モッコリMOCO【日産】にカーナビとETC取付けました

シェアしてもらえると嬉しいです!

kero-icon
こんにちは! ケロケロです。
(@kerokero_DIY)

今回は、ニッサン:モコへカーナビとETCの取付けを行いました。

スズキ:MRワゴンのOEMなので・・・、取り付け方は一緒です。

グリルとかが、ちょっと違いますね。

それにしてもスズキの軽って、本当に良く走る!

ハスラーのターボ、エネチャージのクルマに乗ったんですけど、加速がすごい。
上り坂もぐいぐい登るし、ジュークより走るような気がする・・・

はい、それではレッツ取り付け!

スポンサーリンク

パネルの取り外し

モコのパネルは、一見引っ張るだけでとれそうな気がしますが、隠れたところにネジで止まっています。

エアコン吹き出し口下が、カバーになっているので、これを外すとネジがあります。

あと、パネル上のダッシュに格子状のパネルがあるので、これを外すとネジがあります。

あとは、パネルを引っ張れば外れるのですが、
オーディオを固定する左右のブラケットが、パネルにくっついて外れてきます。

外した拍子にブラケットをダッシュにぶつけた・・・なんてことがないように注意です。

IMG_3721

パネルを外す時は、手だけでもいけますが、ピラー外すならリムーバー使うと便利です!

先の角度が上手いことピラーの隙間に入るので、中のツメを起こしやすいのです。

取付キット、準備できてます?

カーナビを取り付ける場合は、基本的に車種に合わせた取付キットが必要です。

カーパーツで有名なエーモンで言うと、以下の「S-2481」が必要です。

電源ハーネスはもちろん、ナビ周囲の隙間を埋めるフェイスパネルや、車速・リバースなどが配線できるオプションカプラなど、必要な部品が揃ってます!

※ 適合表は必ず確認!

車種別取り付け適合情報 エーモン公式サイトはコチラ

配線完了

TVアンテナやGPS、電源コードなど配線をします。
車速・リバース・パーキングは、5Pのオプションカプラに来ています。

電源コードにテープで固定されていることが多いです。

オプションカプラの差込口をこちらに向け、ツメを上向きにします。
そうすると、左から、パーキング・リバース・車速 と、なります。

配線色が、いかにも車速とリバースが逆のような気がしますが、
左から、パーキング・リバース・車速です。

IMG_3722

アルパインのホームページから製品取付け情報でも確認できます。

今回、ステアリングリモコンはついていませんでしたが、配線の位置はイクリプスのホームページから、ステアリングリモコン情報が分かりやすいですよ。

写真がないですが、ETCもつけました。

動作確認、取付け完了

全ての配線を終えたら、ナビを取付け動作確認です。

IMG_3723

TVやGPSの受信、車速・リバースも問題なしです。
今回取付けたカーナビは、Panasonic CN-R330D になります。

ワイドモデルのCN-R330WD同様、地デジがキレイです。

地デジというより、液晶が良いんでしょうか。映りが良いです。

現在では、R330の後継機としてRE03シリーズがラインアップされてます! 詳しくはコチラの記事もどうぞ!
こんにちは! ケロケロです。 (@kerokero_DIY) 現在、この記事で紹介している「RE03シリーズ」の...

そんなこんなで、問題なく取付け完了!

kero-icon
モコってヘッドライトがちょっと猫目っぽくて可愛らしい。
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

お気軽にフォローしてね!

Facebook
この記事をお届けした
DIYでプチカスタムの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ