GIMPで文字の縁取りを。テキストを背景より強調加工する使い方。

シェアしてもらえると嬉しいです!

こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY)

画像に文字を挿入するのは、そんなに難しくないのです。

でも、背景の色合いによっては、文字が目立たないですね?

縁取りができれば、文字も強調されて、目立たせることができます。

今回は、画像編集ソフト「GIMP」で、縁取りをやってみます!

スポンサーリンク

使用環境

使用ソフトは、GIMPですが、OSがUbuntu(Linux)になります。Windows版のGIMPと動作は一緒のはずです。

Windows版はこちら → GIMP – 窓の杜ライブラリ

Ubuntuの場合は、ソフトウェアセンターからインストールしちゃいましょう!

ちなみに、Ubuntu + GIMPで、こんなこともやってます。

こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY) 何か写真を撮った時に、一部分だけ使いたいな、と思うことはないですか? ...

文字の入力

それでは早速始めましょう!

まずは、[ツール]ー[テキスト]で、文字の入力をしてみましょう。

fuchi-1

あぁ! なんということでしょう!

白い背景に白い文字だから見えません!

とまあ、これは極端ですが、黒い縁取りをつけて、文字を目立たせるようにします。

不透明部分を選択範囲に

ツールバーから、

[レイヤー]ー[透明分]ー[不透明部分を選択範囲に]

を、選択します。

fuchi-2

不透明部分、つまり「白い文字」が選択されたことになります。

選択範囲の拡大

この文字より一回り大きく縁取るため、選択範囲を大きくします。

ツールバーより、

[選択]ー[選択範囲の拡大]

を、選択します。拡大量は、お好みで。

fuchi-3

決定すると選択範囲が大きくなります。

fuchi-4

レイヤーの追加

ツールバーから、新しいレイヤーを追加します。

[レイヤー]ー[新しいレイヤーの追加]

「透明」で作成しましょう。

fuchi-5

新規レイヤーは文字の下に

新しいレイヤーを作成すると、テキストレイヤーの上に来ているはずです。

fuchi-6

このレイヤーを、テキストレイヤーの下に移動させます。

fuchi-7

描画色で塗りつぶし

ここまでできたら、黒い描画色で塗りつぶしてみましょう。

ツールバーから、

[編集]ー[描画色で塗りつぶす]

を選択します。すると・・・

fuchi-8

はい! できました!

なお、まだ縁取りが選択状態になっておりますので、これを解除してやります。

[選択]ー[選択を解除]

fuchi-9

完成です! 背景と同系色でも文字が強調表示できました。

後は、配色の組み合わせや縁取りの大きさを、お好みでカスタマイズしてみてください。

重ねがけも可能

ちなみに、この作業を繰り返すことでこんなことも可能です。

fuchi-10

なんかもう、目がチカチカしますけど。

最後に

いかがでしたでしょうか?

私のPC環境は、Ubuntuと呼ばれるLinuxOSを利用しています。

WindowsXPのサポート終了から乗り換えて使っていますが、GIMPを始め、WordやExcelと同等の機能を持ったソフトなが充実してます。しかもフリー。

Ubuntuは面白いですよ! ぜひ触ってみて下さい。