事では、ライズへドラレコを取り付けた方法と、便利なオプション配線についてまとめます。

ぜひ参考にしてみてね。


スポンサーリンク

ドラレコの電源を露出させない方法

ドラレコの電源は、通常シガー電源です。↓イメージ画像。

差し込むだけで使えるのはメリットですが、配線が露出してしまいます。

露出させたくない場合は、ソケット電源を使うコトで、ACC(アクセサリー電源)・アースの直接電源に変換できます。

↓イメージ画像


取り付けるのが ちょっと大変になりますが、カーナビと一緒に取り付けるなら、ついでにカーナビ裏で電源を接続できます。

今回も、カーナビと一緒に取り付けました。

詳しくは、コチラ↓の記事にまとめてあります。ぜひ見てね。


駐車監視機能も使えます

ドラレコHDR103駐車監視機能が使えます。

ただし、この駐車監視機能を使うには、オプション配線HDROP-14が必要です。

HDROP-14を使うなら、ソケット電源は必要ありません。


ドラレコの配線をする

ドラレコの電源配線は、Aピラー裏を通して…


グローブボックス裏で、余剰配線をまとめておきます。

結束バンドを使って、車両配線に固定します。

ソケット電源でシガー電源を変換した場合、シガー部分が それなりに大きいです。

配線を固定する場合は、グローブボックスの開閉に干渉しないように注意です。

※今回は、写真右上にまとめています。


ドラレコを貼り付ける

今回は、この位置へドラレコを貼り付けました。

ドラレコを貼り付ける場合は、以下のポイントに注意です。

  • フロントガラスの上部20%以内
  • ワイパーの可動範囲内


エンジンをかけて、動作確認します。

ドラレコが起動して、映像が確認できればOKです。

今回取り付けたドラレコHDR103は、機能と価格のバランスが良い コスパの高いモデルです。


ドラレコを検討中なら、コチラの記事も見てね。


これで、ライズのドラレコ取り付けはオシマイです。

自分で取り付ける場合には、ぜひ参考にしてみてください。

もし、自分での取り付けが難しいと感じたら、無理をせずプロに依頼しましょう。

「持ち込みOK」で取り付けてくれる車屋さんを、グーピットからも探せます。

持ち込み取り付けは、グーピットがオススメ

取り付けを依頼するなら

ネットショップで購入したカー用品、 自分での取り付けは難しい場合もあります。

取り付けを依頼する アテ があるなら良いですが… 無い場合は、グーピットで探すとカンタンです。

全国から「持ち込みOK の取り付け店」を探せるし、概算見積りなども、無料で問い合わせできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました