車の乗り換えで、ドラレコを移設して付け替える場合の注意点をまとめます

クルマ
ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

運転中、事故に巻き込まれた時の映像や、あおり運転対策に役立ってくれるドライブレコーダー。

そんなドライブレコーダーですが… 車を乗り換える時には、改めて買い替えますか?


もちろん、新しいドラレコを取り付けるのは全く問題ないですが… もったいなくね?

特に、ある程度 機能にこだわったドラレコを取り付けているなら、なおさらです。

そんな時は、ドラレコを取り外して、新しい車に移設すればイイんです。

…とはいえ、いくつか注意しておくことがあります。


この記事では、ドラレコを移設する際の注意点をまとめました。

ぜひ参考にしてみてね。


スポンサーリンク

フロントガラスから外す時は慎重に

両面テープで貼り付けてある場合は、かなり強力に貼り付けられているハズです。脱落防止のために。


フロントガラスとドラレコの接着面のスキマに、リムーバーを突っ込んで、グイグイやれば外れますが…


まずは、ドライヤーなどを使って 接着面をしっかり温めてやると良いです。

温めると、以下のメリットがあります。

  • 両面テープが温まることで、柔軟性が出て、スキマにリムーバーを突っ込みやすくなる。
  • ドラレコの取り付け部分のプラスチックが、温まることで若干柔軟性が生まれる。破損を防ぐ。


外す時は、じっくり時間をかけて、少しずつ外すようにします。

無理に力を加えると、ドラレコの取り付け部分が破損する可能性があります。

ドライヤー等でしっかり温めてやると、破損する可能性が低くなります。


両面テープの付け替え

ドラレコが外れたら、両面テープを剥がし、脱脂クリーナーなどを使って、脱脂しておきます。


新たに貼り付ける両面テープは、市販のモノでOKです。

ドラレコの貼り付け面の形に切って、貼り付けます。


ちなみに、吸盤タイプのドラレコであれば、両面テープの貼り替えなどは考慮しなくてイイですが…

個人的に、吸盤タイプはオススメしません。

その理由はコチラ↓


配線を買い替えるのは、ありかも。

最近のドラレコだと、駐車監視機能が搭載されたモデルもあります。

説明しよう! 駐車監視機能とは… 車が停車中の場合でも、衝撃などを検知した場合にドラレコが映像を録画する機能のことなのだっ!


駐車監視機能を使うには、新たに専用の配線が必要になります。

例えば… 前後2カメラモデルのドラレコ ZDR-015の場合、駐車監視専用のオプション配線 HDROP-09 が必要になります。


ドラレコの移設となると、配線をし直す必要があるので、駐車監視用の配線に交換するのはアリですね。


SDカードをついでにフォーマット

SDカードは、定期的にフォーマットしておかないと、映像が記録できなくなる可能性があります。

移設のタイミングで、フォーマットしておくとイイです。

説明しよう! フォーマットとは… SDカードの中のファイルなどを全て消去して、キレイにすることなのだっ!

ドラレコの設定でフォーマットできる場合もあるし、フォーマット設定が無いドラレコは、PC上でフォーマットできるよ。


車を乗り換えるなら、これを機にフォーマットしておくとイイですね。


外したドラレコの取り付け

以下の準備ができれば、新しい車へドラレコを取り付けます。

  • 両面テープの貼り替え
  • 配線の準備
  • SDカードのフォーマット or 交換


ドラレコの取り付けについては、コチラの記事も参考にどうぞ。

ケロケロ
ケロケロ

おしまい

クルマ
スポンサーリンク
ケロケロをフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
DIYでプチカスタム

コメント

タイトルとURLをコピーしました