『プリウスに 7インチ ワイドカーナビ取付!』 純正パネルは9インチ用だから、パネルを準備しとこう! / NX617W(クラリオン)

クルマ
kero-icon
こんにちは! ケロケロです。
(@kerokero_DIY)

トヨタのハイブリッドを代表する車種と言えば、プリウスですね。 スタイルが… 独特の…

今回は、コチラにクラリオンのカーナビ、NX617Wを取り付けました。

取り付ける手順は、他の車と大きな違いはないのですが、普通の7インチナビを取り付けるなら、予め部品を準備しておく必要があります!これ大事!

その辺りの内容も含めて、取り付け記事をまとめてみたよ。

では、本編スタート!

スポンサーリンク

穴埋めパネルを忘れずに

現行プリウス(ZVW50系、2017時点)の、オーディオレス窓口サイズは、9インチになってます。

kero-icon
9インチになってます。
usa-icon
大事なことなので、2回言いました。

これは、多分ディーラーオプションが9インチになってるためだと思いますが、大画面が嫌! という人も中にはおられるでしょう。

その場合は、穴埋め用のスペーサーを準備しておけば、通常の7インチワイドナビを取り付けることができます。

このスペーサーは、純正部品として用意されてます。(純正品番号:55424-47030

これは、トヨタのディーラーや車販売店などあれば、そちらから取り寄せできます。

現在では、取付キット(Y-2449など)に7インチ用のパネルが同梱されています。

パネルを取り外そう!

何はともあれ、まずはパネルを外しましょう!

プリウスは今回初めてで、要領が全く分からんチン… 養生はしっかりやっときましょう。

パネルの取り外し

正式名称は知りませんが、こういう「表面保護シート」があると便利です!

ちなみに外し方については、アルパインの「クルマ別製品取付情報」が参考になります。 ありがとう、アルパイン。 ありがとう。

見た目が難しそうでしたが、やってみると思ったよりは易しかったです。

パネルを外したところ

電源接続には、ダイレクトハーネスが便利!

通常、汎用の取付キット・電源ハーネスを準備して〜ギボシをつないで〜… という流れになりますが、ダイレクトハーネスを使ったほうが断然便利!

これを使うと、電源・ラジオ・車速 / リバース / パーキング・ステアリングリモコンのカプラを、全てダイレクトで接続できます。 カプラーオンするだけですね。

万が一のミスも無いし、接続もアッという間!

クラリオンに限らず、他メーカーでも専用ダイレクトハーネスがラインアップされてる場合が有ります。

その場合はぜひ使ってみて下さい。 ホントカンタン! オススメ!

純正バックカメラは変換しちゃいなよ!

ナビレディパッケージというグレードだと、純正のバックカメラが既に装備されています。

これ… もちろん社外ナビでも使えますよ! 変換ハーネスを使っちゃえばいいんです!

これを使えば、オーディオ裏に来ている純正バックカメラカプラを、一般的なRCA接続へ変換できます。

但し、カーナビメーカーによっては バックカメラ入力が専用カプラになっているので、その場合はもう1つ部品が必要になります。

クラリオンカーナビのバックカメラ入力は専用なので… もう1つ部品が必要です。

これでバックカメラはOK!

配線OK、取付完了!

その他、地デジやGPSも配線し、動作確認ができれば取付完了です!

カーナビ取り付け完了

7インチ用のスペーサーを付けてますが、違和感ないです。 純正部品なので、素材も一緒のピアノブラック。 大画面が苦手な人は、7インチで十分ですね!

今回取り付けたのは、クラリオンのNX617Wになります。

NX617Wは、現在販売終了モデルです。

はい、というわけで今回も無事終了です!

プリウスに7インチワイドナビを取り付ける場合は、穴埋め用のスペーサーを忘れずに!

以上、オツカレサマでしたー!

クルマ カーナビ取付
スポンサーリンク
ケロケロをフォローする
自分で洗車ガラスコーティングができる!

ガラスコーティング【ギガクリスタル】の特徴
・基本的に、塗り込んだら水で流すだけ
・手間はかかるが、技術はいらない
・素人でも施工可能
・素人が仕上げたとは思えないクオリティ
・コーティング効果継続期間は、なんと3年



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
DIYでプチカスタム

コメント

タイトルとURLをコピーしました