【GIMP】ジャギーで縁がギザギザ。滑らかにできる1つの方法があります。

シェアしてもらえると嬉しいです!

こんにちは、ケロケロです。(@kerokero_DIY)

最近、GIMPで画像編集しているのですが、また1つ新しい方法を知りました。

今回のトラブルは、「縁取ったら線がギザギザ」

ジャギーというらしいです。北斗神拳伝承者の黒歴史ではありません。

今回初めて知った「ジャギー」 これを滑らかにしますよ!

スポンサーリンク

使用環境

画像編集ソフトは「GIMP」

ちなみにOS環境はUbuntu(Linux)です。Windows版でも動作に違いはないはずです。

Windows版はコチラ → 窓の杜ライブラリ

Ubuntuなら、ソフトウェアセンターからインストール!

縁取りしたらギザギザに

今回、画像に裏にフリーハンドで作成した背景に縁取りしたんですね。

まずは、こちらの画像をご覧下さい。

keronuki-gizagiza

黒の縁取りがギザギザしてますよねぇ。

気にしなければ良いですが、気にしだすと気になるんですよ。人間だもの。

というわけで、今回はこのギザギザを滑らかにします!

適当な背景の作成

念の為、作成の最初から記載します。

新しいレイヤーの追加

まずは、以前に作成した画像の切り抜きを読み込んで、

こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY) 何か写真を撮った時に、一部分だけ使いたいな、と思うことはないですか? ...

メニューバーの[レイヤー]ー[新しいレイヤーの追加]から、透明の新しいレイヤーを追加します。

gizagiza-0

背景の作成

[ツール]ー[選択ツール]ー[自由選択]を選択して、適当に周りを囲みます。

gizagiza-1

[編集]ー[背景色で塗りつぶす]で、白色に。

gizagiza-2

このレイヤーを下にして、背景は完成です。

gizagiza-3

縁取りを描く

ここから、背景の縁を黒で描いたのですが、冒頭のようにギザギザになってしまいました。

今度は、滑らかになるように描いていきます!

縁取りの選択

[選択]ー[縁取り選択]で、背景の縁を選択します。

gizagiza-4

この状態で、選択範囲を塗りつぶしてしまうと、冒頭のようにギザギザになってしまいます。

ポイントは次からです。

ツールオプションの選択

ツールオプションで、

  • なめらかに
  • 境界をぼかす

に、チェックをいれます。

gizagiza-5

半径の大きさはお好みで。私は初期値のままやってみました。

選択範囲をパスにする

以下の順番通りに行って下さい。

  1. [選択]ー[選択範囲をパスに]
  2. [選択]ー[パスを選択範囲に]

この部分、何をやっているのか理屈は良く分かりませんが、この通りやってみてください。

新規レイヤーを追加して塗りつぶす

新しく、透明レイヤーを追加して、塗りつぶしてみます。

すると・・・

keronuki-1

線が滑らかになりました!

比べてみると、分かりやすいです。(形が微妙に違うのは、作り直したためです)

kero-before-afuter

・・・でも、最初からキレイに表示されてくれたらいいのに。もしくはチェックボタン1つで切り替えられたりとか。

でもまぁ、ひとまず良かった! キレイになりました。

最後に

今回も、無事トラブルを解決出来ました!

最後にちょっとUbuntuの応援を。

私はWindowsXPのサポート終了を機に、Ubuntuを使用しています。GIMPを始め、WordやExcelと同等の機能を持ったソフトなど、充実しています。

難しい点もありますが、調べれば情報は出てきますし、自分で解決に当たるのも楽しいですよ!

興味があれば、ぜひぜひUbuntuに触ってみて下さい!

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

お気軽にフォローしてね!

Facebook
この記事をお届けした
DIYでプチカスタムの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ