『初めて LNEスタンプ を購入したオッサンの話』 圧倒的 閃きで、アイデアを思いつくぐらい面白かったよ

シェアしてもらえると嬉しいです!

kero-icon
こんにちは! ケロケロです。
(@kerokero_DIY)

LINEスタンプなんてね、くだらないっすよ。

なーにが面白いんだ。 あんなもん貼って会話のやりとりして。

… って、本当は使ってみたいのに、いい年して恥ずかしいから屁理屈ばっかりコネてるオッサンは、どこのどいつだ〜い?

あたしだよ!

まぁね、くだらないとは思うんですけど、実際に使ってみないことには分からんですからね。

だからスタンプ買ってみたよ。 しょうがなくね。

本心は、使ってみたくてしょうがなかった

というわけで今回は、「今更ながら初めてLINEスタンプを購入して使ってみたオッサンの話」です。

… なぁ、いるんだろ? ホントは興味あるけど何となくキッカケが無いから使ったことがないオッサンよ。

さぁ、このブログを読んで、実際に使ってみるが良い!

ただ使ってみただけなのに、スゲー偉そう

スポンサーリンク

キッカケは友人

オッサンを馬鹿にしちゃあ、いけねぇよ。

LINEぐらい使ったことあるわよ。

と言っても、まぁ、本当に連絡だけ。 テキストベースでやりとりするだけです。

… ところがね、ある時から… … 友人がやたらにスタンプを放り込んでくるわけよ。

あたしゃ思ったね。 あぁ、こいつ、若者ぶっちゃったなぁ…って。

心の声: え? え? なんなんキミ? ずっとテキストベースで会話してたやん…

私はずっとテキストで会話してるのに、最後に「お願いします」って、なんか、変なキャラクターがペコッと頭を下げたスタンプを放り込んでくるんですよ。

心の声:あぁ… なんか… マラソン一緒に走ろうねって、言ってたのに、「ゴメン、先行くわ」って、置いて行かれた気分やん…

なんなんもう。 なんなんもう。 もしかしてアイツ… … …

若い子のお友達とか出来ちゃってるんじゃあ、ねぇのかい!?

その影響で、スタンプなんか使い出したんだな。 なんて羨ましい野郎だ! これは由々しき事態だ。 きっと騙されてる。 なんとかアイツの目を覚ましてやらねば!

… … …ん? 待てよ。 もしかして… もしかしてだよ?

逆から考えると、

スタンプを使いこなすと、

若い子とお友達になれるって寸法ですか?

心の声: 私も騙されたい

… まぁ、アレだ。 実際に使ってみんことには、良いも悪いもないで。

いや別に羨ましくないけど… しょうがない! しょうがいないさ! 向こうがスタンプ送ってくるんだから、こっちもスタンプを返さんと、義理が通らんでしょうが!

… 義理が廃れば、この世は闇よ。

本音: いやー使ってみたかったんよなー。 うわー、何のスタンプ買ったろー。

オッサン、スタンプを買ってみる

じゃあ、買うぜ? 仕方なくよ?

めんどくさいオッサンの典型

LINEスタンプは、メニュー画面の「スタンプショップ」から買えるみたい。

ほぅ… い、色々あるじゃねぇか。

購入方法は、LINEコインで

例えば「カイジ」を選んでみよう。

値段のところに「100」と書いてありますけど、これは100円ではなくて、100コインです。 LINEの中の通貨みたいなモンですね。

100コインかぁ。 もしオレがヒゲのオッサンなら1UPしとるで。

知らんがな

スタンプを購入するには、一度LINEコインをチャージしてから購入する必要があります。

特に難しい手順はなく、「購入する」というボタンを押せば、チャージ画面に移動します。

あとは、ここで100コインをチャージすればOK! 実質240円ですね。

衝動買いの結果

… … … しまった。 3つも買ってもうた。

認めたくないものだな。自分自身の若さゆえの過ちというものを。

いやキミ、オッサンですやん

だって、アイツ、色んなパターンをコンビネーションで使ってくるんだもん。 1つでは対処しきれぬ。

いやキミ、すっかりハマってますやん

いや、まぁ、楽しいということは認めざるを得ないと言わざるを得ません。

まわりくどい

もう… なんつーの? スタンプの応酬で結局なんの会話してたか分からなくなるよね。 ハッハッハ。

… … … あれ? もしかして、 … … … これがLINEの醍醐味だったんですか?

ここにきて初めて気づく

圧倒的 閃きっ… … …!!!

そういえば、このスタンプって自作できるんですよね。

それをビジネスモデルにしてる人もいるって、昔ニュースで見たけど…

… …

… … …

圧倒的 閃きっ… … …!!!

思いついた。 今、絶対売れるスタンプをっ…!

正直、このアイディアを、ブログを通じてネットに流出させるのは惜しい! しかし、私には絵心がない!

なので、私は危ない橋を渡りたくないので 誰かコレを実現したらアイデア料として1割くださいてへぺろ。

議員先生、ご乱心スタンプ
  • このハゲー!(相手を罵倒したい時に)
  • ち・が・う・だ・ろ、違うだろー!(道を間違えられた時に)
  • オマエは私の心を叩いてる!(心を叩かれた時に)
  • これ以上私の評判を下げるな!(評判を下げられそうな時に)
いやコレ絶対ご本人が許可せんだろ

今回のまとめ

実際に使ってみてわかった。 スタンプが面白いということに。

まぁ、適当なイメージだけで意固地になるのは良くないよね。

若い子とお友達になるために、 友人と有意義な会話を行うために、スタンプを使いこなしていきます。

考えてみりゃあ… スタンプでやりとりできる友人って、アイツ1人だけだわ…。 そもそも友人が少ないんだよね…

まるで、あのヒーローみたいやん? 顔は広いハズなのに、愛と勇気だけだなんて…。 でもオレは、行くよ? みんなの夢、守るため

ア◯パ◯マ◯かよ

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

お気軽にフォローしてね!

関連コンテンツ