自分で初めて洗車ガラスコーティングしたい、でも失敗したくないアナタに読んでほしい。簡単に作業できるギガクリスタル

クルマ
ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

愛車をキレイに保ちたい…

愛車を自分でキレイにしたい…

…という場合、手洗い洗車をしている人も多いのではないでしょうか?


手洗い洗車は、手間はかかりますが、自分で愛車をキレイするのも楽しいですし、洗車機に比べて金額も抑えられます。

コストパフォーマンスが高いです。

そんな手洗い洗車派の人にオススメしたいのが… 「自分でガラスコーティング」です。

ガラスコーティングは、文字通り 薄いガラス被膜でボディをコーティングするので、ツヤと鏡面感がスゴイです。


そんなガラスコーティング、自分でやってみたいと思いませんか?

もちろんプロに任せた方がいいに決まっていますが…

  • 値段が高い(おおよそ50,000円以上)
  • 愛車だから、自分で作業したい

…なんて思いもありますよなぁ。


よし、じゃあ自分でやってみよう! と思ってみたものの… 今度は、こんな不安が膨らんできます。

  • 失敗したら、どうしよう…
  • ボディに変なムラやシミができたら、どうしよう…

私も、初めてガラスコーティングをやった時は、不安でいっぱいでした。

でも…

ケロケロ
ケロケロ

あきらめないでっ!

ウサピョン
ウサピョン

真○みきか

初めてのガラスコーティングで失敗したくないなら… ギガクリスタルMK-10Hがオススメです

絶対に失敗しない… とまでは言えませんが… ギガクリスタルMK-10Hを使えば「失敗する可能性は、ほぼ無い」と言っていいでしょう。

…というわけで今回の記事は、「ほぼ失敗しない理由」をまとめます。

ぜひ参考にしてみてね。


スポンサーリンク

手間はかかるが、特別な技術は必要なし

私がガラスコーティングをやる前は、こんなコトを思っていました。

  • 作業するための、専用スペースが必要なんじゃね?
  • コーティング剤を正確に均等に塗らないと、ムラになるんじゃね?
  • 乾燥・硬化時間を正確に守らないと、シミになるんじゃね?

…そうなると、やはりプロでないと作業できません。

だがしかし!

ギガクリスタルMK-10Hを使えば、そこまで正確さは求められません。

下準備やコーティングの塗り込みなど、手間はかかりますが、特別な技術は必要ないんです。


基本的に、塗り込んで、水で流すだけ

ギガクリスタルMK-10Hは、手洗い洗車と同じ感覚で作業できます。

スポンジにコーティング剤を塗布して、ボディへ塗り込み、水で流すだけです。

ガラスコーディングに必要なスポンジや、マイクロファイバークロスは、全てギガクリスタルMK-10Hに同梱されています


塗り込む作業も、特別な技術は必要ないです。

固形ワックスを塗り込むのと同じイメージで作業できます。


余剰成分も水で流せるので、ムラができない

塗り込みすぎて、ムラになったらどうしよう…

なんて心配は、ギガクリスタルMK-10Hには必要ないです。


塗り込み過ぎた余剰成分は、後で水で流せます。

塗り残しにさえ気を付ければ、問題ナッシングです。

私も、(塗り残しだけは気を付けよう…)と思って、少し多めに塗り込んでしまいましたが… 余剰成分は水で流せたようで、キレイに仕上がりました。

↓コーティング後に、水で洗い流したところ


犠牲被膜剤で、完全硬化までボディを守る

ガラスコーディング(ギガクリスタルMK-10H)は、完全硬化するまで5日ほど要します。

その間は、雨に濡れないようなガレージなどに置いておく必要があります。

… … いや、そんなの無理だろ… と、あきらめていませんか?

ケロケロ
ケロケロ

あきらめないでっ!

ウサピョン
ウサピョン

真○みきか

ギガクリスタルMK-10Hには、完全硬化までの間、ボディを守ってくれる「犠牲被膜剤」が同梱されています。

この「犠牲被膜剤」も塗り込むだけです。難しくありません。

犠牲被膜剤を塗り込めば、完全硬化中でも車を動かして大丈夫です。


まとめ。ギガクリスタルを使えば(ほぼ)失敗なし

やはり自分で作業するなら、失敗したくないですよね。

今回私も 初めてのガラスコーティングで、ギガクリスタルMK-10Hを使ってみましたが…

絶対に失敗しない、とまでは言えません。

だがしかし!

絶対に失敗しないって言っても、いいんじゃね? ぐらいの思いはあります。

ケロケロ
ケロケロ

私、失敗しないので

ウサピョン
ウサピョン

大門未知子か

その理由は、「作業が簡単」だからです。

  • 塗り込んで、水で流すだけ
  • 硬化時間も、そこまで正確さを求められない
  • 完全硬化を守る犠牲被膜剤があるので、硬化中も車を動かせる

ここで言う「簡単」は、技術のことであり、作業の「手間」は かかります。


…というわけで、自分でガラスコーティングをやるなら、ギガクリスタルMK-10Hがオススメです。

使ってみて分かりましたが、(手間はかかるけど)本当に簡単です。

自分で作業して綺麗になるので、達成感も半端ないです。


効果継続期間も3年で、メンテンナンスも水洗い or カーシャンプーだけでOKです。

2~3ヶ月に1回ほど、専用のコーティング剤を使えば、撥水力も維持されます。

このコーティング剤は、犠牲被膜剤と同じで、塗り込むだけの作業です


自分でガラスコーディングするなら、ぜひギガクリスタルMK-10Hを試してみてね。

実際にガラスコーティング作業をした内容は、コチラ↓の記事に詳しくまとめています。

コチラもぜひ参考にどうぞ。

クルマ
スポンサーリンク
ケロケロをフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
DIYでプチカスタム

コメント

タイトルとURLをコピーしました