デイズルークス(日産)に、前後ドラレコ ZDR-026 を取り付ける方法。手順と必要なオプションまとめます。

カーナビ取付

 

ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

最近では、万が一の事故や煽り運転対策で、ドラレコを取り付ける人も多いですね。

今回は 日産のデイズルークスへ、前方だけでなく後方も記録できる 前後2カメラモデル ZDR-026(コムテック)を取り付けました。

 

この記事では、取り付けた内容や、必要なオプションについてまとめます。

ぜひ参考にしてみてね。

 

スポンサーリンク

リアドラレコの取り付け位置の確認

リアドラレコは、リアハッチのガラスに貼り付けます。

まずは、取付位置を確認しときましょう。

雨の日対策のために、ワイパーの可動範囲内が望ましいですね。

マスキングテープは、ワイパーの可動範囲が分かるように、目印で貼り付けました。

リアドラレコは、リアガラスの上部中央付近に貼り付けます。

 

リアドラレコの配線

ZDR-026は、前後連動モデルのドラレコになります。

リアドラレコの配線を、フロントドラレコまで持っていきましょう。

リアガラスから目隠しカバーを外して引き込み、ゴムの中を通してボディ内に引き込みます。

配線を通す場合は、配線ガイドがあると便利です。

 

ゴムの中は通りにくいので、潤滑剤を使うと通りやすくなります。

 

フロントドラレコまでは、天井裏に配線を押し込んで這わせるようにします。

配線にはクッションテープを巻いて、配線と天井が擦れて異音が出ないようにしときましょう。

天井にエアバッグが装備されている場合には、足元のステップ内を配線するようにしましょう。

天井に配線してしまうと、配線とエアバッグが干渉する可能性があって危ないです。

 

電源の接続

ドラレコの電源は、通常シガー電源接続です。(↓イメージ画像)

 

取り付けはカンタンですが、配線が露出します。

配線をスッキリキレイに隠したい場合には、シガー電源を変換する配線を使って、カーナビ裏などから直接接続する方法があります(↓イメージ画像)

デイズルークスのカーナビ裏はスペースが狭く、シガー電源を変換した部分を隠すには不向きです。

エアコン裏にスペースがあるので、車両の配線に結束バンドを使って固定しておくとよいでしょう。

 

ドラレコの貼り付け

電源を接続したらドラレコを起動させて、映り方を確認しながら貼り付けます。

リアドラレコは、ワイパーの可動範囲に貼り付けて、配線は目隠しカバーから引き込むようにしました。

目隠しカバーには、配線の周りにブチルテープを巻いて、防水処理をしてます。

 

フロントドラレコの写真は撮り忘れましたが… リアドラレコと同様にワイパーの可動範囲に貼り付けました。

以下のポイントにも注意しときましょう。

  • フロントガラスの上部20%範囲内
  • 自動ブレーキカバーと被らない

 

動作確認ができれば取付完了

フロント・リアドラレコともに映像が確認できたら、外したパネルを元に戻します。

 

今回とりつけたドラレコ ZDR-026 は、前後2カメラモデル370万画素で、前後ともに鮮明な映像を記録できます。

 

また、駐車監視機能にも対応してます。

今回は取り付けていませんが、オプション配線 HDROP-14 を使えば、停車中でも24時間 監視してくれます。

 

前後ドラレコの取り付けを検討しているなら、候補の1つにどうぞ。

これで取り付けは完了です。おつかれサマンサタバサ!

もし、自分での取り付けが難しいと感じたら、無理をせずプロに依頼しましょう。

「持ち込みOK」で取り付けてくれる車屋さんを、インターネットからも探せます

持ち込み取り付けは、グーピットがオススメ

取り付けを依頼するなら

ネットショップで購入したカー用品、 自分での取り付けは難しい場合もあります。

取り付けを依頼する アテ があるなら良いですが… 無い場合は、グーピットで探すとカンタンです。

全国から「持ち込みOK の取り付け店」を探せるし、概算見積りなども、無料で問い合わせできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました