『純正アンテナを社外カーナビに流用できる?』 ENDYの変換コードを使えば大丈夫! カプラの形状は要チェック!

シェアしてもらえると嬉しいです!

kero-icon
こんにちは! ケロケロです。
(@kerokero_DIY)

最近の車では、オプションのグレードによって、地デジアンテナとコードが配線されています。

これは、ディーラーオプションナビを取り付けることが前提になっているので、既に配線が成されているんです。

なので、基本的には純正しか使えません。

これに社外カーナビゲーションを取り付けようとすると、この純正アンテナを剥がしてコードを奥に隠して、社外カーナビの地デジアンテナ・コードを配線するわけですが…

ちょっと勿体無いですよね?

もしこれが流用できれば、取り付け時間も短縮できるし、使わなかった社外カーナビのアンテナ分を、車の乗り換えなどでカーナビを移設する時に使えるのに…

まぁ、しょうがないか…、とアンテナ剥がすのはちょっと待った!

それ、流用できるかもよ?

スポンサーリンク

地デジアンテナのカプラ形状を確認しよう

私が経験ある限りでは、アンテナが配線されてたのは日産 セレナ・ノート・キューブ・ジューク、ホンダ フィットですね。 もちろん、グレードにもよりますが。

これらの車では、地デジアンテナカプラの形状は、カーナビゲーションメーカーの「クラリオン」と同じ形状をしてます。

クラリオン 公式サイトはコチラ

もし、クラリオンのカーナビゲーションを取り付けるなら、例えば「MAX776W」なら、そのまま接続できるんです。 あら便利。

MAX776Wについては、コチラの記事もどうぞ!

7.7インチという特殊な液晶サイズのカーナビゲーションがMAX776W / 676Wです。 776Wならフルデジタルサウンドにも対応! ただのカーナビじゃないぜ!

『いやいや…、クラリオンのカーナビゲーション取り付けないし』

と、諦めるのは時期尚早!

そこで登場するは、変換ハーネス! パナソニックやケンウッド、カロッツェリアのカーナビを検討している場合でも、アンテナは流用できます!

部品を追加するので、その分コストはかかります。 でも、それを上回るメリットがありますね。

  • アンテナの貼り付けを失敗する不安が無い。
  • 取り付け時間を短縮できる
  • 残った社外ナビようのアンテナ類を、移設などで流用できる

ENDYの「TVアンテナ変換コード」を使おう!

実際に使ってみると、スッゲェ便利なんですけど、カーナビメーカーごとに変換ハーネスがラインアップされているんです。

それがENDYの「TVアンテナ変換コード」

これを使えば、オーディオ裏でパチッと接続するだけで、カンタンに流用できます。

純正アンテナのカプラ形状は、 ちゃんと自分の目で見て形を確認しおくか、詳しい人に聞いておきましょう。 ENDYの適合表を確認しておくのも必須です。同じ車種でも、マイナーチェンジ前後で異なる可能性があります

ENDY 適合表は コチラ

以下に紹介している変換コードは、全てクラリオン(GT13タイプ)と同形状のカプラから変換するタイプです。

2本セットなので、アンテナが4本の場合は、商品を2個準備しましょう。

純正アンテナからパイオニア(カロッツェリア)へ

純正アンテナからケンウッド(前期)へ

純正アンテナからパナソニック・富士通(イクリプス)・ケンウッド(後期)へ

今回のまとめ :取り付けカンタン、変換コード!

地デジ用フィルムアンテナの貼り付けは、貼り直しが効かない一発勝負ですからね。 事前に貼ってあるフィルムアンテナを流用できるなら、こんなにカンタンなことはありません。

もし、DIYで取り付けるなら時間も短縮できます。

適合にもよりますが、もし取り付け車両とナビが合致してるなら、ぜひ使ってみましょう。 ナビ裏でワンタッチなのでホント便利!

では、今回の内容をカンタンにまとめます。

今回のまとめ

ENDYは、こういった「かゆいところに手が届く」的な商品が多いです。 他にも気になる部分があれば、チェックしてみるのもいいですよ!