『スイフトにカーナビ取り付け!』 意外なところにネジがあるよ! ワイドナビが取り付けできるので、7.7インチのプチ大画面を!

クルマ

 

ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

スズキのスポーツタイプコンパクトカーのスイフト。

今回はコチラにカーナビを取り付けました。

現行のスイフトではワイドモデルが装着できます。

スペーシアなどもワイドになってきましたから、今後はトヨタと同様なワイドパネルになっていくんでしょうね。

スズキのオーディオパネル付近は、カンタンに外れることが多いんですが … 今回は違った。

 

スポンサーリンク

パネルを外す前に要チェックやで

このスイフトは初体験なんですけど… 見た感じは、オーディオ周りのパネルがサクッと外せそうでしょ?

で、適当に外そうとして失敗したら元も子もないので、アルパインのホームページで調べてみます。

こういう情報は、ホントありがたいですね。 サンキューアルパイン。 スイフトの外し方も載ってました。

フンフン… なるほど。 ちょっとメンドクサイね。

 

上部パネルを外そう

カンタンには外れなさそうです。

まずは、「オーディオとエアコン吹き出し口の間にある、横に長いパネル」を外さなければなりません… って、もうこのパネルの正式名称はなんなのさ。

ただこれ、普通に外そうにも隙間がないのでリムーバーが使えません。

先にグローブボックスを外して、下からパネルのツメを押し上げて、隙間を作りましょう。

 

ただ、このツメがすっごい固いのよ…

ドライバーの柄の部分を押しつけるか、場合によってはドライヤー等で温めてやると良いです。

隙間が出来れば指が入るので、後はキズをつけないように少しずつ外します。

 

このネジがあるばかりに…

横長パネルが外れれば、オーディオパネルと金具を固定しているネジが見えます。

 

このネジを外してやれば、オーディオパネルが外れます。

ちなみに、スイフトのラジオアンテナはジャック形式(?)じゃなくてカプラになってます。

電源ハーネスだけ準備しとくとラジオアンテナが接続できないので、取付キットを準備しときましょう。

 

取付キット、忘れずに

電源ハーネスやラジオ変換カプラ、車速・リバース・パーキングが配線されたオプションカプラなど、取付に必要なモノが一式揃った「取付キット」を準備しておくと便利です。

今回は、「KK-S79DE」という型番の取付キットになりますが、これは車の型式・年式やグレードによって異なります。

必ずメーカーHPの適合表を確認しましょう。

 

配線、動作確認で取付完了!

地デジアンテナやGPSとか、なんやかんや配線できて、動作確認ができれば取付完了です!

今回取り付けたのは、クラリオンの「MAX677W」になります。

現在は、販売終了モデルです

 

今回のまとめ

はい。 というわけで、今回はスズキのスイフトへのカーナビの取り付けでした。

ではカンタンに内容をまとめてみましょう。

今回の内容をプレイバック!

 

スイフトとかコンパクトスポーツカーって楽しそう。 夏の大山とか走ったら絶対楽しいわぁ。

お気に入りの車に、お気に入りのカーナビつけて、ドライブを楽しみましょう!

 

…もし、自分での取り付けが難しいと感じたら、無理をせずプロに依頼しましょう。

「持ち込みOK」の車屋さんを、ネットからも探せますよ。

持ち込み取り付けは、グーピットがオススメ

取り付けを依頼するなら

ネットショップで購入したカー用品、 自分での取り付けは難しい場合もあります。

取り付けを依頼する アテ があるなら良いですが… 無い場合は、グーピットで探すとカンタンです。

全国から「持ち込みOK の取り付け店」を探せるし、概算見積りなども、無料で問い合わせできます。

おしまい。

クルマ カーナビ取付
スポンサーリンク
ケロケロをフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
DIYでプチカスタム

コメント

タイトルとURLをコピーしました