セレナ(C26)のバッテリーを自分で交換する方法・やり方。バッテリーの選び方も。

クルマ
ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

長らく我が家の愛車で、お世話になっているセレナたん。

定期点検でディーラーへ持っていたら、バッテリーが4年経過しているので、そろそろ交換した方がいいとのこと。

ただ… 高っけぇのよ。金額が。純正バッテリーに交換するとザッと5万ぐらい。

…なので、自分で交換することにしました。

バッテリーを交換した後は、ディーラーでリセット(?)作業が必要みたいです。

…なので、交換後はディーラーへ持ち込むようにしましょう。

ディーラーさんいわく「直ぐに持ってなくても、次回点検の時でも大丈夫です」… とは言われました。


というわけで、これを、

こうして、

こうじゃ!

この記事では実際にバッテリーを交換した方法をまとめました。

ぜひ参考にしてみてね。

この記事でバッテリーを交換しているセレナ(C26)は、Sハイブリッド車ではありません。

Sハイブリッド車の場合、バッテリーが2つあります。

どちらをどのように交換するのかは経験が無いので、この記事の情報は当てはまりません。ご注意くださいませ。


スポンサーリンク

バッテリーの型番を確認しておく

ボンネットを開けて、バッテリーを確認してみると…

逆向きなので分かりにくいですが、「S-95」と書いてあります。

これが純正バッテリーの型番になるので、忘れずにメモしておきましょう。


適合を確認して、カオスバッテリーを購入

今回購入したバッテリーは、パナソニックのカオスです。

カオスシリーズは、バッテリーの性能としては申し分なし。

加えて、電力を必要とするカーオーディオへのレスポンスが速いので、音質が上がる… とも言われています。

実際に、以前もカオスバッテリーへ交換しましたが、音質がアップ(した気が)しました。


バッテリーの適合は車種型式・年式・グレードによって異なります。

必ず、パナソニックの公式ホームページで確認しておきましょう。

車種型式・年式は、車検証で確認できます。


古いバッテリーを降ろす

バッテリーは… なんでしょうなぁ、ダクト?に阻まれているので、まずはダクト?を外します。

ツメ(リベット)で固定されているヤツは、真ん中をマイナスドライバーなどで起こしてやると外れます。

このリベットですが、経年劣化で壊れやすくなっている可能性があります。

その場合は、どんなに気を付けていても、バキバキに壊れます。

その場合は、交換用のリベットを準備しときましょう。


ダクトを外したら、バッテリーとご対面です。


まずは、バッテリーを固定している真ん中の金具を外します。

バッテリーは、マイナス端子側から外します。

固定している金具は、10mmのボックスドライバーで外せます。

外した金具部分は、バッテリー交換時に端子に接触しないように、タオルでも巻いておきます。


続いて… プラス側を外すためプラス端子のカバーを外します。

プラス端子を外す時は、絶対にショートさせないように注意してください。

具体的には、スパナなどを使って外している時に、プラス端子とマイナス端子が金属素材で接触してしまうことです。

イメージ図↓

プラスからマイナスへ直接電流が流れるので、大変危険です


プラス端子を外したら、コチラも端子をタオルなどで巻いておきます。(すでにバッテリー外した後ですが…)


マイナス・プラス端子を外したら、バッテリーを車から降ろします。

バッテリーは、見た目よりもメチャンコ重いです。

よろけて車にぶつけたり、腰を痛めないように注意しましょう。


新しいバッテリーに交換する

それでは、新しいバッテリーを開封。


車に積みます。重いですが、取っ手が付いてるのでやりやすいです。

ケロケロ
ケロケロ

とっても取っ手も大好きよ~

ウサピョン
ウサピョン

はい、分かりました

バッテリーを固定する真ん中の金具を元に戻します。

下部分が穴に引っ掛かるようになっています。


バッテリー背面の穴が見えませんが、手探りで差し込むようにします。

私は、先に固定用の金具を取り付けましたが… 先にバッテリーのプラス・マイナス端子を接続した方がやりやすかったかもしれません…


続いて、バッテリーのプラス・マイナス端子を取り付けます。

バッテリーの端子を接続する順番は、外す時と逆です。

最初にプラス、最後にマイナスです。


まずはプラス端子を接続して、カバーを元に戻しておきます。

こうすることで、ショートを防ぐことができます。

続いて、マイナス端子を接続します。


最後に、ダクトを元に戻します。

真ん中のリベットは、ハメ忘れてるわけじゃなくて… ぶっ壊してしまいました。経年劣化がドイヒー

よく見ると、左下のリベットもボロボロです。交換しますた。


これでバッテリー交換はオシマイです。オツカレサマでした。

まとめ。バッテリー交換は自分で出来る。しんどけいど…

バッテリー交換は、そこまで難しくありませんが… 大変です。重いので。

特にセレナたんのバッテリーは奥の方にあるので、交換する時は腰が悲鳴を上げます。金額が高いのはそれなりの理由があるんですなぁ。

自分で交換できなくもないですが、絶対にショートさせないようにしましょう。

プラス・マイナス端子の外す順番、取り付ける順番は必ず守りましょう。ショートのリスクが減ります。

外す順番
  1. マイナス
  2. プラス
取り付ける順番
  1. プラス
  2. マイナス


…というわけで、安易にオススメはできません、自分でセレナたんのバッテリーを交換する場合は、ぜひ参考にしてみてください。

クルマ
スポンサーリンク
ケロケロをフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
DIYでプチカスタム

コメント

タイトルとURLをコピーしました