ドラレコの衝撃検知がウルサイなら、Gセンサーの感度を下げてみたら?

クルマ
ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

運転中の万が一の事故や、あおり運転対策に役立ってくれるドライブレコーダー。

ドラレコ


特に事故の時に役立ってくれるのが、Gセンサーによるイベント録画です。

説明しよう! Gセンサーとは… 車に対する過度な衝撃(G)を検知するセンサーなのだっ!エロい言葉じゃないよ。

ドラレコがGセンサーによる衝撃を検知すると、録画映像の上書き防ぐため、専用のフォルダへ映像を記録するよ(イベント録画)


…そう、過度な衝撃を検知するGセンサーですが、「状況によっては頻繁に検知する」場合もあります。

例えば、こんな状況
  • 工事中などで、道路状況が悪い
  • 箱バンなど、段差による突き上げが大きい車種の場合

検知するだけならまだしも、ドラレコのモデルよっては「ビビッ♪」とか音が鳴ります。

頻繁に鳴るとウルサイです。


だがしかし!

Gセンサーの感度は、調整できます。

ケロケロ
ケロケロ

Gセンサー感度は、調整できます!

ウサピョン
ウサピョン

なんで2回言うん?

…というわけで今回の記事は、いくつかのドラレコを例に出して、「Gセンサーの調整方法」をまとめます。

ぜひ参考にしみてね。

スポンサーリンク

HDR103(コムテック)の場合

例えば、スタンダードなコムテックのドラレコ HDR103 の場合は、以下の手順でGセンサーを調整できます。

  1. ドラレコ液晶下の[メニュー/戻る]ボタンを長押し、メインメニューを表示
  2. [機能設定]を選ぶ
  3. [Gセンサー]で、調整する

HDR103の場合、前後 / 左右 / 上下 で、それぞれ独立して調整できます。

数値をあげるほど、感度が鈍感になります。

今回のように、頻繁にGセンサーが衝撃を検知する場合は、数値をあげて調整すると良いです。

コムテックのホームページから、取扱説明書も確認できます。


DRV-W650(ケンウッド)の場合

無線LANを搭載しており、Wi-Fi通信でスマホで閲覧、ダウンロードできるドラレコが DRV-W650 です。

Gセンサーを調整する方法はコチラ。

  1. 液晶横の、[メニュー]ボタンを押して、メニュー画面を表示
  2. [録画設定] – [イベント感度設定]で調整する

DRV-W650では、「低」にするほどGセンサーが鈍感になります。

詳しい内容は、ケンウッドのホームページで確認できます。


DRV-340(ケンウッド)の場合

DRV-340は、GPSを搭載しており、PC上で専用ビューワを使えば、地図上で現在地や走行履歴も確認できます。

Gセンサーを調整する方法はコチラ。

  1. 液晶横の[電源ボタン]を押して、メニュー画面を表示
  2. [録画設定] – [衝撃検知感度設定]で調整する

 DRV-340では、「低」にするほどGセンサーが鈍感になります。

詳しい内容は、ケンウッドのホームページで確認できます。

 

ZDR-015(コムテック)の場合

ZDR-015は、前後のドラレコがセットになった2カメラモデルで、後方の映像も記録できます。

Gセンサーを調整する方法はコチラ。

  1. 液晶下の[メニュー/戻る]ボタンを長押し、メインメニューを表示
  2. [機能設定] – [Gセンサー] で調整する

ZDR-015の場合、前後 / 左右 / 上下 で、それぞれ独立して調整できます。

数値をあげるほど、感度が鈍感になります。

今回のように、頻繁にGセンサーが衝撃を検知する場合は、数値をあげて調整すると良いです。

詳しい内容は、コムテックのホームページで、取扱説明書を確認できます。

 

まとめ。Gセンサーは調整できます

普通に運転しているのに、あまりにも衝撃検知が多いなら、Gセンサーの感度を下げると良いですね。

今回まとめたドラレコについては、以下の記事にもまとめてます。

ぜひ読んでみてね。

ケロケロ
ケロケロ

おしまい

クルマ
スポンサーリンク
ケロケロをフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
DIYでプチカスタム

コメント

タイトルとURLをコピーしました