タント(H25.10~R1.6)に ETCを自分で取り付け。運転席のポケットに貼り付けて、見た目スッキリ。

クルマ

 

ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

もはや装備されてて当たり前… と言ってもいいETC。

高速道路の割引にも使えますよね。

 

さて、そんなETCですが… ダイハツ タントに自分で取り付けしました。

運転席の右下に、ちょうどいいポケットがあったので、そこに取り付けております。

取り付けたETCは、パナソニックのCY-ET926Dです。

 

今回の記事は、このETCを取り付けた内容をまとめました。

自分で取り付けてみたい人は、ぜひ読んでみてね。

 

スポンサーリンク

Aピラー・運転席の下パネルを外す

ETCアンテナを配線するため、Aピラーを外しましょう。

Åピラーの取り外し

 

ツメ部分にリムーバーを突っ込んで、テコの要領で力を入れると外れます。

 

お次は、運転席下のパネルを外しましょう。

引っ張れば外れます。

下パネルを外したところ

 

ETCアンテナを配線する

フロントガラスにETCアンテナを貼り付けましょう。

ETCアンテナの貼り付け

配線は、天井の隙間に隠していきます。

配線には、写真の通りクッションテープを巻いてやるとイイですよ。

配線が天井の隙間から脱落するのを防いでくれます。

 

Aピラーの中は、既存配線に添わせて固定します。

Aピラー内の配線

Aピラー裏を通して、運転席下まで配線しましょう。

 

電源の配線

今回は、カーナビと一緒に取り付けておりますので…

分岐配線にACC電源を接続しました。

電源配線の接続

 

電源配線は、運転席下パネルの裏を通すことになります。

絶対に配線が脱落しないように、結束バンドでしっかり固定しておきましょう。

電源配線の処理

ETCアンテナの余剰配線も、一緒に処理しておきます。

ETCアンテナの配線(写真の右上)は、丸くなるように処理しましょう。

 

ETCの貼り付け

ETCは、ポケット内にスッキリ収めたいので、配線を通す穴を開けましょう。

パネルに穴あけ

ちょうどイイ切込みがあるので、カッターナイフを使ってカットします。

 

穴あけ完了

正面から見たところです。

ちょうどイイ穴が開きました。

ETCを貼り付けて、パネルを戻します。

 

電源が入ってカードを認識すれば、取付完了!

エンジンをかけて、電源が入れば取り付けはOKです。

カードが認識されるかどうかも確認しときましょう。

 

もしネットでETCを購入する場合は、セットアップ込みの商品を選びましょう。後からやるのはメンドクサイので…

 

以上で取り付けは終わりです。 オツカレサマでしたー!

 

… もし、自分で取り付けるのが難しいと感じた場合は、無理をせずプロに依頼しましょう。

持ち込み取り付けは、グーピットがオススメ

取り付けを依頼するなら

ネットショップで購入したカー用品、 自分での取り付けは難しい場合もあります。

取り付けを依頼する アテ があるなら良いですが… 無い場合は、グーピットで探すとカンタンです。

全国から「持ち込みOK の取り付け店」を探せるし、概算見積りなども、無料で問い合わせできます。

…では、楽しいカーライフを。

ケロケロ
ケロケロ

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました