エブリィたんのリフトアップに、車高調キットVSUA6-G1BS2 TEIN へ交換したので、バネだけの比較と乗り心地をレビュー

クルマ
ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

これまで、我が家のエブリィたんをバネだけで交換する3.5cmリフトアップ(いわゆるチョイ上げ)をしておりましたが…

諸事情により、リフトアップ用車高調キット(VSUA6-G1BS2 TEIN)に交換しました。

交換した理由は、こちら↓に詳しくまとめております。参考にどうぞ。

…というわけで今回は、以下の内容をまとめます。

  • バネだけ交換で、チョイ上げリフトアップする方法
  • 車高調キットで、チョイ上げリフトアップする方法
  • バネだけ交換と、車高調キットを乗り比べたレビュー

ぜひ参考にしてみてね。

スポンサーリンク

バネだけ交換で、チョイ上げリフトアップする方法

エブリィたんをチョイ上げリフトアップする場合、最も手軽なのはバネだけ交換する方法です。

下の写真は外した状態ですが…

らせん状のコイルスプリングが、リフトアップ用のバネで、コイルスプリングを支えているのが純正のショックアブソーバーです。

コイルスプリング(バネ)とショックアブソーバーの違いは、簡単にまとめると、こんな感じです。

  • コイルスプリング… 路面のデコボコによる衝撃を吸収
  • ショックアブソーバー… バネが吸収した衝撃を抑制して、車の揺れを元に戻す。もし地ショックアブソーバーが無いと、車がいつまでも揺れた状態になる。

チョイ上げリフトアップ用のコイルスプリングは、純正よりも大きいバネを入れることで車高を上げるわけですな。

この場合、ショックアブソーバーも純正のバネより上下に引き延ばされた状態になりますが、可動範囲なので問題はありません。

だがしかし!

可動範囲とはいえ、常に引き延ばされた状態なので負荷はかかります。

例えば、純正コイルスプリング + 純正ショックアブソーバーが、スニーカーを履いた状態とすれば…

リフトアップコイルスプリング + 純正ショックアブソーバーは、常にハイヒールを履いた状態と言えるでしょう。

つまり、普通に歩けるけど、足に負担がかかった状態… と言えますね。

私はハイヒール履いたことないんですけど、

ケロケロ
ケロケロ

ハイヒールは、履くより踏まれる方が好きですね

ウサピョン
ウサピョン

いや聞いてねえわ

つまり…

コイルスプリングだけ交換するチョイ上げリフトアップは、コスト面でもお手軽ですが、ショックアブソーバーの負担が大きくなります。

これは乗り心地にも大きな影響があります。

乗り心地に関するレビューは、後でまとめます。

コイルスプリングでチョイ上げリフトアップした方法は、別記事に詳しくまとめております。ぜひ参考にどうぞ。

車高調キットで、チョイ上げリフトアップする方法

車高調キットは、コイルスプリングとショックアブソーバーが一体になった交換パーツです。

スプリング + 純正ショックアブソーバーの組み合わせと違って、

リフトアップ用のショックアブソーバーなので、無理な負荷は掛かりません。

ただし、スプリング + ショックアブソーバーの交換になるので、スプリングのみの交換と違って、パーツ代が倍以上します。

…とはいえ、ショックアブソーバーに無理な負担は無いので、乗り心地は良いです。

「バネだけ」「車高調キット」を簡単に比較してみると…

  • バネだけ… 価格も(比較的)安く、お手軽。ただし、純正ショックアブソーバーに負担が掛かる
  • 車高調キット… バネとショックアブソーバーを一緒に変えるので、いわば足回りがリフトアップ専用になる。価格は高いが余計な負荷もなく、乗り心地も良い

バネだけ交換と、車高調キットを乗り比べたレビュー

これはもう、明らかに車高調キットの方が乗り心地が良いです。

その理由は、やはりショックアブソーバーです。

では、具体的にまとめます。

バネだけ交換の場合

バネだけ交換した場合、ショックアブソーバーが引き延ばされた状態になるので、上下の可動域が狭くなります。

つまり、ハイヒールを履いた状態になるわけですな。

ハイヒールを履いた状態で、走ったり飛んだりしようとすると、かなり負担が大きいと思います。

バネだけ交換した状態で、実際に走行してみると、以下のような乗り心地になります。

  • 純正に比べて、足回りがかなり固くなる
  • 路面のデコボコの衝撃がキツクなる。ショックアブソーバーの可動域が狭くなり、衝撃を吸収しきれなくなるため

普通に走行するには全く問題ないですが、「乗り心地」という面では、明らかに悪くなります。

車高調キット交換の場合

やっぱり「バネだけ交換」と比較してみると、明らかに乗り心地が良いです。

バネとショックアブソーバーをリフトアップ専用に交換してるからですね。

イメージですが、路面をちゃんと掴んで走っている印象を受けます。

「バネだけ交換」の時は、大きめの段差を走ると、「ドン!」という衝撃がありましたが、車高調キットの場合は、かなり緩和されます。

通り慣れた道を走行すると、違いがハッキリ分かります。

また、車高調キットの場合、減衰力の調整もできます。

減衰力とは、簡単に言えば足回りの固さ調整です。柔らかくすることもできれば、固くすることもできます。

お好みで調整できるわけですな。

…というわけで「バネだけ交換」から「車高調キット」に交換してみましたが、交換して本当に良かったです。

価格面・乗り心地などで一長一短ありますが、予算が許すなら車高調キットの方がオススメです。

興味があれば、ぜひぜひ検討してみてください。

クルマ
スポンサーリンク
ケロケロをフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
DIYでプチカスタム

コメント

タイトルとURLをコピーしました