【11インチの大画面!】ノア・ヴォクシー・エスクァイアにカーナビ、BIGX! オールアルパインでリアモニターもバックカメラも

シェアしてもらえると嬉しいです!

kero-icon
こんにちは! ケロケロです。
(@kerokero_DIY)

兄弟車ながら、独特の個性のトヨタミニバン3兄弟! ノア・ヴォクシー・エスクァイア!

さて・・・、カーナビやバックカメラはどうします?

純正でガチガチで固めるのも良いんですが・・・、社外ナビも良いですよ!

同機能でも予算的にオトクになりますし、なんといっても・・・アルパインは車種専用のカーナビ・バックカメラもラインナップされてます。

大画面のブランド、BIGXでは、液晶サイズが脅威の 11インチ です!

kero-icon
すごいよ、アルパインさん

というわけで、この記事ではノア・ヴォクシー・エスクァイア3兄弟に、オールアルパインの装備を紹介します。

もし検討しているなら、絶対参考にしてもらえますよ!

それではレッツ、アルパイン!

スポンサーリンク

カーナビ:シリーズBIGX11

アルパインBIGXでも、最大の液晶サイズになります。

その大きさゆえに、適合車種もノア・ヴォクシー・エスクァイアに加えて、アルファードとヴェルファイアしかありません。

BIGXの良いところは、車種専用であること、つまり取付キットや専用パネルが同梱されており、これのみで取り付けできることです。

自分で適合を確認しながら、必要なキットを探す手間がありません。

前モデルの10インチは、実際に見たことあるんです。 それでもすごい存在感でした。

10インチ以下の機種でも適合はありますが、どうせなら11インチでしょ!

3機種の機能は共通

ミニバン3兄弟に、それぞれ専用ナビがラインアップされてますが、主要機能は一緒です。

  • 純正ステアリングリモコン対応(オプション:後述)
  • 専用バックカメラによる、ステアリング連動ガイド線(後述)
  • WXGA高画質液晶
  • 高視野角のスーパーマルチアングル液晶
  • 地デジ12セグ / CD / DVD/ SD / USB / HDMI / ipod・iPhone など幅広いメディアに対応(※)
  • タイムアライメントやイコライザーなど、車種専用サウンドチューニング

※ USBなど外部接続にはオプションが必要

コレ以外にも機能が盛りだくさんなので、メーカーホームページも確認してみてください。

アルパイン公式サイトはコチラ

それでは車種専用BIGXについて、それぞれ見ていきましょう!

ノア専用:EX11V-NO

noa-11

対応車種
ノア(80系):H26/1~現在、ZRR80G・85G
ノアSi(80系):H26/1~現在、ZRR80W・85W
ノア ハイブリッド(80系):H26/2~現在、ZWR80G
ノア ハイブリッドSi(80系):H28/1~現在、ZWR80W
ノアSi“G’s”※1:H28/4~現在、ZRR80W

アルパイン公式サイトはコチラ

ノア専用にチューニングされた、11インチカーナビBIGXです。

ナビ起動時のオープニング画面にも、「NOA」って表示されます。 愛車の名前が出るのは、なんか嬉しいですよね。

ハードキーが装着されたパネルの一体感も・・・、すごいです。

kero-icon
これはもはや、純正メーカーオプション以上

ヴォクシー専用:EX11V-VO

voxy-11

対応車種
ヴォクシー(80系):H26/1~現在、ZRR80G・85G
ヴォクシーZS(80系):H26/1~現在、ZRR80W・85W
ヴォクシー ハイブリッド(80系):H26/2~現在、ZWR80G
ヴォクシー ハイブリッドZS(80系):H28/1~現在、ZWR80W
ヴォクシー特別仕様車ZS“煌”(80系):H26/11~現在、ZRR80W・85W
ヴォクシー特別仕様車ZS“煌Ⅱ”(80系)※1:H28/7~現在、ZRR80W・85W
ヴォクシー ハイブリッド特別仕様車ZS“煌Ⅱ”(80系)※1:H28/7~現在、ZWR80W
ヴォクシーG’s※1:H28/4~現在、ZRR80W

アルパイン公式サイトはコチラ

ヴォクシー専用の11インチ、EX11V-VOになります。

こちらも同様にオープニング画面がヴォクシー専用です!

こうやって見てると、ノアの同じ機種でオープニング画面変えてるだけじゃないの? とも思いますが、むしろ細かいコダワリとも言えますね。

やっぱり愛車の名前が出ると嬉しいでしょうから。

・・・え?

私の愛車ですか?

kero-icon
ジュークだよ! BIGXの適合ないよ! チクショー

同様にハードキーの付いた専用パネルで、まるで純正。

エスクァイア専用:EX11V-EQ

eq-11

対応車種
エスクァイア:H26/10~現在、ZRR80G・85G
エスクァイア ハイブリッド:H26/10~現在、ZWR80G
エスクァイア特別仕様車Gi“Black-Tailored”:H28/1~現在
エスクァイア ハイブリッド特別仕様車Gi“Black-Tailored”:H28/1~現在

アルパイン公式サイトはコチラ

こちらがエスクァイア専用のEX11V-EQです。

同様の専用オープニング画面で、まるで純正。

エスクァイアって調べてみると、騎士や紳士を意味する言葉みたいです。

kero-icon
つまり、私のような紳士をさしていると・・・
usa-icon
恥を知れ! 俗物が!
kero-icon
ハマーン様ッ!

純正ステアリングリモコンはオプションで対応

「KTX-Y401R」を利用することで、純正ステアリングリモコンを使うことができます。

対応車種
ヴォクシー(80系):H26/1~現在、ZRR80G・85G
ヴォクシー ハイブリッド(80系):H26/2~現在、ZWR80G
エスクァイア:H26/10~現在、ZRR80G・85G
エスクァイア ハイブリッド:H26/10~現在、ZWR80G
ノア(80系):H26/1~現在、ZRR80G・85G
ノア ハイブリッド(80系):H26/2~現在、ZWR80G

アルパイン公式サイトはコチラ

ちなみに、他メーカーのステアリングリモコンだと、純正ステアリングリモコンスイッチの特性上、ボリュームアップ / ダウンしか使えないんです。

これは、その他のボタンが車両のマルチインフォメーションディスプレイ用のスイッチのため、オーディオ操作に割り当てられたボタンがボリュームしかないためです。

kero-icon
ところがどっこいスットコドッコイ

アルパインでは、説明書を確認してみると、マルチインフォメーションディスプレイのスイッチに割り込むことで、ボリューム以外のオーディオ操作も可能になります。

ただ、割り込む前にナビ側でボタンを長押しするというワンクッションは必要になります。

でも、使えるのは嬉しい。

kero-icon
いい仕事してますねぇ

USB / HDMI もビルトイン!

USBやHDMIに対応しているカーナビは数多くあります。

コードはグローブボックスに入れておくか、または足元に出しておくか・・・、という置き方になりますよね。

アルパインは、純正スイッチにビルトインする形で、配線をスッキリさせることができるんです。 純正みたいな感じで。

車種によって適合がありますので、必ず確認!

アルパイン公式サイトはコチラ

専用バックカメラは、選べる2色

アルパインでは、バックカメラも車種専用!

取付キットや純正配線を流用する専用配線など、バックカメラをスッキリキレイに取り付けする部品も同梱してます。

kero-icon
ノア・ヴォクシー・エスクァイアに共通の専用バックカメラに、黒・白選べる2色をラインアップ

加えて、上記の2016-2017モデルのBIGXとの接続であれば、ステアリング連動のガイド線も利用できます!

バックする時にハンドルを動かすと、ガイド線もそれに連動してグニャーっと動いて、クルマが通るであろうラインをなぞるんです。

黒:HCE-C1000D-NVE

nve-backcamera

対応車種
ヴォクシー(80系):H26/1~現在、ZRR80W・85W・80G・85G
ヴォクシー ハイブリッド(80系):H26/2~現在、ZWR80G
ヴォクシー特別仕様車ZS“煌”(80系):H26/11~現在、ZRR80W・85W
エスクァイア:H26/10~現在、ZRR80G・85G
エスクァイア ハイブリッド:H26/10~現在、ZWR80G
ノア(80系):H26/1~現在、ZRR80W・85W・80G・85G
ノア ハイブリッド(80系):H26/2~現在、ZWR80G

アルパイン公式サイトはコチラ

こちらのカラーは一般的な「黒」になります。

クルマのボディカラーが黒系であれば、コチラを選択した方がいいですね!

取付キットを使って取り付けるので、半埋め込みでスッキリキレイです。

白:HCE-C1000D-NVE-W

nve-backcamera-w

対応車種
ヴォクシー(80系):H26/1~現在、ZRR80W・85W・80G・85G
ヴォクシー ハイブリッド(80系):H26/2~現在、ZWR80G
ヴォクシー特別仕様車ZS“煌”(80系):H26/11~現在、ZRR80W・85W
エスクァイア:H26/10~現在、ZRR80G・85G
エスクァイア ハイブリッド:H26/10~現在、ZWR80G
ノア(80系):H26/1~現在、ZRR80W・85W・80G・85G
ノア ハイブリッド(80系):H26/2~現在、ZWR80G

アルパイン公式サイトはコチラ

こちらは、カラーが「白」になります。

ボディカラーがホワイトなら、絶対にコッチを選択したほうがいいですね!

画像の通り、目立ちません。

機能はどちらも一緒です。 違うのは色だけ。

こういった細やかな心遣いは嬉しいですね。 他メーカーだとケンウッドも同様に黒 / 白と2色あります。

後席モニターは、12.8インチモデルも!

リアモニター? フリップダウンモニター?

色んな呼び方がありますが、アルパインでは車種専用の取付キットがラインアップされてますので、キレイに取り付けることができます。

稀に、「このモニター付けたい!」といって、いわゆる激安フリップダウンモニターで相談されることがあるんですが・・・、

kero-icon
絶対に取付けできません!

モニターをつけるには、天井をカットする必要があります。

激安モニターには取付キットがありません。 無理です。

そりゃあ、配線がダラーンと見えてもいいとか、グラグラしてもいいとか、天井カットに失敗してもガムテープでポーイッと塞げばいいってなら問題ないですけど・・・。

kero-icon
まぁ、プロショップなら取り付けできるでしょうけど、結局工賃がものすごいことに・・・

アルパインの取付キットは、ちゃんと型紙が入っているので、天井カットする位置が分かります。

kero-icon
天井をカットする時は、寿命が縮むぜ!

リアモニター:PXH12X-R-B

nve-monitor

アルパイン公式サイトはコチラ

なんと! あの! プラズマクラスター技術を搭載してます! モニターなのに!

アルパインってこういうの好きみたいね。 この機種じゃないけど、カーアロマとか言ってるし。

液晶サイズは脅威の12.8インチ!

私が初めての一人暮らしで買った液晶テレビは14インチだったよ! それはそれとして・・・

usa-icon
でも・・・、お高いんでしょう?
kero-icon
イエス、ウィーキャーン

何と言っても一番上のモデルですからね。 まぁ、高いんですけど、その分プラズマクラスターを始め、色んな機能があります。

WXGA 1280×720p
光の反射やにじみを抑えるARコーティング
広視野角 スーパーマルチアングル液晶
ターボモード搭載プラズマクラスターイオン発生ユニット
7色カラーコーディネート機能搭載LEDルームランプ
HDMI リアビジョンリンク対応(接続ケーブル/専用リモコン別売)
リモコン付属

その他にも、面白い機能がありまっせ。

それは・・・「ダブルゾーン」

オプションとして、「HDMIリアビジョンリンク(後述)」が必要になりますが、フロントとリアで、別々のメディアを楽しめるんです。

av-alpine-8

正直・・・、そこまでするか・・・? とも思いますが、

子供の「アンパンマン、エンドレスリピート」に陥った時は、前でちょっと好きな音楽かけるという楽しみ方ができそうですね。

取付キットは、サンルーフの有無を確認してね

車種によっては、サンルーフが付いてると取付不可の場合もありますが、ノア・ヴォクシー・エスクァイアはいずれも取り付けできるみたいです。

また、サンルーフ無であれば、色も選べます。

※ 取付キットの適合は必ず確認しときましょう!

アルパイン公式サイトはコチラ

サンルーフ無:グレー:KTX-Y2005VG

サンルーフ無:黒:KTX-Y2005BK

サンルーフ有:KTX-Y2015VG

リアビジョンリンクケーブル:KCU-610RV

ナビとモニターをHDMIで接続するケーブルになります。

ダブルゾーンをするなら、これが必要!

ちなみに、ナビとモニターでHDMIの入出力に対応しているなら、絶対にHDMIで接続した方が良いです!

kero-icon
なぜなら画質が全然違うから

せっかくキレイに映る液晶でも、画質で劣るRCA接続じゃ勿体無いオバケが出ます。

ぜひHDMIで接続しましょう。

カーナビ連動のETC2.0

ETC2.0って最近になって耳にしたんですが、要するに、

以前にあったDSRCという技術が流行らないので、知名度の高いETCに乗っかったんですね。

・・・で、2.0というわけで。

DSRC車載器(ETC2.0)があると、ITSスポットが以下のような情報を配信してくれて、運転支援につながるんです。

  • リアルタイムな道路情報を利用した「渋滞回避」
  • 道路上の落下物など危険回避を教えてくれる「安全運転支援」
  • 災害が発生した場合など、緊急情報を教えてくれる「災害時支援」

コレ以外にも、今後は渋滞回避で高速を降りて乗り直した場合の「料金の優遇措置」や、駐車場を出る場合に「ETCのような決済」が出来るようになる予定です。

kero-icon

知っている人は知っている

知らない人は、覚えてね

kero-icon
オイラはボイ・・・
usa-icon
ハイそこまで

ETC2.0 光ビーコン付 HCE-B110V

ITSスポットは主に高速道路に設置されており、光ビーコンは一般道への設置です。

両方カバーするなら、この光ビーコン付きになりますね。

【ワンポイントアドバイス】

電波ビーコン(2.4GHz)からの情報提供は平成34年3月31日に停止され、ITSスポットからの情報提供に一本化されるため、これから長期的に道路情報を取得していくには、光ビーコンレシーバー付ETC2.0車載器HCE-B110Vがオススメです。

アルパイン公式サイトはコチラ

ETC2.0 HCE-B110

このタイプは、光ビーコンが付いてません。

つまり、一般道がカバーできないとうことになります。

・・・

私、田舎に住んでるんですけど、この田舎道にどれだけ光ビーコンがあるんだよ・・・。

ってなわけで、これで十分じゃなかろうかと。

kero-icon
個人の感想です

アルパイン公式サイトはコチラ

普通の連動ETC HCE-B053

そもそもITSも光ビーコンも無いよ。田舎だから。

このHCE-B053で十分です。

・・・まぁ、とは言いつつも、悲劇は最悪のタイミングで訪れるものです。

行楽シーズンで高速道路を使う時なんかは、ETC2.0の恩恵に預かれるかもしれないですね。

昔、高速道路で大渋滞にハマった時・・・、トイレに行きたくなったんですよね・・・。

我慢してたら、

usa-icon
ペットボトルならあるよ! さぁ、どうぞ!
kero-icon
・・・

ツマにセクハラされました。(我慢しました)

アルパイン公式サイトはコチラ

取付キットで、ビルトイン!

アルパインでは、ETCにも取付キットが用意されとります。

純正だと、カードケースになっているところに埋め込むことができるんです。

t1_ktx-y20b

本製品はアルパイン製ETC車載器HCE-B110、HCE-B110V、HCE-B053を純正品のようにスマートに取付けることができます。

アルパイン公式サイトはコチラ

どうせなら、キレイに取付できた方がイイですよね! 埋め込みで取り付ければ、なんということでしょう、まるで純正ではありませんか。

 今回のまとめ

アルパインの車種専用で揃えれば、もうほとんど純正のようにスッキリキレイ。

予算的にも、決して安いわけではないですが、純正に比べてオトクです。 しかも機能充実。

kero-icon
アルパインのブランドを裏切らず、映像も音質も高クオリティです

では、この記事のまとめをカンタンにもう一度!

今回のまとめをプレイバック!

もし検討中なら、ぜひ参考にしてみてね!

kero-icon
それにしても、一体どこまで大きくなるのだろう・・・BIGX