『デイズルークスにカーナビ CN-RE03WD 取付』 アラウンドビューも変換ハーネスで映せる!【パナソニック】

クルマ
ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

今回は、日産のデイズルークスへカーナビの取付を行いました。

取り付けたカーナビは、パナソニックの『CN-RE03WD』になります。

 

ちなみに、デイズルークスと言えば、グレードによってアラウンドビュー・ステアリングリモコンが付いてますが…

どちらも、社外カーナビで流用して使うことができます。

必要なオプション部品や取り付け手順をまとめてるので、ぜひ参考にしてみてね。

 

スポンサーリンク

パネルの取り外し

何はなくともパネルを取り外しましょう。

デイズルークスのパネルは引っ張れば外れます。

特に難しい点はところはありませんが…

勢い余って周りにキズを入れないように注意ですね!

パネルの外し方など、アルパインのホームページが分かりやすので、こちらも参考になりますよ。

 

ピラー外す時にはこのリムーバーが便利です。

色んな形状があるんですが、これが一番使いやすいんです。オススメ!

 

リムーバーを使って、ひねってやると固定部分のツメが浮きます。

Åピラーの取り外し

写真は別の車両ですが、やり方は一緒です。

 

ピラーのツメが外れたら、上に引っこ抜くように引っ張りましょう。

その際には、勢い余って天井に傷を入れないように注意です。

 

取付キットを忘れずに

カーナビを取り付けるなら、車種に適合した取付キットが必要です。

カーパーツメーカーのエーモンだと、N2461になります。

電源ハーネスと、ラジオカプラ変換ハーネス、車速・リバース・パーキングのオプションカプラも付いてます。

180mmのノーマルサイズナビ取り付け用のブラケットも入っていますが、今回のナビはワイドサイズなので、コレは使いません。

取付キットは、車種・年式によって異なりますので、必ず適合表を確認してください

 

アラウンドビュー、映せるよ

デイズルークスには、前後左右に付いたカメラ映像を合成して、あたかも上から見ているように車の周りを映せます。

これがアラウンドビューです。


画像出典:デイズルークス 日産

 

この映像は、通常ルームミラーに映ります。

ルームミラー内なので、映像サイズも小さいですし、距離もあります。

 

だがしかし!

一部機種を除き、純正ディーラーオプションナビであれば、ナビ画面にその映像を映せます。

データシステムの変換ハーネスRCA042Nを使えば、この映像は社外ナビでも映せるんです。

ルームミラーにもナビにも、シフトをリバースに入れた時に同じ映像が映ります。

 

バック時のアラウンドビューの映像だけならコレで良いのですが、フロントカメラやサイドカメラの映像もカーナビに映そうとすると、ちょっとめんどくさいです。

詳しくは、取扱説明書[PDF]に記載されているので、気になる場合は確認してみてください。

 

…まぁ、リバース時にカーナビにアラウンドビューが映るだけで十分だと感じます。

カーナビならルームミラーよりも画面サイズが大きいですし、距離も近いですからね!

フロント・サイドカメラを確認する時は、ルームミラーで確認という使い方もできます。

 

動作確認OK! 取り付け完了

配線を終えて、動作確認が出来れば取り付け完了です!

このCN-RE03WDは、ナビ自体がステアリングリモコンに対応してるので、別途オプションを準備する必要はありません。

地デジやDVDなどの映像を楽しむ分にはオススメのナビですね!

 

今回のまとめ

はい、というわけで今回も無事終了!

カンタンに内容をまとめます。

デイズルークスに CN-RE03WD 取付まとめ

 

これで、今回の記事は終わりです。

…もし、自分での取り付けが難しいと感じたら、無理をせずプロに依頼しましょう。

「持ち込みOK」で取り付けてくれる車屋さんを、インターネットからも探せます。

持ち込み取り付けは、グーピットがオススメ

取り付けを依頼するなら

ネットショップで購入したカー用品、 自分での取り付けは難しい場合もあります。

取り付けを依頼する アテ があるなら良いですが… 無い場合は、グーピットで探すとカンタンです。

全国から「持ち込みOK の取り付け店」を探せるし、概算見積りなども、無料で問い合わせできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました