プリウスの社外カーナビは、大画面のBIGXで! バックカメラもETCも、オールアルパインでどうでしょう?

クルマ

納車がものすごく遅れていたこともありましたが、最近では良く見かける新型プリウス。

ハイブリッドの代名詞とも呼べる、超人気車種ですが現行モデルは中々の奇抜なデザイン。

purius-1

ハイブリッドの最大のウリと言えば、やはりその燃費の良さ。
プリウスでもカタログ燃費はEグレードで、40.8km/Lになります。

kero-icon
実際はもうちょい下がるでしょうけどね・・・

また、今回のプリウスは前モデルに比べて低重心。 重心が低いってことは、クルマのバランスが良くなるので、その分走りが良くなりますね!

セーフティーセンスと呼ばれる安全装備も充実! 万が一の衝突事故の可能性を減らしてくれます。

さて、そんなプリウスの、カーナビはどうしましょう?

純正でガチガチに固めるのも良いですが、社外カーナビも捨てがたい。

同機能、もしくはそれ以上で予算的にもオトクになる場合もあります。

アルパインなら、車種専用のラインナップが揃ってますよ!

そして、なんといっても、

kero-icon
大画面・・・、BIGX!
スポンサーリンク

カーナビゲーション 9インチ! : X9NX-PR-NR

purius-2

プリウス専用のBIGX X9NX-PR-NRで、オープニング画面もプリウスになってます。 9インチのカーナビゲーションです!

純正パネルの枠を利用して、取り付けができるようになってますね。

取付キット等は全て同梱されてますから、必要な部品を適合表とにらめっこする必要もありません。

ステアリングリモコンにも対応してます!

アルパインブランドらしく、映像も音質も最高峰

特に音質に関しては、アルパインが車種専用のチューニングを行ってますので、手軽に良い音を楽しむことができます。

様々なメディアにも対応!

  • 地デジ12セグ
  • CD / DVD
  • Bluetooth
  • SDカード
  • USB(※)
  • iPod / iPhone(※)

※ 配線は別売り。 例えば以下の配線です。

オプション配線もビルトイン!

アルパインでは、USB / HDMI配線も専用のビルトインです!

マイナーチェンジ前後で、適合する型番が違います。
必ずメーカーホームページを確認してみてくださいませ。

プリウスには、ナビレディパッケージというオプションがあります。

予め、メーカーオプションとして純正バックカメラが装備されてますが・・・、

社外ナビじゃ・・・、使えないよね・・・?

・・・

kero-icon
諦めないで!

X9NX-PR-NRは、ナビレディパッケージのバックカメラに対応しています。

BIGXの画面にバックカメラの映像を映せます。

パノラミックビューモニターには対応していません。

カーナビ連動! ETC2.0

ETC2.0・・・、昔DSRCという名前だったのですが、流行らないのでETCに乗っかったようなもんです。

kero-icon
個人の感想です

先日、ノア・ヴォクシー・エスクァイアでもアルパインの記事を書いたのですが、ETC2.0をカンタンに言うとこんな感じです。

DSRC車載器(ETC2.0)があると、ITSスポットが以下のような情報を配信してくれて、運転支援につながるんです。

  • リアルタイムな道路情報を利用した「渋滞回避」
  • 道路上の落下物など危険回避を教えてくれる「安全運転支援」
  • 災害が発生した場合など、緊急情報を教えてくれる「災害時支援」

コレ以外にも、今後は渋滞回避で高速を降りて乗り直した場合の「料金の優遇措置」や、駐車場を出る場合に「ETCのような決済」が出来るようになる予定です。

ETC2.0 光ビーコン付 HCE-B120V

ITSスポットは主に高速道路に設置されており、光ビーコンは一般道へ設置されてます。

両方カバーするなら、この光ビーコン付きになりますね。

2020モデルのBIGXシリーズに対応しています。

普通の連動ETC HCE-B063

私、田舎に住んでるし、高速道路も年に何回かしか利用しません。

それならこのHCE-B063でも十分です。

2020モデルのBIGXシリーズに対応しています。

取り付けは、ビルトインでまるで純正

通常社外のETCは、どこかに貼り付けるような取り付けになりますが、アルパインKTX-Y20Bなら純正のようにビルトインが可能です!

t1_ktx-y20b

取り付けをしてみれば・・・、なんということでしょう。 まるで純正ではありませんか。

今回のまとめ

プリウスと言えば、ハイブリッド。

モーター駆動時ならエンジン停止してますから、その静粛性は音を楽しむには持って来い!

音も映像も高クオリティのプリウス専用カーナビを検討してみるのもいかがでしょうか?

マイナーチェンジ前後で、製品の適合や仕様が変わることがあります。
必ずメーカーホームページをご確認くださいませ。

それでは、お気に入りの車とカーナビで、楽しいカーライフを!

(おしまい!)

クルマ
スポンサーリンク
ケロケロをフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
DIYでプチカスタム

コメント

  1. チェリー より:

    はじめまして。チェリーです。

    ナビについて質問いいですか??

    50系プリウスを買ったんですが、 アルパインX9Z-PR のナビつけたんですが、

    ステアリングリモコンで通話の受話や終話ってできますか??

    • ケロケロケロケロ より:

      チェリーさん、こんにちは。
      当ブログを運営しているケロケロです。

      ご質問の内容ですが、プリウスのステアリングリモコンに電話の受話ボタンが付いていれば操作できるハズです。
      アルパインのBIGXは、車種専用にチューニングされていますので、特別な設定はいらなかったハズ…
      後から変更もできるみたいです。取扱説明書のP123あたりが参考になるかと思います。
      取り扱い説明書は、WEBからも確認できます。

  2. チェリー より:

    ケロケロ様

    アドバイス有難うございます。

    私も取説読んで大丈夫だと思うのですが、購入した車屋さんは「トヨタのステアリングモートケーブルは28P-7Pでアルパインのステアリングリモートケーブルが28P-5Pだから通話機能はできない」の一点張りでこのままステアリングリモコン使えずに終わりそうです、、、

    すごく切ないです、、

    • ケロケロケロケロ より:

      チェリーさん、こんにちは。

      うーん。
      取り付けを担当する車屋さんが言うのであれば、間違いなそうですが… ちょっと納得しずらいですね。
      アルパインの車種専用モデルが、「受話ボタンがあるのに使えない」という中途半端なことはしないと思うんですよね…

      今回お問い合わせ頂いた「X9Z-PR」の前モデルである「X9V-PR」では、電話の受話・終話が出来ると明記されています。

      その後継モデルである「X9Z-PR」で使用できない… というのは考えにくいですね…

      なお、アルパインホームページにある「X9Z-PR」の説明文では、以下の記載もあります。

      純正ステアリングリモコンに、お好みでカーナビの操作キーを割り当てできる「ステアリングコマンドインプット」を採用。地図表示、カメラ映像表示、電話の受話・終話、「ダブルゾーンコミュニケーション」機能など、よく使う機能を割り当てれば、カーナビに触れることなく手元での操作が可能に。運転をよりスムーズに続けられます。

      プリウスのステアリングリモコンに、電話の受話・終話ボタンが無い場合でも、カスタマイズすれば使えると書いてあります。

      アルパインの「お客様相談センター」確認されるのも、良いかもしれません。

  3. チェリー より:

    ケロケロ様

    すごくわかりやすいアドバイスありがとうございました(‘◇’)ゞ

    早速お客様相談センターに電話してみます(^^♪

    ありがとうございました(^◇^)

タイトルとURLをコピーしました