【ノート:日産】にオススメのカーナビは? 静粛性を活かした高音質やプチ大画面、アラウンドビューも大丈夫!

シェアしてもらえると嬉しいです!

日産のコンパクトカーと言えばノートですね。 マーチもいますけど存在感が…

実質、充電のいらない電気自動車である「e-POWER」や、スポーツスタイルの「NISMO」など、個性的なグレードもラインアップされています。

e-POWER はモーターとガソリンエンジンが搭載されているので、ハイブリッド車のような印象を受けるのですが、動力はモーターのみでガソリンエンジンは「あくまで充電用」です。

モーターの加速性はすばらしく、力強い走りを見せてくれますよね。 私もちょっと乗させてもらったんですけど。

充電が満たされていればエンジンは止まるので、すっごい静かです。 もちろん走っていればロードノイズは発生しますが、エンジン音が無いだけでも大きな違い。

さて、そんなノートへ取り付けするカーナビゲーションに、こんなのはどうでしょう? 例えば、

こんなナビは?
  • 静粛性を活かした高音質ナビ(ケンウッド)
  • BIGXに適合していなくても実現できる、プチ大画面ナビ(クラリオン)

純正ディーラーオプションナビも良いけれど、自分で選んだコダワリのカーナビを取り付ければ、ドライブがもっと楽しくなりますよ!

ノートのオーディオパネルはワイドサイズなので、ココで紹介しているカーナビゲーションもワイドサイズを紹介しています

アラウンドビューが付いてても、変換ハーネスを使えば流用できます! 取付キットも載せているので、参考にしてもらえるハズですよ!

スポンサーリンク

取付キット、準備しとこう

カーナビゲーションを取り付ける際には、その車種に合わせた「取付キット」が必要です。

エーモンの「N-2461」を使えば、電源ハーネス・専用ラジオカプラや、車速 / リバース / パーキングのオプションカプラが入っています。

ノーマルサイズナビ用の穴埋めブラケットが入っていますが、今回紹介しているカーナビはワイドサイズ用になりますので、使用しません。 適合については、エーモンのHPも確認しときましょう

車種別取り付け適合表 | エーモン公式

純正テレビアンテナ、流用できるよ!

ノートは、グレードによっては、既にテレビアンテナが配線されています。

そのアンテナ、社外カーナビでも流用できるんです。 流用できればアンテナ貼り付けの失敗も無くなるし、取り付け時間も短縮できますね!

取り付けるカーナビがクラリオンであれば、カプラ形状が一緒なのでそのまま接続できます。ケンウッドだと変換コードが必要です。

詳しくは、別記事にまとめてますのでコチラをどうぞ!

最近の車では、既に純正アンテナが配線んされていることもありますね。 それ…社外カーナビでも流用できますよ! 追加のコストは掛かるけど、万が一の失敗も回避して、時間も短縮できる。 便利な変換コードを、ぜひ利用してみよう!

高音質を楽しめ! MDZ-Z904W

e-POWER の特徴の1つとして「静粛性」が挙げられます。 充電が満たされていればエンジンは停まっているので、走ってても「シュイーン」というモーター音ぐらいですね。

ロードノイズは聴こえますけど、エンジン音が無いだけでも大きな違いです。

その静粛性に優れた e-POWER であれば、音を楽しむには有利な環境なんですよ。

であれば、やはり選びたい高音質カーナビ。 というか、私が今一番欲しいカーナビ。

それがケンウッドの MDV-Z904W です!

彩速 Hi 次元へ MDV-Z904W | ケンウッド公式

アルパインや三菱のダイヤトーンなど、高音質を掲げるカーナビは色々あるんですが、音質や見た目のスタイルが、私の好みにぴったんこカン・カンなのです。

ハイレゾにも対応してるので、高域の豊かさや音の明るさを感じられます。 ハイレゾ対応の音源を入手する手間やコストはありますが、その分の高音質に包まれることは確かです。

手元にある圧縮音楽も、デジタル処理でハイレゾ音質に近づけたり、イコライザーやタイムアライメントなど、音へのカスタマイズも豊富です。

ケンウッドの最高級フラッグシップモデルなので、値段も高い部類に入りますが、カーナビ等その他の機能も充実しているので、取り付けて間違いはないでしょう。

私も今、このナビ買おうと思ってヘソクリしてるんですけど、貯まる頃には次モデルになってるかもしれぬ…

MDV-Z904W については、別記事にも書いてますので、ぜひ読んでみてね!

こんにちは! ケロケロです。 (@kerokero_DIY) はぁ・・・。このカーナビ・・・、 欲しい...

バックカメラを取り付ける場合には

ケンウッドのバックカメラ入力は、専用カプラです。

なので、バックカメラを取り付ける場合には、ケンウッドの専用バックカメラを準備するか、汎用入力できる変換コードが必要です。

専用バックカメラ CMOS-C230 / C230W

ケンウッド専用なので、他メーカーのカーナビには接続できません。 色は黒と白が選べます。

バックカメラ汎用入力コード

他メーカーのバックカメラなど、一般的なRCAのバックカメラを接続できる変換コードです。 後述のアラウンドビューを接続する場合にも必要になります。

純正ステアリングリモコンも使えるよ!

ケンウッドのカーナビは、オプションが必要になりますが、ステアリングリモコンに対応してます。

せっかくステリモが付いてるのに、使えないんじゃ勿体無いですからね!

以下の「KNA-300EX」を準備しときましょう。

大画面(?)なら、MAX777W

kero-icon
アルパインのBIGX、取り付けてみたいなぁ

と思っても、ノートは適合してないので無理です。でも、クラリオンの「MAX777W」なら、その夢を叶えてくれます。

ワイドシネマ画面 MAX777W | クラリオン公式

通常、カーナビゲーションの液晶サイズは7インチなのですが、ワイドモデル分液晶を広げて、「7.7インチ」になってます。

大画面と言うには、ちょっと微妙かもしれませんが、ワイドコンソール車に汎用性を持たせた大画面というアイデアが好きです!

クラリオンのフラッグシップモデルなので、機能も充実してます。

MAX777Wについては、別記事にもまとめてますので、こちらもぜひ見てね!

大画面カーナビを取り付けてみたいけど、適合がない… とお嘆きのアナタ! …諦めないで! ワイドコンソール車なら実現できるよ! クラリオンのスーパーワイドナビで(プチ)大画面を堪能しよう!

バックカメラを取り付ける場合

クラリオンもケンウッドと同様に、バックカメラ入力が専用カプラです。

クラリオン専用バックカメラか、アラウンドビューを接続する際に必要な汎用変換コードを準備しましょう。

専用バックカメラ RC15D

バックカメラ汎用変換コード

純正ステアリングリモコン使えます!

クラリオンも、純正ステアリングリモコンに対応してます。

カーナビ自身が対応しているので、オプションは必要ありません。

アラウンドビューも映せます

グレードによってはアラウンドビューが設定されていますが、社外ナビゲーションでも映せます。

note-navi-1
出典:ノート 日産

実は、「映せます」というのがミソでして・・・。

kero-icon
正確には、「映るだけ」

ミラーの映像が、リバース時にそのまま映るだけなんです。分配器を取り付けたようなイメージです。 ミラーとナビに同じ映像が映ることになります。

フロントカメラやサイドカメラを確認したい場合には、ミラーで確認しなければならないのですが、バックする時にアラウンドビューの映像が確認できれば十分とも思いますね。

フロントやサイドはそんなに確認することも無さそうですし。

必要になる変換ハーネス

データシステムの「RCA023N」を使えば、純正の専用カプラから、一般的なRCAへ変換できます。

変換ハーネスは、車種・年式・型式で異なる場合があるので、必ず適合表を確認しましょう

カメラ接続アダプター | データシステム公式

ケンウッド・クラリオンのカーナビは、バックカメラ入力が専用カプラなので、もう1つ変換が必要です。 上述してますが、まだ確認されてない場合には以下のリンクからどうぞ!

自動ブレーキ付車は注意!

エマージェンシーブレーキー付車の場合は、フィルムアンテナを貼り付ける場所に注意が必要です。

H25/12以降車に設定されたエマージェンシーブレーキ装着車では、地上デジタルTV用フィルムアンテナをフロントウィンドウに貼った場合、地上デジタルTVの受信感度が低下する場合があります(必要に応じて、フィルムアンテナをリアサイドウィンドウへ貼付ける等の対応をしてください)

出典:ジャストフィット適合情報 カロッツェリア

ノートの場合は、リアのサイドガラスに貼り付ければOKです。ノートサイズであれば、フィルムアンテナコードも、延長コードは必要ありません。

kero-icon
取り付けの経験上の話なので、ご参考までに

今回のまとめ

ちょっと長くなってしまいましたが、ノートへのオススメナビと必要になる変換ハーネスやオプションをまとめてみました。

ではカンタンに、今回の内容をプレイバック!

今回のまとめ

e-POWER は静粛性にも力強い走りにも、今までの車とは違った印象を与えてくれます。お気に入りのカーナビゲーションを取り付ければ、ドライブがもっと楽しくなりますね!

お気に入りのクルマとカーナビで、楽しいカーライフを! レッツノート!

おしまい。

ノート も検討中なら、現愛車の査定価格を知っておくのもアリ! 下取り価格と比べることもできるよ。 「Goo-net」なら、ネットからカンタン入力・無料で査定依頼OK!

電話営業の無い相場検索「Goo買取」

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

お気軽にフォローしてね!

Facebook
この記事をお届けした
DIYでプチカスタムの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ