【釘も使わず、カンタンにDIYで額縁!】端材をランダムにするだけで、それっぽく。 材料はホームセンターと百均で。ランダムでマンダム

シェアしてもらえると嬉しいです!

今回もツマより発注をもらいました。

usa-icon
額縁が欲しい
kero-icon
はい、喜んでー!

スポンサーリンク

ドゥーパを参考に

日曜大工初心者が、何の参考も無く作れないので、ドゥーパ付録の別紙を参考にしました。

IMG_4619

参考にしてるのは、レコードジャケットでしたが、色紙のサイズで作ればよさそうです。

kero-icon
それではレッツ、DIY!

材料の調達

ホームセンターと百均で揃います。

IMG_4656

主な材料はこれらです。トータルで1000円も掛かってません。

外枠と裏蓋の切り出し

使用材料はベニヤ板です。飾るものに合わせて厚みを合わせれば良いですね。

kero-icon
私の場合は、外枠5.5mm、裏蓋2.3mmです。

外枠は、色紙を固定する外枠。なので、色紙よりは一回り大きめにカット。

裏蓋は、裏から色紙を押さえるフタです。なので色紙と同じサイズにカット。

IMG_4658

ノコギリでカットする際には、直線にできるようにガイドがあると便利です。

追記。 丸ノコがあれば、もっと便利!
DIYは楽しいね。 ノコギリで木材をカットして… というのも良いけど、丸ノコがメッチャ便利だよ! デメリットもあるんだけど、遥かにメリットのほうが大きいのよ! 体験談をまとめてみたので、ぜひ読んでみてね!

表面をハンドサンダーで滑らかに

ベニヤをカットしたら、表面をハンドサンダーでヤスリがけしておきます。

IMG_4657

kero-icon
手触りが滑らかになるのと、そびらでケガをしないようにするためですね

追記。 電動サンダーがあれば、もっと便利!
使ってるかい? 電動工具。 今回、初めてサンダーを使ってみたんだけど… すげぇ!メチャクチャ便利だよ! ほんとに買ってよかった。 実際に使ってみたメリットとデメリット、そして裏ワザをまとめてるので、ぜひ読んでみてね!

端材で装飾を

外枠の装飾を端材で準備します。

IMG_4660

縦幅は外枠と同じになるようにします。横幅は適当で。

板の厚みは6mmと9mmを混ぜています。同じ厚みでも良いのですが、わざと凸凹させて立体感を出すためのテクニックです。

kero-icon
この理由は後付けです。(端材がそれしか無かった)

端材を適当に並べてみる

イメージはこんな感じです。

IMG_4661

こうやってランダムに使うと、精密に長さを出さなくても良いし、「それっぽく見える」という効果があります。

端材にもヤスリをかけておきます。

端材の塗装

端材には、それぞれ以下の水性ニスで、これまた適当に塗装しました。

  • ウォールナット
  • チーク
  • メープル

塗装は、いらないタオルかウエスなどに染み込ませて、こすりつけてやるようにします。(他のやり方を知らない)

百均にありますので、特にこだわりがなければコチラで十分ですね!

IMG_4662

kero-icon
手に色が付くので、ビニール手袋などをしたほうが良いです。私は気にしないので素手で塗装しました。水性なので、洗えば落ちます。

外枠の切り抜き

外枠の中心を、色紙の大きさに合わせて切り抜きます。

IMG_4669

中心が出れば、色紙の大きさで中を切り抜けば良いのですが・・・ノコギリはどうやって入れるのか?

kero-icon
ここでちょっとしたテクニック!

電動ドリルを使って、ノコギリが入る分のスペースを、「切り抜く部分」へ穴を開けます。私がもってるモノがもう古くて無いのですが、こんなやつです。

IMG_4670

ノコギリが入るスペースが開けられれば、そこからノコギリで切り抜いていきます。

本来であれば、以下のようなジグソーで行えば早いんです。これまた私のは古いので無いのですが、こんなヤツで。

kero-icon
如何せん、作業が夜中なもので、ジグソーはうるさくて使えません。。。

というわけで、挽廻しノコギリでカットしていきます。このノコギリは、幅が狭いので小回りが効きます。曲線のカットにも向いてます。

IMG_4671

切り抜けました。切断部には、ヤスリがけしときます!

IMG_4672

端材の貼り付け

塗装の乾いた端材を、外枠に木工ボンドで貼り付けます。ランダムに。

IMG_4675

kero-icon
なんか、いい感じになってきましたよ!

ストッパーの取り付け

外枠の中心は、色紙と同じ大きさで切り抜いているので、このままでは色紙を固定できません。

なので、内側に棒をとりつけて、ストッパーにします。

長さを測って、仮付。

IMG_4678

問題無さそうなので、塗装してから木工ボンドで貼り付けます。

kero-icon
色紙と裏蓋の厚みを考慮することを忘れずに。

IMG_4680

マスキングテープで仮固定してます。大活躍のマスキングテープについては、こちらもどうぞ!

https://sirout-diy.com/nichiyou-daiku/2724/

裏蓋の固定

色紙を外枠と挟み込ませる裏蓋ですが、この裏蓋を固定する・・・なんて言うんだろう?

これです。

よくフォトフレームの裏についてるやつですね。ホームセンターの額縁コーナーにありました。

最初はネジのコーナーを探していたのですが見つからず、店員さんが丁寧に案内してくれました。ありがたや。

IMG_4681

これで、裏蓋の4点を固定します。

IMG_4682

出来上がり!

kero-icon
出来たよ
usa-icon
ホント? ・・・、すごいね!

IMG_4686

本当は別の色紙を入れる予定だったのですが、どうしてもこれを入れてみたかったのです。

ガラスやアクリルのような表面を保護するものが入ってないので、大事にとっておきたいものを飾るには不向きです。

でも、いいな。

宝物の足あとを飾るのもいいな。

kero-icon
ガラスかアクリルか、保護する素材を考慮しても良かったなぁ

これは、外枠の厚さををかさ増しすれば出来そうです。次回の課題にします。

色紙ではなくて、コルクボードを貼って写真を止めるのも良さそう。

それほど難しい技術も必要なく、釘も使わないのでカンタンでした。

ツマも気に入ってくれたので良かった。

usa-icon
次はこれ作って欲しいんじゃけど。
kero-icon
なん・・・、だと。
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

お気軽にフォローしてね!

Facebook
この記事をお届けした
DIYでプチカスタムの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ