『アクアにバックカメラ取付』ディーラーオプションナビなら、イクリプスのバックカメラがオススメ!

シェアしてもらえると嬉しいです!

バックカメラ・・・、便利ですよね。

もちろん、バックカメラのみに頼るのはいけませんが、目視では確認できない死角も確認できますし、駐車場でどこまで下がれるか分かりやすいです。

最近では、メーカーオプションとしてバックカメラが標準装備されたグレードもあります。

とはいえ・・・、

新車購入時は「いらない!」と思っていたバックカメラが必要になったり、中古車で購入した車にバックカメラが付いてないという事もあるでしょう。

で・・・、

バックカメラを追加する時、カーナビがトヨタのディーラーオプションなら、

kero-icon
イクリプスのバックカメラにすると、便利だよ!

というのが今回のお話です。

それではレッツ、バックカメラ!

スポンサーリンク

なんでイクリプスが良いの?

これにはちゃんとした理由があります。

本来、純正のカーナビゲーションに、社外品のバックカメラを取り付けようとすると、例えばデーターシステムが出しているような、変換ハーネスが必要になります。

これは、純正カーナビのバックカメラ入力が専用カプラになっているため、一般的なRCA入力に変換しなければならないからです。

でも・・・、

イクリプス専用バックカメラは、ほぼ全てのトヨタ純正ディラーオプションナビと仕様が一緒なんですね。

だから、変換ハーネスもいらないし、別途電源を取る必要もない。

コストも掛からないし、取り付けるのもちょっと楽ができる!

kero-icon
これがイクリプスを選ぶ理由です

純正バックカメラでも良いのだけれど・・・

そりゃあ、純正バックカメラならピッタリキレイに取り付けできるでしょう。

けども・・・、・・・高い! 純正は高い!

純正に特別なこだわりがあるなら別ですが、社外品でも十分です。

バックカメラ取り付け経験のある業者さんなら、貼り付けではなく、純正のような半埋め込みで取り付けしてくれるハズ。

今回はイクリプスのバックカメラです。 それでは実際に取り付けていきましょう!

養生は確実に!

バックカメラ取り付けは、それなりに経験はあるのですが、アクアは初めてです。

ナビレディパッケージが多いですからね・・・。

kero-icon
集中してたので、写真は少なめ・・・

さて、バックカメラ取り付けとなると、車のボディに直接触れる機会が多くなるので、養生は確実にしときましょう!

万が一で泣かないために・・・、この保護テープがメッチャ便利です!

ビニールっぽい素材なので、ボディに張り付いてくれて養生も楽ちん。 剥がす時もカンタンです。

カッターで切っても良いのですが、手でも引きちぎるように切断もできます。

kero-icon
私は10cm幅を購入していたのですが、ボディへの養生に関しては、サイズ的に20cmが良いですね・・・。 失敗した。

保護テープで大まかに覆ったら、細かい所はマスキングテープを使いましょう!

残念、中継カプラは無し!

さて、アクアのバックドア裏側を外してみます。

トヨタ車って、このバックドア裏側にバックカメラの配線がされていることが多いんですよ。

もし配線されていたら、その分手間が省けたって・・・、言うじゃな〜い?

でも・・・、

中継カプラ、ありませんからー!

kero-icon
残念!

というわけで、配線をナビ裏まで引き回さないとダメです 斬り

配線通しにはこれを使おう!

バックカメラの配線をナビ裏まで持ってくるには、手が入らないような狭いところも通さなければなりません。

そんな時に役に立つのが配線通し!

私が愛用しているのは、知人にもらったもので・・・、ネットを探しても出てこないんですが、カーパーツで有名なエーモンでも配線通しありました!

これのワイヤーに配線を固定して、ガイドを使って狭いところを通します。

エーモンのホームページに、具体的な使い方が載ってますので、コチラも確認してみてください。

エーモン 公式サイトはコチラ

特に通しにくいところは・・・

特に通しにくいところ・・・、それは、

kero-icon
バックドアとボディの間にあるゴムチューブです

配線類が束ねて入っているので、通りにくいんですね。

そんな時に役に立つのがコレ!

このCRCを、ガイドや配線を固定している部分にプシューと吹きかければ・・・アラ不思議!

スルリ・・・とまではいきませんが、格段に通りが良くなりますよ!

バックカメラ取り付け完了!

ナビ裏までバックカメラの配線を持ってくれば、後はパチンとはめるだけ。

イクリプスの専用バックカメラ「BEC113」ならダイレクトで接続できるんですね。

取り付け位置も、仮付けしながら合わせました。

動作確認もOKでした!

特別な設定が必要になることも

カーナビゲーションによっては、バックカメラの映像に車幅を表すガイド線を、出力することができます。

今回のナビはディーラーオプションになるのですが、特別な設定モードでないと設定できないようです。

ナビはNSCP-W62になりますが、メニューボタンを押しながら、スモールライトをON / OFFを繰り返すと、その設定モードに入れます。

その他のディーラーオプションだと・・・、ちょっと分からないです。 グーグル先生に聞いてみてください・・・。

今回のまとめ

はい。 というわけで、今回も無事終了!

純正品と社外品の組み合わせでも、変換ハーネスを使えば接続はできますが、イクリプスのバックカメラを使えば、ダイレクトに接続できます。

kero-icon
もしバックカメラの追加を検討しているなら、イクリプスがオススメですよ!

もし、アクアを検討しているなら、メーカーオプションのナビレディパッケージでも、社外品の後付バックカメラでも、変換ハーネスを使えば実質どんなナビでも取り付け可能です。

まぁ、バックカメラが装着されているなら、前には既にカーナビが取り付けられている可能性が高いですが、

kero-icon
中古車で購入した後でも、カーナビは自分の好きなものに交換できますよってことです!

こちらも検討材料の1つにどうぞ!

Goo-netなら、愛車の査定価格も調べられるので下取りと比べることもできます。

Goo-net 公式サイトはコチラ

後方確認には、もちろん目視も必要です。

でも、実際に使ってみると、やっぱりバックカメラって便利ですよね。

駐車はやりやすくなりますし、危険を回避する意味でも。

kero-icon
まだの人は、ぜひ検討してみてね!

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

お気軽にフォローしてね!

Facebook
この記事をお届けした
DIYでプチカスタムの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ