『プリウスα にオススメ カーナビ!』 シチェーション別にまとめ。 街乗りもドライブも使える、ハイブリッドだから

シェアしてもらえると嬉しいです!

kero-icon
こんにちは! ケロケロです。
(@kerokero_DIY)

ファミリー向けに便利な車と言えば、街乗りにも遠出にも使えるハイブリッド車。 と言えばプリウスですね。

そして、人も荷物もドンと来いのワゴンタイプが、プリウスαです!

ちなみに写真は、私が自宅を出て出張に行く時です。(大嘘) トヨタ公式サイトはコチラ。

プリウスα | トヨタ自動車WEBサイト

今回は、そんな使える車に取り付けるカーナビゲーションを、シチェーション別にオススメしました。 全部社外ナビです。

純正ナビも良いですけど、自分でコダワリのナビを探すのも楽しいモンですよ! 他にも、バックカメラ・ETC・ドライブレコーダーもまとめてみました。

気になるナビがあったら、目次からも確認してみてね! それではスタート!

スポンサーリンク

大迫力の大画面にしたいなら!

『どうせ取り付けるなら、大画面にしたい!』

通常、カーナビゲーションの液晶サイズは7インチですが、車種が適合していれば 9インチのカーナビゲーションを取り付けることができます。

それが、アルパインのBIGX!

プリウスα専用 9型カーナビ | アルパイン[公式]

ただ画面が大きいだけではなくて、パネルに操作ボタンを埋め込んだような、まるでメーカーオプションのような美しさがあります。

その分お値段は高めになりますが、大画面ならアルパイン / BIGX が抜きん出てますね。

取付に必要なキットなども全て同梱されているので、手間も省けます。

プリウスα専用、9型カーナビ: EX9V-PRA2

画面の迫力はもちろんですが、アルパインブランドらしく音と映像もクオリティが高いです。

普段の買い物や出勤でも、お気に入りの音楽をワンランク上の質で楽しめます!

注意! マイナーチェンジ後の車種が対象です。 詳しくは、アルパインのホームページも確認してみてくださいね

バックカメラを取り付ける場合

プリウスαには、純正装着のナビレディパッケージが無いようなので、バックカメラは準備する必要がありますね。

アルパインのカーナビゲーションへは、基本的にアルパインのバックカメラを取り付けます。

変換ハーネスを使えば、他メーカーのバックカメラも取付できますが、アルパインの方が良いです!

なぜなら、プリウスαであれば「専用の取付キットも同梱されたバックカメラ」がラインアップされているからです。

バックカメラの取り付け位置を決める手間もなく、見た目を純正のようにキレイに取り付けできるので、作業工数も軽減できます。 アラ便利。

また、通常バックカメラのカラーは「黒」ですが、アルパインでは「白(パールホワイト)」もあります。 愛車のボディカラーがホワイト系なら、バックカメラも「白」にすることで目立たなくなりますね!

カラー「黒」: HCE-C1000D-PRA2

カラー「白」: HCE-C1000D-PRA2-W

ステアリングリモコンは?

ステアリングリモコンを接続する配線類は、カーナビゲーション「EX9V-PRA2」に同梱されています。

別途オプション等を準備する必要はありません。

コスパの高いカーナビゲーションを取り付けよう!

カーナビゲーションって、高いですよね。

アレコレこだわりだすと、その分値段もお高くなりがち。 純正ナビなんか、社外品とほぼ同機能なのに、2倍ぐらいしますからね… なんで? 純正だから?

機能が充実しながらも、お買い得な、そんなコスパの高いナビは…

あるよ。

ケンウッドのスタンダードモデル「MDV-L504W」がオススメ!

彩速 シリーズ MDV-L504W | ケンウッド[公式]

彩速 Lシリーズ: MDV-L504W

機能や質に関しては、上の「EX9V-PRA2」と比べると、どうしても分は悪い。

でもね、その分お値段に関しては大きくアドバンテージがあります!

この価格帯にして、地デジ12セグは見れますし、CD(録音可) / DVD / SD / USB / Bluetooth が付いてますので、一通りやりたいことはできる感じ。

カーナビを取り付けた後で、(やっぱりあの機能があれば良かったなぁ)と後悔する可能性も低いのではないでしょうか。

取付キットを準備しよう

「EX9V-PRA2」であれば、専用の取付キットも同梱されてますが、MDV-L504Wの場合は別途取り付けキットが必要です。

ケンウッドでは、トヨタ車向けのダイレクト接続ハーネス「KNA-200WT」がラインアップされているので、コレを使うと取り付けが便利です!

バックカメラを取り付けるなら

MDV-L504Wは、バックカメラ入力が専用カプラになっているので、基本的に取り付けるバックカメラもケンウッド製になります。

アルパインと同様に、バックカメラの色も「黒」「白」の2色がラインアップされているので、愛車のボディーカラーによって選べます!

カラー「黒」: CMOS-C230

カラー「白」: CMOS-C230W

ステアリングリモコンは?

MDV-L504W は、ステアリングリモコンに対応していますが、接続するための配線はオプションになっています。

以下の「KNA-300EX」が必要です。

ETCなら、パナソニックはいかが?

さて、一通りオススメナビを紹介させてもらいましたが、もしETCも必要ならパナソニックのETCはいかがでしょう。

メーカー専用で、カーナビと連動して動作するETCやETC2.0(※)もありますが… そこまで必要ないような気がするんです。

カンタンに言うと、リアルタイムの渋滞情報や災害情報を入手できる機能

ETCが必要な場面と言えば、ゴールデンウィークのような行楽シーズンの遠出ぐらいですし、私は田舎住みなんですけど、まだETC2.0の恩恵を受けられる ITS スポットも無いし。

となれば、やはりお買い得なETCが良いですね! パナソニックの「CY-DT925KD」がオススメです。

本体とアンテナの分離型で、カードの有効期限や、抜き忘れ等も喋って教えてくれます。

行楽シーズンに、普通に使えるETCです。

ドラレコも取り付けちゃう?

イザという時の備えになってくれるのがドライブレコーダー。

激安なドライブレコーダーもありますが、注意しなければならないことがあります。 それは…

「地デジノイズ対策済」になっているか、ということ。

私は失敗しちゃったんですが、この対策が成されていない場合、地デジの受信感度が悪くなる可能性があります。

ケンウッドのドラレコなら、このノイズ対策はモチロン、映りがバツグンにキレイです。

また、LED信号機にも対応してますし、駐車中の録画にも対応しているんです。

ドライブレコーダー | ケンウッド[公式]

ドライブレコーダー単体で動作するものと、ケンウッド製カーナビと連動して動作するドラレコがあります!

単体動作: DRV-325/DRV-320

ドライブレコーダー単体で動作するモデルです。

「DRV-325 / 320」のラインアップがありますが、大きな違いは同梱のSDカードの容量で、DRV-325 なら 32GB の microSD カードが同梱されてます。

ドラレコ買っても、後からSDカードを入れ替えることも無いでしょうし、イザという時に記録データが上書きされてしまうとガッカリなので、容量は大きい方が良いかな、と。

ケンウッド連動モデル: DRV-N520

コチラは連動モデルになるので、ケンウッド製のカーナビゲーションに適合したモデルでないと使用できません。

適合については、ケンウッドのホームページにて確認してみてくださいね

今回紹介している「MDV-L504W」なら、このドライブレコーダーと連動できます。

ドライブレコーダーで記録する映像は、カーナビゲーションで確認できるので、ドラレコ自身に液晶はありません。 見た目がスッキリです。

リアモニター、取り付けてみる?

家族でドライブしてたらね、子供がグズるかもしれないじゃない。

そんな時に、お気に入りのDVDを見せてあげれば、ゴキゲンも良くなるかもしれない。

でも、後部座席のチャイルドシートにいる子供からは、前のカーナビ画面がよく見えない。 というか、走行中は映らないでしょ、ね? ね?(意味深)

そんな時には、リアモニターが便利です。 プリウスαはミニバンサイズでは無いので、天井に付けるよりも助手席(または運転席)のヘッドレストに取り付けできるタイプがオススメ!

ヘッドレスト取り付けタイプ: PKG-M700SC

ヘッドレストに固定するための、取り付けアームも同梱されています。 7型液晶でRCA接続になります。

一点注意しなければならいのは、カーナビ側に映像出力(RCA出力)が付いてるかどうかということ。

今回紹介した「EX9V-PRA2(アルパイン)」と、「MDV-L504W(ケンウッド)」の場合は、以下の通りです。

EX9V-PRA2 の場合

RCAの映像出力はオプションになります。「KCE-190V」が必要です。

MDV-L504W の場合

特にオプションは必要ありません。 ナビ裏にRCAの映像出力があるので、そのまま接続できます。

今回のまとめ

中々ボリューミーになってしまいましたが、シチェーション別にプリウスαのカーナビゲーションと周辺機器をまとめてみました。

気になるトコロを目次から飛んでもらうか、以下のまとめからぜひ読んでみてください!

今回の内容をプレイバック!

プリウスαはハイブリッドで燃費も良いし、ワゴンタイプの使いやすさも兼ね備えてますね!

もし、カーナビだけじゃなくて プリウスα自体も検討中なら、現愛車の査定価格を知っておくのもアリです。 下取りと比べることもできますからね。 例えばガリバーなら、ネットからカンタン入力・無料で査定依頼をできます。

愛車は今いくら?カンタン無料査定 | ガリバー[公式]

お気に入りの車とカーナビで、普段のドライブをもっと楽しんじゃいましょう!