『コペンにカーナビを取り付け!』 ピラーを外すのはちょっと大変。 パナソニックの CN-RE03WD を装着!

シェアしてもらえると嬉しいです!

kero-icon
こんにちは! ケロケロです。
(@kerokero_DIY)

見た目は手軽なスポーツカー! しかし、その希少性ゆえに中古車でも大人気なのがダイハツのコペン!

いいっすよね〜。 普段使いには向かないんですけど、もし可能ならセカンドカーに欲しい。 夏山の麓を走ったら最高でしょうなぁ…

さて今回、そんなコペンにカーナビの取り付けを行いました。

手順自体は他の車と変わらずそんなに難しくないんですけど、ちょっと面倒でした。 ピラー外すのがね…

スポンサーリンク

パネルを外そう!

カーナビを付けるなら、まずはパネルを外さねばなりません。

こんな時に、ものすごく参考になるのがアルパインの取付情報です。

クルマ別製品取付け情報 | アルパイン

こういう情報は、取付する上でホント助かります。 ありがたく参考にさせてもらいましょう。 車によっては載ってない場合もありますが、コペンは載ってましたよ。ヤッタネ!

というわけで、内装をベリッと外していきましょう。 養生も忘れずに…

取付情報を参考にして、横に長いパネルを外すと、オーディオ回りのパネルが外せます。

ピラーを外すのはちょっと大変

この辺りの作業は必死だったので、写真がないです。 忘れた…

コペンはオープンカーなので、ピラーからルームランプ辺りの内装が、一般的な車と異なります。

勘合の関係で、ピラーを外すのがちょっとメンドウなのです。

フィルムアンテナの配線やGPSの配線を隠すためには、ピラーは必ず外さなくちゃダメですからね。

本来であれば、ルームランプ辺りの横に長いパネルをはずさなくてはダメですが、サンバイザーと屋根の接合部分を外して、パネルを浮かすようにしてピラーを外しました。

ピラーを外したいだけなのですが、結構時間を食います…

あ、ピラーを外しに掛かる前に、屋根は格納しておきましょう。

コペンの屋根の格納は電動なので、ちょっとしたトランスフォーム気分は味わえましたね!

取付キットを準備しとこう!

通常、カーナビを取り付ける際には、車種に適合した取付キットが必要です。 今回のコペンだと、以下の取付キットになります。

車速・リバース・パーキングのオプションカプラも同梱されているので、配線するのがカンタンです。

まぁ、パーキングは… あれか! チョメチョメするからいっか!(意味深)

取付キットは、車種・年式・型式・グレードによって異なる場合があるので、必ずメーカーHPにて適合表を確認しときましょう

車種別取り付け適合情報 | エーモン

なお、ダイハツ車に新しくナビ・オーディオを取り付ける場合は、固定するためのブラケットが付属してない場合が多いです。

ブラケットがない場合には、ディーラーもしくは販売店にお願いして、取り寄せておきましょう。

今回取り付けたカーナビ / CN-RE03WD

配線して、動作確認して、パネルを戻せば取付完了!

うーん。 ワイドモデルがキレイに収まって美しいですネ。 コンパクトスポーツカーですが、カーナビの存在がインテリアを邪魔しておりません。

というわけで、今回取り付けたカーナビは、パナソニックのCN-RE03WDになります。

CN-RE03WD ストラーダシリーズ | パナソニック

価格帯の割に機能が充実している、コスパの高いカーナビゲーションです。 テレビも12セグでBluetoothも付いてるし。

検討中のカーナビに決めてがない場合には、これを取り付けときゃ問題ないでしょう。パナソニックだし。

CN-RE03WDについては、別記事にもまとめてるのでコチラもどうぞ!
こんにちは! ケロケロです。 (@kerokero_DIY) 現在、この記事で紹介している「RE03シリーズ」の...

というわけで、今回も無事に取り付け終了!

いやー、それにしてもコペンっていいですね。 ホント、セカンドカーに欲しい。。。 同じコンパクトスポーツカーだと、ホンダのS660もなぁ、いいですよねぇ。 ツマにお願いしてみようかな。

絶対ムリ

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

お気軽にフォローしてね!

Facebook
この記事をお届けした
DIYでプチカスタムの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ