カーナビでYouTubeを見放題にするための、損しない情報まとめ。HDMI・RCA接続方法から、モバイルデータのオススメまで

クルマ
ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

カーナビでYouTubeが見たい… と思っているアナタ。ようこそ。

この記事は、そんなアナタにオススメの内容になっちょります。

私も、

ケロケロ
ケロケロ

カーナビにYouTube映したいなぁ…

と思って、実際にやってみました。

…ちなみに、カーナビにYouTubeを映す方法は、一つではありません。

そこで今回の記事では、「なるべくお金をかけずに(コストを抑えて)、カーナビを見れるようにする方法」をまとめました。

ぜひ参考にしてみてね。

スポンサーリンク

カーナビは買い替えなくても、(たぶん)大丈夫

カーナビでYouTubeを見るために、カーナビ(またはディスプレイオーディオ)を買い替える必要はありません。

通常、YouTubeを映すためには、カーナビ側にHDMI入力が必要になります。

HDMI入力が無いカーナビの場合、買い替えないとダメなのか… と思うかもしれませが、

ケロケロ
ケロケロ

あきらめないでっ!

ウサピョン
ウサピョン

圧がすごい

HDMI入力が無いカーナビは、HDMIをRCAに変換して接続すればOKです。

RCA入力は、多くのカーナビで採用されている接続方法です。

HDMI入力が無い場合でも、RCA入力があれば、変換して映せます。

カーナビによってはオプション配線が必要になる場合もあるので、取扱説明書を確認してみてください。

まとめると…

  • カーナビ側にHDMI入力が必要
  • HDMI入力が無くても、RCA入力があれば、HDMI to RCA 変換を使って映せる
  • RCA入力さえあれば、カーナビを買い替える必要なし

YouTubeの出力方法は、2種類

経験上、YouTubeを映す方法として、以下の2種類があります。

  1. スマホミラーリング
  2. fire tv stick

ミラーリングとは、スマホの映像をそのままカーナビに映す方法です。

この場合、スマホからHDMI出力するためのパーツが必要になります。

例えばiPhoneであれば、Lightning-Digital AVアダプタを使います。

もう一つの方法が、fire tv stickを使う方法です。

どちらの方法でも、YouTubeを映すことができます。

既に持っているなら、そのまま使えばOKです。

どちらも持っていないなら、どちらかをゲットしときましょう。

コチラの記事も参考にどうぞ。

パーツの電源について

以下のようなパーツを使う場合、電源が必要になります。

  • HDMI to RCA変換ボックス
  • スマホのミラーリングパーツ(AVデジタルアダプタなど)
  • fire tv stick

これらの電源は、基本的にUSBです。

USBはカーナビに付いてたり、車に装備されていたりすれば、そこに接続すればOKです。

USBが足りない場合は、シガー電源に挿すだけで使えるカーチャージャーがお手軽です。

モバイルデータ通信、楽天モバイルなら見放題

車の中でYouTubeを見る場合、ネックになるのがモバイルデータ通信容量です。

自宅のWi-Fiなら問題ないですが、車の中では無理です。

手っ取り早いのは、スマホのモバイルデータを使う方法です。

  • ミラーリングの場合は、そのまま接続して使う
  • fire tv stickを使う場合は、スマホをテザリングして使う

テザリングとは、スマホをモバイルwi-fiルーターとして使える機能です。

fire tv stickとスマホをwi-fi接続して使います。

しかし…スマホの契約ギガ数が少ない場合は、あっという間に制限される可能性があります。

そこで私が超絶オススメしたいのは、

ケロケロ
ケロケロ

らぁぁぁくてん、モバァァァイル、マァァァン!

ウサピョン
ウサピョン

カビラさんが混じってる

そう…楽天モバイル です。

モバイルデータ容量使い放題で、2,980円です(税別、2022.8現在)

車の中で、どんなにYouTubeを再生しても、もうギガ数を気にする必要はナッシングです。


スマホのモバイルデータを使う以外にも、車専用のwi-fiルーターを準備する方法もありますが…

新規にwi-fiルーターを追加するよりも、普段から使っているスマホのデータ容量を使う方がお手軽です。

楽天モバイル については、コチラの記事も参考にどうぞ。

今回のまとめ

それでは、なるべく現在の環境を変えずに、カーナビでYouTubeを見る方法…のまとめです。

  1. カーナビのHDMI入力の有無を確認する(※HDMI入力があれば、2.3の確認は必要なし)
  2. カーナビのRCA入力の有無を確認する
  3. RCA入力で接続する場合は、HDMI to RCA 変換を準備する
  4. ミラーリング用パーツ または Fire TV Stick を準備する
  5. 電源用USBが足りない場合は、USBカーチャージャーなどを使って増設する
  6. スマホのギガ数が足りない場合は、プランを見直す(オススメは楽天モバイル)

足りないパーツは、追って準備する必要がありますが…ナビ交換などと比べれば、はるかに安いコストです。

…というわけで、カーナビでYouTubeを見るための情報をまとめました。

なるべく現環境を変えずに視聴することで、不必要な出費を抑えることができます。

YouTubeが見れるようになれば、子供も喜びます。

ぜひ試してみてください。

コチラ↓の記事もオススメです。

クルマ
スポンサーリンク
ケロケロをフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
DIYでプチカスタム

コメント

タイトルとURLをコピーしました