日産ジューク。 確かにクセはある。でも、全部含めて好きだ! メリット / デメリット

シェアしてもらえると嬉しいです!

その独特のフォルムで、個性が光る日産のジューク!

私の愛車もジュークです。 今はマイナーチェンジされてますが、愛車はマイナー前のジュークです。

IMG_5001

コンパクトSUVというカテゴリでは、ヴェゼル(ホンダ)・CX-3(マツダ)などがありますね。 トヨタのC-HRも・・・。

ジュークは個性的すぎて、デザインの好き嫌いがハッキリ別れる車ですね。 もちろん、私は大好きです。

今回は、このジュークにスポットを当ててみましょう。 メリット・デメリットを挙げてみます。

ジュークが気になる人には、きっと参考にしてもらえますよ!

ジュークオーナーの人からしたら、「あるあるw」と感じて頂けることうけあい。

それでは、レッツジューク!

スポンサーリンク

ココが変だよ、ジュークちゃん

それではまず、デメリットを。

視界が狭い

初めて乗った時は、中々感覚がつかめませんでした。

具体的に見比べたわけではないですが、ジュークって、ウインドウガラスの位置が高いんです。

加えてサイドミラーがデカイので、分かりにくい・・・。

特に、左前を寄せるのが難しい。 初めて乗った時は、田舎に住んでるので狭い道が大変でした。

でも・・・、

諦めないで!

スモールライトの部分が、ピョコと盛り上がっているので、運転席の視界から確認できます。

juke-1

コレを頼りに運転してれば・・・、慣れます。

座席の位置を高くすることもできるので、視点を高くすると、運転しやすいです。

kero-icon
田舎道でもだいじょうV

後ろも見えない・・・

後ろも見えません。 全くではないけど。

バック駐車するなら、やっぱりバックカメラが便利ですね!

特に、マイナーチェンジ後ならアラウンドビューの設定があります!

juke-2
出典:ジューク 日産

kero-icon
変換ハーネスを使えば、社外品のナビでも映せますのでご心配なく!

私は、市販のバックカメラを付けてます。

img_5377

ジュークのバックカメラを半埋め込みで付けようとすると、ちょっと面倒くさいんです。

なので・・・、

アルパインのバックカメラと取付キットを使って取り付けてます!

私が使用した時と型番が変わってますが、現行機種だとコレですね!

カメラは、ボディ色に合わせて「ホワイト」にしてます。

kero-icon
取付キットを使えば、位置もバッチリ!

※ 適合に関しては、必ずアルパインのホームページを確認してみてください。

バックカメラを付けてれば、見えにくい後方も確認できるし、駐車場でバック駐車する時に、「どこまで下がれるか」を確認できて便利!

ジュークにバックカメラは必須です!

リアドアハンドル・・・どこ?

これはデザインの一部なので、私は良いと思うんですけどね・・・。

ジュークを知らない人で、初めて後ろに乗る人は、まず間違いなくリアハンドルの位置が分かりません。

そもそも、「後ろにドアがあると思わなかった」、と言われたこともあります。

kero-icon
それでは、ジュークのリアドアハンドルに・・・
kero-icon
ズーーム、インッ!

image-1

はい。ココでした。

ツマなんか、ドアハンドルはボディにあるという無意識から、ボディに手を挿して、危うく突き指しかけましたからね・・・。

kero-icon
ツマより先に、ジュークを心配したのは・・・、今となっては良い思い出。
usa-icon
(ボディをヘコまさせてやれば良かった)

中が狭い

ジュークって・・・、見た目以上に大きいです。

横幅があるんですね。 3ナンバーですし。 運転してみるとその大きさを感じます。

とはいえ・・・、

kero-icon
中が狭い・・・

5人乗りではありますが、後ろに大人の男性が3人乗るのは、相当厳しい。

トランクも狭いです・・・。

広さはあるんですが、高さが足りないんです。 この素敵なヒップの形のため。

juke-ria

丸みを帯びた、素敵なヒップのため、高さのある荷物は入りません。

ファミリーカーとして使うには、ちょっと厳しいですが、一人で乗る分には全然問題無いですよ!

私は、ラゲッジルームにサブウーハーを埋め込んでました。

こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY) DIYをするなら、一度は挑戦してみたかったラゲッジルームへのサブウーハーイ...

ココが最高だよ! ジュークちゃん

まぁ、結論から言えば・・・

「ジューク最高!」

先に挙げたようなデメリットはありますが、それもカワイイと思える魅力があるのです。

可愛いフォルム、個性的

そう、この好き嫌いがハッキリ分かれるスタイル。 私は大好きです。

IMG_5001

長いフロントノーズ。

全部曲線で出来てるんじゃないかと思わせる、マシュマロマンのような風体。

そう、これはもう、クルマ界のミトちゃんと言っていい。

そして特に尻。オシリ。ヒップ。

DSC_0118

この丸みを帯びた可愛い尻。

可愛い中にも、ブーメランのようなブレーキランプ。 これはもう、ア・イ・シ・テ・ルのサイン。

usa-icon
(本人は、面白いと思っとるんじゃろうなぁ・・・)

ヘッドライトは・・・、ココ!

さて、ヘッドライトはドコでしょう。

img_5376

ヘッドライトの部分って、顔で言う「目」に例えられやすいですよね?

正解は・・・

・・・

ココでした!

juke-head

真ん中の丸いライトが、ヘッドライトです。

一見、目に見える部分はスモールライトですね。

このヘッドライトを顔に例えるなら・・・、「ほっぺた」!

kero-icon
ジュークのヘッドライトは、ほっぺた!

そう、「ほっぺた」だよ! 鼻の穴じゃねぇよ!

フォグランプまで点灯させると、縦にライトが3つ並んでエヴァンゲリオン弐号機っぽくなります。

内装がトレビア〜ン

ゴテゴテしておらず、シンプルな中にもちょっとしたヨーロピアンテイスト。

img_5373

曲線で表現されたシンプルなダッシュボードに、ピアノブラックのオーディオコンソールが映えます。

シフトノブ周りのセンターコンソールは、まるでバイクのカウルのよう。 ちょっとした疾走感を表現していますね。

ちなみに、シートカバーには、クラッツィオのキルティング(ホワイトステッチ)を着せてます。

img_5375

kero-icon
キルティングのステッチが、ボディ色と一緒でお気に入りです!

走りも良いよ! ワインディグロードは最高!

ジュークはSUVというカテゴリになるんですが、もっと具体的に言うと「クロスオーバーSUV」になります。

これは、整地された路面、アスファルト上を走ることを考えられたSUVです。

と、私も詳しいことまでは分かりませんので、続きはウィキペディアでどうぞ・・・

まぁ要するに、

kero-icon
走りも楽しいSUVってこと!

その体格ゆえか、走りだしはモッサリしてるんですけど、一度スピードに乗ってしまえばスイーッと滑らかな走りをしてくれます。

ワインディグロードもスイスイと走ってくれますよ!

毎夏、大山に行ってますが、蒜山へ抜ける山道なんかもう、最高です!

ちなみに、ジュークの走りには「モード」があります。

  • エコモード(燃費○ 走り×)
  • ノーマルモード(普通)
  • スポーツモード(燃費× 走り○)

エアコンパネルのボタンを押して、モード変更すれば走りが変わります。

スポーツモードにすると、グイグイ走ってくれますよ! 燃費悪くなるけど。

ジュークって・・・いいよ!

もう本当に好き嫌いがハッキリ分かれますけど、私は大好きです。ジューク。

ちなみに、ジュークに乗るのが楽しくて、内装もDIYでカスタムしてます。 こっちもぜひ読んでみてね!

素人だって、ワンオフはできるのさ! そりゃあ最初は失敗します。 でも、段々上手くなるよ! アウターバッフルもサブウーハーBOXも、ツイーターの埋め込みも。 DIYは楽しい!

さぁ、みんなもジュークに乗ろう! レッツジューク!

おしまい。

ジューク を検討中なら、現愛車の査定価格を知っておくのもアリ! 下取り価格と比べることもできるよ。 「Goo-net」なら、ネットからカンタン入力・無料で査定依頼OK!

電話営業の無い相場検索「Goo買取」

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

お気軽にフォローしてね!

Facebook
この記事をお届けした
DIYでプチカスタムの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ