バックカメラの映像を 記録できるドライブレコーダー! その名も VREC-DH700

クルマ

 

ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

 

万が一、運転中に事故があった場合などにサポートしてくれるのが「ドライブレコーダー」ですね。

最近では、バスやタクシー・営業車等は、付いてて当たり前ぐらいに主流になってます。

 

そんなドライブレコーダーですが、通常は前方の映像しか記録できません。

もし後方から追突されたり、煽り運転されたりした場合には、記録できないんです。

 

こんな時… バックカメラの映像が記録できたなら… 後方ドラレコの代わりになりますよね?

気になったアナタは、ぜひ続きを読んでみてね!

 

スポンサーリンク

バックカメラの映像を記録できる! VREC-DH700

後方の映像を記録するなら…

単純に考えれば後ろにも「ドライブレコーダー」を取り付ければいい話です。

現在では、前後ドラレコがセットになったモデルもあります。

 

しかし、リアガラスの形状から後方に追加できない場合や、ドラレコの配線を通すのが困難な場合もあるでしょう。

 

もし、既にバックカメラが取り付けられているなら、そのバックカメラの映像を記録できるドラレコがあります。

カロッツェリアのVREC-DH700です。

 

VREC-DH700は、ドライブレコーダー自身がバックカメラの映像が記録できるので、カーナビの種類は問いません。

既に、 「カーナビ + バックカメラ」を取り付けている場合でも、カーナビを入れ替えることなく、ドラレコを追加するだけ(※)でOKなのです。

※ 正確には、分配器等も必要です。 オプションについては後述します
バックカメラは、ACC状態で映る仕様でないと、無理です。 リバース時のみに映る場合だと、常時録画に対応できません。

 

VREC-DH700の特徴
  • バックカメラの映像を記録できる
  • 専用ビューワソフトで、前後の映像をPCで同時に確認
  • 300万画素の高画質で記録(フロントドラレコのみ)
  • 逆光などの明暗でも鮮明に記録可能なWDR対応
  • LED信号機対応
  • 駐車監視機能対応(振動・動体検知)

 

バックカメラの映像を記録できるのが大きな特徴ですが… 一点注意が必要なです。

後方を記録している映像は、あくまで「バックカメラの映像」であるということです。

映像の記録範囲が狭かったり、多少 湾曲して映ります。 映像の質は、やはりドラレコに劣りますね。

…ちなみに、フロントドラレコ1台だけで、360度記録できるドラレコもあります。

 

VREC-DH700で、バックカメラの映像を記録する方法

これは、カンタンです。

バックカメラのRCA出力を、「VREC-DH700」に接続するだけです。

 


画像出典:VREC-DH700 取扱説明書抜粋

 

なーんだ、カンタン カンタ… … いやいやいや、待て待て。

これじゃあバックカメラの映像がカーナビに入力できないじゃん! とお気づきのアナタ!

ケロケロ
ケロケロ

実に鋭い! 「ツマの勘」みたいだね!

 

ご心配めされるな。

ちゃんと、バックカメラの映像をカーナビに入力できるように、オプションで「映像分配器」が用意されています。

 

後方を映したいだけでバックカメラを追加するような上の構成は、正直あんまり無いでしょうからね。

 

既に「カーナビ + バックカメラ」が取り付けられている、もしくは取り付ける予定のある車へのドラレコ(VREC-DH700)追加する方が自然な構成だと思います。

なので、以降に追加パターンをまとめてみました。

 

「カーナビ + バックカメラ」に、VREC-DH700を追加するなら

手順としては、「VREC-DH700」を追加すれば良いのですが、構成を確認しておく必要があります。

なぜかと言うと、分配器の入力 / 出力共に「RCA」だからです。

 


画像出典:VREC-DH700 取扱説明書抜粋

 

社外品カーナビ、かつバックカメラがRCA入出力の場合

これに該当するのは、パナソニック・カロッツェリア(楽ナビ)です。

ポイントは、バックカメラの入出力が「RCAである」ということですね。

バックカメラがRCA入出力ならカンタンです。 必要なオプションは分配器「RD-VRD10」だけ!

メーカーによっては、バックカメラの入出力がメーカー専用カプラになっている場合があり、その場合は変換配線が必要です。 これについては別記事にまとめてるので、コチラもぜひどうぞ!

 

純正カーナビ と 純正バックカメラ の場合

カーナビとバックカメラが純正の組み合わせの場合には、RCAではなく専用配線によって接続されていることが ほとんどです。

これは、データーシステム社の変換ハーネスを使えば、RCA入出力に変換することができます。

 

RCAに変換できてしまえば、上述の『社外品、かつバックカメラがRCA入出力の場合』と同様に、「VREC-DH700 + RD-VRD10」を接続できます。

この接続が確認できていませんが、仕様上は接続可能です。

 

今回のまとめ

という訳で今回は、「VREC-DH700」について まとめました。

映像の質はドラレコに劣りますが、バックカメラの映像をそのまま記録できる「手軽さ」が魅力ですね!

 

それではカンタンに、今回の内容をプレイバック!

 

バックカメラの映像を記録! ND-DVR30

 

ちなみに… 後方を記録できるドラレコは他にもあります! 別記事にまとめるので、ぜひ読んでみてね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました