ハスラーにカーナビとETCを取付! ETCは埋め込み仕様に! 取付キットのおかげでね。

クルマ
ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

個性的なスタイルと、グイグイ走る使い勝手の良さで大人気のスズキ、ハスラー!

ツマの愛車もハスラー(ターボ付のグレード)なのですが、実際に乗ってみると、ほんとに良く走ります。 坂道なんかものともせず、シュイーンですわ・・・。

さて、

そんなハスラーに今回は、カーナビゲーションとETCを取り付けました。

img_5283

機種はそれぞれ…カーナビは ケンウッドのMDV-L403

ETCは、三菱のMOBE-700(ブラック)になります。

MOBE-700は、現在は販売終了モデルです。

スタンダードなETCとしては、CY-ET926Dがオススメです。

この記事では、取り付けの情報や必要なオプションをまとめてます。

自分で取り付けてみたい人は、ぜひ参考にしてみてね。

スポンサーリンク

パネルの取り外し

img_5276

ハスラーは、特にネジで固定されているわけではないので、パネル部分を引っ張ればスポーンと外れます。

勢い余って周りにキズを入れないように注意しましょう。

今回はオーディオレスなので、隙間にリムーバーを突っ込めばカンタンです!

色んな形がありますが、これが一番オススメ!

ケロケロ
ケロケロ

ピラーを外すときにも、大活躍ですよ!

取付キットは、オプションカプラ付が便利

汎用の電源ハーネスのみでも取り付けできますが、車速等が配線されたオプションカプラ付の取付キットが便利です。

今回のハスラーだと、コチラのS-2481になります。

車種や年式・型式によって異なるので、必ず適合表を確認してみてください。

ETCは埋め込み仕様に

ETCの取り付けは、なるべく外から見えない位置に取り付けることを、心がけています。

これは、万が一カードを抜き忘れた時に、外から見えないようにするための防犯の意味です。

純正のETCであれば、ビルトイン(埋め込み)で取り付けできますが、社外品だと難しい場合がほとんど・・・。

そんな時は、このETCブラケット 私も初めて知りました! こんなのがあるんですね。
img_5281

キレイに収まっております。

ケロケロ
ケロケロ

運転席下で手も直ぐに届くし、外からも見えにくい。
これぞベスポジ。

取り付けたETCは、現在は販売終了モデルです。

スタンダードなETCとしては、以下のCY-ET926Dがオススメです。

動作確認OK! 取付完了

動作確認が出来れば、取付完了です! お疲れサマンサ!

img_5283

ケンウッドのMDV-L403はワンセグモデルなので、テレビを重視しない人にはもってこい!

Bluetoothが無いのはチト残念ではありますが、

CD / DVD / SD / USBなどのメディア対応も充実! コスパ良いですね。

ちなみに、現在(2019.6)では、後継モデルとして、MDV-L407 がラインアップされています。

というわけで、今回も無事取り付け終了。 はぁ〜、良かった。

クルマ カーナビ取付
スポンサーリンク
ケロケロをフォローする
自分で洗車ガラスコーティングができる!

ガラスコーティング【ギガクリスタル】の特徴
・基本的に、塗り込んだら水で流すだけ
・手間はかかるが、技術はいらない
・素人でも施工可能
・素人が仕上げたとは思えないクオリティ
・コーティング効果継続期間は、なんと3年



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
DIYでプチカスタム

コメント

タイトルとURLをコピーしました