スペーシア[スズキ]にバックカメラを取り付け。方法や手順をまとめます。

カーナビ取付

 

ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

スズキの大人気ハイトワゴン、スペーシア。

今回は、このスペーシアにバックカメラを取り付けました。

 

最近だと、前後左右にカメラが標準装備された「全方位カメラ」もありますよね。

今回は、一般的な社外バックカメラを取り付けております。

 

この記事では、スペーシアにバックカメラを取り付ける手順・方法をまとめております。

自分で取り付けてみたい人は、ぜひ参考にしてみてね。

 

スポンサーリンク

バックカメラ取り付け位置の確認

まずは、バックカメラの取り付け位置をマーキングしておきましょう。

マスキングテープが使いやすいです。

 

最初にマーキングしておかないと、パネルを外した後では位置決めができません。

マーキングできたら、パネルを外していきます。

 

ガーニッシュパネルを外す

リアハッチ(?)裏のカバーを外します。

 

ガーニッシュ裏の配線・ネジを外します。

リアハッチを、そ~っと閉めつつ、ガーニッシュを外します。

 

バックカメラの取り付け

最初にマーキングした位置を頼りにして、カメラの取り付け位置を決めます。

ちょうど目隠しカバーがあったので、これをそのまま利用します。

 

電動ドリルを使って、配線を通す穴を開けます。

 

貼り付け部分を脱脂して、バックカメラを貼り付けます。

穴を開けた部分は、ブチルテープやコーキング剤で、防水処理をしておきましょう。

 

バックカメラの配線を、カーナビ裏まで持っていく

バックカメラの以下の配線を、カーナビ裏まで持っていきましょう。

  • 電源配線
  • アース配線
  • 映像配線

 

まずは、配線ガイドを使って、リアハッチの中を通しましょう。

 

リアハッチとボディの中間にあるゴムチューブの中を通して、天井裏を配線していきます。

 

助手席上まで配線できたら、ピラーの裏を通してカーナビ裏まで配線します。

カーナビ裏まで配線できたら、カーナビの配線と一緒に、接続しときましょう。

 

ガーニッシュパネルをカットする

(写真撮ってませんが)バックカメラの映像がカーナビで確認できたら、ガーニッシュパネルをカメラに合わせてカットします。

これは、バックカメラを半埋め込みにすることで、純正っぽく見せるためです。

まずは、最初にマーキングした位置を頼りにして、カット範囲を確認します。

 

そしたら、奥の部分を電動ドリルで横に穴を開けていきます。

 

次に、金ノコで横をカットします。ゴメン。写真撮り忘れた

横をカットしたら、穴を開けた部分が イイ感じでペキッと折れます。

後は、ヤスリを使って整えましょう。

 

バックカメラ取付完了

ガーニッシュがカットできたら、元に戻します。

バックカメラの映り方に問題なければ、取付完了!

 

最近だと、バックカメラもメーカーオプションで標準装備されてる場合も多いですが…

後から社外バックカメラを追加した方が、コストが安くなる場合もあります。

どちらを選ぶかは… お好みで。

ケロケロ
ケロケロ

ちなみに私が好きなのは、バックよりも騎じょ

ウサピョン
ウサピョン

言わせねぇよ

…というわけで、今回の記事は終わりです。

自分で取り付けてみたい人は、ぜひ参考にしてみてね。

 

もし、自分での取り付けが難しいと感じたら、無理をせずプロに依頼しましょう。

「持ち込みOK」で取り付けてくれる車屋さんを、インターネットからも探せます。

持ち込み取り付けは、グーピットがオススメ

取り付けを依頼するなら

ネットショップで購入したカー用品、 自分での取り付けは難しい場合もあります。

取り付けを依頼する アテ があるなら良いですが… 無い場合は、グーピットで探すとカンタンです。

全国から「持ち込みOK の取り付け店」を探せるし、概算見積りなども、無料で問い合わせできます。

カーナビ取付
スポンサーリンク
ケロケロをフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
DIYでプチカスタム

コメント

タイトルとURLをコピーしました