ダイハツ トコットに、自分でカーナビを取り付ける方法。必要な部品もまとめます。

カーナビ取付

 

ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

ダイハツの可愛い軽自動車、ミラトコット。

今回は、このトコット ハム太郎 に、社外カーナビ「CN-RE05WD(パナソニック)」を取り付けました。

トコットにカーナビ取り付け

純正のバックカメラステアリングリモコンを流用して使えるオプションも、まとめてます。

自分でカーナビを取り付けてみたいなら、ぜひ参考にしてみてね。

 

スポンサーリンク

必要な部品まとめ

まずは、カーナビを取り付けるために必要な部品をまとめます。

取り付けを始める前に、忘れずに準備しときましょう。

 

カーナビ取り付けキット

社外カーナビを取り付ける場合は、トコットに適合した取り付けキットが必要です。

以下のD-2548(エーモン)を準備しときましょう。

適合情報は、エーモンのホームページで確認できます

 

バックカメラ変換配線

今回のトコットは、「純正ナビ装着用アップグレードパック装着車」というグレードです。

バックカメラが標準装備されています。

通常、このバックカメラは純正カーナビしか接続できません。

 

今回は、社外カーナビでも接続できるように変換配線「RCA026T(データシステム)」を使います。

 

パノラマモニターが装着されている場合は、以下の「RCA087D」が適合します。

適合情報は、データシステムのホームページで確認できます。

 

パネルの取り外し

それでは、カーナビを取り付けていきましょう。

 

まずは、パネルを外します。

トコットのパネル

 

クリップで固定されているので、引っ張れば外れます。

トコットのパネルを外したところ

 

Aピラーの取り外し

地デジアンテナ や GPSアンテナ の配線を通すため、Aピラーを外しましょう。

基本的にクリップで止まっていますが… 一部はロックが掛かっています。

Aピラーの取り外し

このロックは、ラジオペンチなどを使って90度ひねれば外せます。

クリップを全て外したら、ダッシュボードから引っこ抜くことで Aピラーが外せます。

 

グローブボックスの取り外し

配線を通しやすくするため、グローブボックスも外しましょう。

グローブボックスの取り外し

以下の2通りの方法で外せます。

  • 力を入れて、手前側に引っ張る
  • 左右のロック部分を抑えて、手前に倒す

 

自動ブレーキカバーの取り外し

地デジアンテナの配線を通しやすくするため、自動ブレーキのカバーも外しましょう。

ごめん写真撮り忘れた…

フロントガラスに沿うように、下に押すと外れます。

 

地デジアンテナ・GPSアンテナの配線

地デジアンテナの貼り付け

地デジアンテナはフィルム状になっており… 貼りなおすことができません…つまり一発勝負です

貼り付けるコツは… こんな感じです。

  • 剥離紙をいっぺんに剥がさない
  • 剥離紙を一部剥がして、ガラスに貼り付ける
  • 貼り付けた部分から、少しずつ剥離紙を剥がしながら、貼り付ける

 

また、冬場や湿気の多い梅雨では、フィルムが貼り付きにくい場合があります。

その場合は、ドライヤーを使ってガラスを温めるとイイですよ。

 

電源配線などの接続

取り付けキットの説明書を参考にしながら、カーナビの電源配線を接続しましょう。

基本的には、同じ線色を接続していけばOKです。

電源配線の接続

バックカメラ変換配線も接続しときましょう。

この変換配線には、ステアリングリモコンの分岐配線もあります。

カーナビ側のステアリングリモコンの配線と接続しておけば、使えるようになります。

忘れずに接続しときましょう。

 

余剰配線の処理

地デジアンテナ や GPSアンテナ の配線は、長さに余裕があるので余ります。

余った配線は、グローブボックスの裏にまとめときましょう。

余剰配線の処理

既存の配線に、結束バンドを使って固定します。

グローブボックスの開閉に支障がない位置で、まとめておきましょう。

 

カーナビの取り付け

カーナビを取り付けて、電源が入れば取り付け完了です。

外したパネルを元に戻しましょう。

接続チェックを忘れずに。

カーナビの設定画面から、「車両情報の確認」などの項目で確認できます。

  • GPSアンテナの受信状況
  • 車速信号の有無(車を走らせることで確認できます)
  • リバース信号の有無(ギアをリバースに入れると確認できます)
  • パーキング信号の有無(パーキングブレーキの解除で確認できます)
  • イルミ電源のチェック(ライトを点けると確認できます)

 

以下の設定も、忘れないようにしときましょう。

  • バックカメラ
  • ステアリングリモコンの設定
  • 地デジの初期スキャン
  • Bluetoothでスマホを接続する場合は、ペアリング

 

チェックが完了すれば、トコット ハム太郎 の取り付け完了です。オツカレサマでした!

…ちなみに、今回取り付けたカーナビは パナソニックのCN-RE05WDになります。

CN-RE05WDの特徴
  • CD(録音可) / DVD
  • 地デジ12セグ / ワンセグ
  • Bluetooth(音楽・電話)
  • SD / USB(※)
  • iPod / iPhone(※)
  • ワイドFM
  • ステアリングリモコン対応
※別売のオプション配線が必要です。

 

スタンダードモデルながら、基本的な機能は全て搭載されたコスパの高いナビです。

カーナビを検討中の場合は、候補の1つにどうぞ。

 

…また、自分での取り付けが難しいと感じたら、無理をせずプロに依頼しましょう。

「持ち込みOK」の車屋さんを、インターネットからも探せます。

持ち込み取り付けは、グーピットがオススメ

取り付けを依頼するなら

ネットショップで購入したカー用品、 自分での取り付けは難しい場合もあります。

取り付けを依頼する アテ があるなら良いですが… 無い場合は、グーピットで探すとカンタンです。

全国から「持ち込みOK の取り付け店」を探せるし、概算見積りなども、無料で問い合わせできます。

おしまい。

カーナビ取付
スポンサーリンク
ケロケロをフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
DIYでプチカスタム

コメント

タイトルとURLをコピーしました