【大山の登り方】杖を忘れるな! 体力・筋力・時の運! 上りと下りで使うとこ違うよ!

シェアしてもらえると嬉しいです!

kero-icon
こんにちは! ケロケロです。
(@kerokero_DIY)

中国地方は鳥取県の名峰、大山。

ワタクシ、ほぼ毎年登っております。

登山をやってみたいなら、大山はオススメです。前回は、大山登山に便利なグッズを紹介した記事を書きましたので、こちらもぜひ見てね!

こんにちは! ケロケロです。 (@kerokero_DIY) 大山、ご存知でしょうか? 中国地方は鳥取県にある...

さて、今回は【大山の歩き方】です!

登ってみて分かったのですが、上りと下りで体の使うところが違います。

・・・

それでは、れっつ登山!

スポンサーリンク

準備したいもの

なくてもいい。でも、準備しておいたほうが確実に便利なものがあります。

それは・・・

ストックです。

山登りしてて初めてその存在を知った時、

kero-icon
(なんでスキーのストックみたいなやつ持ってんだろ?)

と、不思議でなりませんでした。

手も使う

これって、足への負担を減らせるんです。

足だけで登ると、全て足で負担してます。その間手は遊んでますよね?せいぜいバランスをとるぐらい。

でも、このストックを持って、地面に突きたて踏ん張れば、足と手を使って登山できるんです。

使ってみると分かりますが、この恩恵はデカイです。

足への負担がかなり減りますので、上り下りが楽になります。

ちなみに私が使ってるのは・・・

45709

これは、お義父さんの妹さんの旦那さんの山へ松茸を取りに行ったときのこと。

落ちていた木の棒を、お義父さんが磨いて成形してくれたものです。

kero-icon
これがまた使いやすい

道具として振りかざすと、「メラ」が出たらいいのに。あと、「ひーこらひーこら、ばひん、ばひん」って言いたくなります。

山へ登ろう!

いざ、登ろうとすると気がはやります。早く早く行きたくなるんですね。

でも、絶対にペースを上げてはダメです。後で泣きを見ます。

特に、初めて大山に登ろうもんなら、自分ではけっこう登ったつもりでも2〜3合目辺りだったりするんですよ。

kero-icon
(え? まだ3合目・・・?)

この辺りで、心折れそうになるんです!

上りで使うのは体力です!

自分の体を上へ上へ持ち上げていくわけですからね。

とにかくゆっくり

あせる必要はないです。頂上は逃げやしません。とにかくゆっくり登りましょう。

大股で歩かず、なるべく小股でゆっくりゆっくり。

先は長いです。のんびり行きましょう。

小休憩をたくさんとる

大休憩を1回とるよりは、こまめに小休憩を取るほうが体への負担が小さいです。

呼吸が乱れ出したら、足を止めて呼吸を整える。時間にして2〜3分程度ですがこれで十分です。

これは私の経験則なので、全ての人に当てはまるかどうかは分かりませんが、長い休憩を取ると、体が重くなるんです。

それよりも、ちょっと歩いては休憩(水分補給など)して、歩き出したほうがパフォーマンスが高いですね。

水はガブ飲みしない

熱中症には注意が必要ですが、あまりガブ飲みするのはオススメできません。

暑いからと飲み過ぎていると、お腹がタポンタポンになりますし、大山は頂上までトイレがありません。

kero-icon
催したら大変です!

どうしても飲み足りない時、私はこうしてます。

ちょっと行儀が悪そうですが、口いっぱいに水を含ませるんですね。で、歩きながら少しずつ飲み干していくと。

けっこう誤魔化しが効きます。

適度にエネルギーチャージ

こっちのリンクにも書いてますが、

こんにちは! ケロケロです。 (@kerokero_DIY) 大山、ご存知でしょうか? 中国地方は鳥取県にある...

ちょっとしたおやつを小休憩に食べるのが良いんですよ。

FullSizeRender

特にすっぱいものや、甘いものを食べると、体にグーッと力が戻ってくるのが分かります。

そしてやたらに美味い。

頂上についたら

黙々と歩いていれば、必ず頂上につきます!

image1

お疲れ様でした!

頂上についたら、ゆっくりと体を休めましょう。オニギリ買うのを忘れてないでしょうね?

kero-icon
ンマー、頂上で食べるオニギリの美味しいこと・・・

雄大な景色、心地よい風。存分に楽しみましょう。

体をゆっくりと休めたら、おトイレを済ませて下山です。

下山しよう

下山で必要なのは筋力です。

上りと違って、体を持ち上げる必要はありません。

しかし、下ることで段差の度に、体を支える踏ん張りが必要になります。

ふくらはぎ・膝・太ももなどに負担が強いられます。杖も存分に使っていきましょう。

とにかく早く

上りと違って体力を使わないので、それほど疲れません。

しかし、その分筋肉が悲鳴を上げてるんです。膝も笑い出します。のんびりしてると、少しずつ影響が出てきますよ・・・。

膝が大爆笑しない内に、焦って転ばない範囲で急いで下りましょう。

休憩は極力少なく

早くという観点から、休憩も少なくて良いです。水分補給は必要ですが、絶対に腰を降ろしちゃダメですよ。

下ろした瞬間に、一気に足にきます。

お疲れ様でした。

IMG_4955

無事、下山完了です。

1回登ればもういいか、とも思うんですが、下山すると不思議とまた来たくなるんです。そんな魅力が、大山にはありますね!

kero-icon
膝が、大爆笑してる

膝を労りながら、ふもとにある大山そばを食べましょう。なんとも言えぬ高揚感に包まれるはずです。
https://sirout-diy.com/life/4112/

そういえば、登山してたらあの杖をマダム達にほめられました。「あら、いい杖ねぇ〜」って

45709

運が良ければ、逆ナンされるかもしれん。(マダムに・・・)

kero-icon
大山、楽しいですよ! ぜひ登ってみてね!
こんにちは! ケロケロです。 (@kerokero_DIY) 毎年登っている中国地方の名峰、鳥取県の大山 今年...
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

お気軽にフォローしてね!

関連コンテンツ