『スイフトのカーナビを大画面にしたい?』 好みで選べる 3 パターン。 純正カメラとステアリングリモコンも、変換して使えるようにしよう!

クルマ

 

コンパクトでキビキビ走る スポーツタイプ で人気なのが、スズキのスイフト!

スイフトスポーツ略してスイスポ!

ドライブが楽しい遊べるクルマですね!

 

唐突ですが、カーナビの画面 … 大画面にしたくないですか?

いやほら、カーナビの液晶の大きさって、通常は7インチなわけですよ。

もし大きい画面に出来るなら、付けてみたいと思うのが人の常。

 

というわけで今回の内容は、「スイフトに取り付けできる大画面カーナビについて」 まとめました。

対象のスイフト
  • スイフト(H29.1〜 ZC13 / 43 / 53 / 83 / ZD53 / 83系)
  • スイフトスポーツ(H29.9〜 ZC33系)

 

純正バックカメラ(全方位モニター)と純正ステアリングリモコンの流用についてもまとめたよ!

ぜひ読んでみてね!

 

スポンサーリンク

この記事のダイジェスト

今回の「スイフトに大画面カーナビ」の記事ですが、まとめていたら長文になりました。

…なので、最初にダイジェストをお送りします。

気になるリンク先があったら、そちらからどうぞ! もちろん、全部読んで頂けたらスゴイ嬉しいです!

3パターンの大画面カーナビ
  1. 画面サイズは8インチ! 使える楽ナビ / コダワリのサイバーナビ!
  2. 最大画面サイズの9インチ! でも見た目が…

 

ステアリングリモコンについては…

 

全方位モニターについては…

 

では、本編をどうぞ!

 

1. 画面サイズは8インチ! 使える楽ナビ / コダワリのサイバーナビ!

カーナビメーカーの老舗 カロッツェリアで、8インチのカーナビがラインアップされてます。

出典: carrozzeria(写真は楽ナビ、ワゴンR)

 

通常、8インチのカーナビを取り付ける場合には、専用の取付キットが必要なんですけど… どうしても高額になりがちです。

だがしかし!

 

スイフトの場合は、純正の8インチパネル と、専用の電源配線でOKです。 (多分、コッチのほうが割安です)

これは、カロッツェリアの適合表から確認できます。 取り付けるネジ穴位置など、情報は車種・年式・型式によって異なるので、必ず確認してみてね!

 

取付に必要になる部品

まずは以下の2つの部品を準備しときましょう!

 

1. 8インチ専用パネル

スズキの純正オプション(73821-52R30-CQ1)で、8インチのカーナビが取り付けられる窓枠です。

スズキディーラーで取り寄せできます。

8インチナビを取り付ける場合には、ブラケットとカーナビを固定する位置を考慮する必要があります。 ネジ穴位置は、適合表で確認できます
取り付け後、ナビとパネルの間に「見ると気になる程度」のスキマが空く可能性があります。 その際には、スポンジテープなどを巻くようにしましょう

 

2. 専用 電源配線

カロッツェリアの8インチカーナビと、車両側の電源配線をダイレクトに接続できます。

 

接続は、カプラをパチッとはめるだけ! カンタンです!

ケロケロ
ケロケロ

… … … あ、しいて言えば、パーキングをチョメチョメするぐらいです。

ウサピョン
ウサピョン

(チョメチョメ…)

 

ステアリングリモコンも使えますよ(ナビ側で設定は必要)

では次に、8インチのカーナビをまとめます!

 

使える8インチ! AVIC-RL910

使いやすさが1番! オールマイティーで選ぶならAVIC-RL910です。

特にコダワリはないけど… あれこれ使いたいってならコレ!

 

地デジ12セグ / CD / DVD / Bluetooth など、充実のメディア対応で ドライブを盛り上げてくれます!(USBは対応してるけど、配線はオプションです)

 

コダワリの8インチ! AVIC-CL902

そのスペックは最上級! カロッツェリアのフラッグシップモデルが AVIC-CL902です。

とにかく音にも映像にもコダワリたい! という人はコレ!

 

サイバーナビはデザインもステキだし、良い音を鳴らしながらスイスポで走るのは… 最高でしょうなぁ。

関連情報

 

2. 最大画面サイズの9インチ! でも見た目が…

パナソニックも、大画面カーナビ「Fシリーズ」がラインアップされてます。

なんと、その画面サイズ… 9インチ!

この画面サイズが実現できた理由は、見た目が物語ってます。


画像出典:Fシリーズ装着対応車種一覧 | パナソニック

 

通常 カーナビ・カーオーディオは、パネル内にスッキリと収まります。

だがしかし!

 

これはモニターがパネルから浮いたように取り付けることで、大画面を実現してるんですね。

パネル形状に左右されないので、大画面専用の取付キットは必要ありません。(一般的な取付キットは必要)

ただし、モニターが飛び出していることから、スイフトでは以下の注意が必要です。

ワイパーレバーとの間隔が狭くなります。

出典:Fシリーズ装着対応車種一覧

 

この見た目は、好みがハッキリ分かれそうなんですよね…私は気にならないですが…

どうしても大画面を実現したい人には、ぴったりなカーナビだと思います。

 

取り付けに必要になる部品

取付キットS-2484を準備しときましょう。

 

取付に必要な部品は、一式揃っています。

ステアリングリモコンの配線もあるので、ナビ側と接続してやればOK!

車速・リバース・パーキングを接続するオプションカプラもあるので、接続もカンタンです。

 

9インチの大画面を実現! これがパナソニックのFシリーズ!

パネル形状に左右されず 9インチという大画面を実現! 見た目が特徴的だけどね!

上位モデルなら、大画面でブルーレイディスクも楽しめます!

その他、多くのメディアにも対応してますよ。

そんなFシリーズのエントリーモデルが、CN-F1DVDです。

 

関連情報

 

ステアリングリモコンは、ついてる?

スイフト側に純正のステアリングリモコンが付いてる場合… 社外ナビでも使えます。

この記事で紹介しているカーナビは、全てステアリングリモコンに対応してます。

取付キットに配線されてるので、接続するだけでOK!

後は、カーナビ側で設定してやれば使えます。

 

取付キットについては、リンク先も参照してみてね!

カーナビごとの取付キット

 

全方位モニターは、ついてる?

前後左右に取り付けられたカメラの映像を解析して、擬似的に上から見ている映像になるのが、メーカーオプションの「全方位モニター」ですね。


画像出典:全方位モニター | スズキ

 

これ…、変換ハーネスを使うことで、社外ナビでも映せます! RCA084Kを準備しましょう。

メーカーホームページで適合を確認できます

 

RCA084Kを使うことで、純正専用カプラから一般的なRCA接続へ変換できます。

今回の記事で紹介しているサイバーナビは、バックカメラ入力が専用カプラです。

RD-C200が必要になります。

 

今回のまとめ!

というわけで今回は、「スイフトに大画面カーナビを!」についてまとめました。

内容をカンタンにプレイバック!

スイフトに大画面を

 

スイフトに乗っている、もしくはスイフトを検討中でカーナビを大画面にしたい人は、ぜひ参考にしてみてね!

 

もし、取り付け先を探しているなら「持ち込みOK」の車屋さんを、ネットから探せますよ。

持ち込み取り付けは、グーピットがオススメ

取り付けを依頼するなら

ネットショップで購入したカー用品、 自分での取り付けは難しい場合もあります。

取り付けを依頼する アテ があるなら良いですが… 無い場合は、グーピットで探すとカンタンです。

全国から「持ち込みOK の取り付け店」を探せるし、概算見積りなども、無料で問い合わせできます。

(おしまい!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました