キャラバン(日産)にカーナビを取り付け。方法とやり方、必要なオプション部品をまとめます

カーナビ取付
ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

日産キャラバン。

仕事でもプライベートでも、何にでも使えるワンボックスカーですね。

今回は、このキャラバンへカーナビ CN-RE05WD(パナソニック) を取り付けました。

キャラバンにカーナビ取り付け

 

…というわけで今回の記事は、キャラバンへカーナビ CN-RE05WD を取り付けるための情報や、必要なオプション部品をまとめてます。

自分で取り付けてみたい人は、ぜひ参考にしてみてね。

 

スポンサーリンク

取付キットを準備しとこう

カーナビを取り付ける場合、車種に適合した取り付けキットが必要です。

KJ-N22DE(カロッツェリア)を準備しときましょう。

電源ハーネス・車速カプラーなど、取り付けに必要な部品が一式揃っています。

取付キットは、車種・年式によって異なります。

適合情報は、メーカーホームページで確認できます。

 

パネルの取り外し

まずは運転席下のカバーを外します。

横のパネルを外して…

キャラバンのサイドパネルを外す

 

運転席下カバーの左下辺りに、特殊ネジで固定されています。

このネジをトルクスドライバーで外したら、パネルを外します。

キャラバンの運転席下パネルを外す

 

本来であれば、センターコンソールグローブボックスも外すべきですが… メンドクサイ 効率を重視するため、今回は外さずに作業します。

 

メーターの取り外し

(写真がブレブレで申し訳ないですが…)メーターも取り外します。

キャラバンのメーターを外す

メーターは、まずはパネルを外して、上中のネジ・下段左右のネジを外すことで取り外せます。

本来であれば、外す必要のない場所ですが… メーター裏はスペースが十分なので、余剰配線をまとめるのに ぴったんこカンカンなんです。

センターコンソール・グローブボックスを外さなかったのは、このためです。

地デジアンテナ配線は、運転席側に回してメーター裏を通してやると、作業が楽になります。私の場合はね。

 

カーナビパネルの取り外し

カーナビパネルは、スキマが少なくて外すのが難しいです。

キャラバンのカーナビパネルを外す

 

パネルと目隠しパネルのスキマに、L字型のピックツールを引っ掛けて引っ張ると、外せます。傷を入れないように注意です。

キャラバンのカーナビパネルを外したところ

 

配線の接続

この作業の写真撮り忘れました。メンゴ…メンゴ…

地デジアンテナは、運転席側のAピラーを通して、メーター裏からカーナビ裏まで配線しましょう。↓イメージ画像

キャラバンのメーター裏からカーナビ裏まで配線

余剰配線はメーター裏に十分なスペースがあるので、隠せます。

結束バンドを使って、車両の既存配線にまとめればOK!

 

GPSアンテナは、助手席側ダッシュボードの上に貼り付けます。

配線は、ダッシュボード裏から ナビ裏まで配線します。↓イメージ画像

ダッシュボード裏を配線

配線ガイドを使うと、楽に配線できます。

 

今回取り付けたキャラバンは、助手席にエアバッグがないグレードだったので、特に気にしませんでしたが…

この方法でGPSを配線する場合は、エアバッグに干渉しないようにエアバッグの裏側を通しましょう。

不安な場合は、やはりセンターコンソール・グローブボックスを外して配線する方が良いです。ケースバイケースですな。

 

後は、CN-RE05WDの電源・車速などの配線を、KJ-N22DE同梱の配線と接続して、車両配線に接続しておきます。

 

アラウンドビューが装備されている場合

通常はバックミラーで確認できるアラウンドビューの映像ですが、変換配線を使えばカーナビにも映せます。

 

バック時のみ映したい場合:RCA023N(データシステム)

RCA023Nを使えば、車両専用配線からCN-RE05WDでもアラウンドビューを確認できるように変換してくれます。

適合情報は、メーカーホームページから確認できます。

 

バック時以外にも映したい場合:RCA101N

RCA101Nを使えば、車両専用配線からCN-RE05WDでもアラウンドビューを確認できるように変換してくれます。

バック時以外でも、アラウンドビューの映像を確認できます。

適合情報は、メーカーホームページから確認できます。

 

ETCを取り付ける場合

今回は、一緒にETCも取り付けております。

詳しくは別記事にまとめてますので、ぜひコチラもどうぞ。

キャラバン(日産)にETCを取り付け。方法・やり方、オススメの取り付け場所もまとめます
仕事にもプライベートにも、何にでも使えるワンボックスカー、日産のキャラバン。 今回の記事は、このキャラバンへETC (パナソニック) を取り付けた内容です。 取り付けた内容や、オススメの取り付け場...

 

カーナビの取り付け

全ての配線ができたら、カーナビを接続して動作確認します。

キャラバンにカーナビを取り付けたところ

写真↑は、既にパネルを取り付けてますが…

動作確認はパネルを戻す前にしましょう。

万が一、接続ミスがあった場合に、またパネルを外さないといけません…

 

動作確認は、[情報・設定] – [情報] – [車両信号情報]で確認できます。

車速パルスは、車を走行させることで反応を確認できます。

 

その他に、テレビ・ラジオなどの動作確認も忘れずに…

全ての動作確認ができたら、パネルを元に戻します。

 

今回取り付けたカーナビ CN-RE05WD は、スタンダードモデルながら、基本的な機能は全て搭載されています。

コスパの高いカーナビですね。

キャラバンのカーナビを検討中なら、ぜひ候補の一つにどうぞ。

 

 

これで取り付けは終わりです。おつかれサマンサタバサ!

…もし、自分での取り付けが難しいと感じたら、無理をせずプロに依頼しましょう。

「持ち込みOK」で取り付けてくれる車屋さんを、インターネットからも探せます。

持ち込み取り付けは、グーピットがオススメ

取り付けを依頼するなら

ネットショップで購入したカー用品、 自分での取り付けは難しい場合もあります。

取り付けを依頼する アテ があるなら良いですが… 無い場合は、グーピットで探すとカンタンです。

全国から「持ち込みOK の取り付け店」を探せるし、概算見積りなども、無料で問い合わせできます。

カーナビ取付
スポンサーリンク
ケロケロをフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
DIYでプチカスタム

コメント

タイトルとURLをコピーしました